FC2ブログ

水車そば ~山形県天童市~

蔵王温泉を後にして、昼食を摂る為山形盆地へと下山しました。 蕎麦を食べたいと思いつつ、村山の蕎麦街道まで足を伸ばすか、久々に天童の「水車蕎麦」にしようかと思案しましたが、帰りの時間を考慮して、後者に決定。

水車そば


何年ぶりだろう… 久しぶりに訪れた「水車蕎麦」は、何も変わるところ無く私達を迎えてくれました。

水車そば


今や山形の蕎麦の代名詞と言っても過言ではない「板蕎麦」の始祖的存在と言われ、創業は江戸時代末期に遡るそうです。 伝統的な挽きぐるみ蕎麦が王道ですが、いつの間にか芯白を使った品の良い更科蕎麦も加わっていました。

水車そば 板そば大盛り


私は馴染みの「板蕎麦大盛り(1,300円+200円)」で決まり。(^^) 無芸大食妻は「板蕎麦並盛り」。

水車そば 板そば大盛り


小食な方には、絶対お薦め致しません。 大盛りなら、大人が二人掛かりで丁度良いくらいかも知れません。 見よ!この豪快な太い蕎麦を! 私が食べた中で、最も歯応え(噛み応え)のある蕎麦です。

水車そば 二色板そば


無芸大食倅は「二食板せいろ(2,000円)」。 定番の挽きぐるみ蕎麦と芯白で打ち上げた更科蕎麦が合い盛りとなつており、天ぷらが添えられています。

更科蕎麦も歯応えは充分で、水車蕎麦の面目略如です。 うどん好きの無芸大食娘は「ざるうどん(600円)」。 これもなかなかのお味でした。

ハハハ、店員さんに「食べきれますか?」なんて言われたりして…(^^;) 無論、きっちり完食でした。

タレは宗田節を用いた、芳醇風味があり、やや甘口の仕立てです。 太打ちの田舎蕎麦には、タレが絡まないのですが、これはこれでアリかなと思います。 美味しかったぁ~~、ご馳走様でした。(^^)