FC2ブログ

中国四川料理 太陽(たいやん) ~福島県郡山市大槻町~

一昨日、友達と深夜にSkypeしていたら、たまたま話が四川料理のネタになり、無性に食べたくなったのが担々麺。(#^.^#)

郡山で四川料理の先駆けとなったのは、ここ「中国四川料理 太陽(たいやん)」です。

中国四川料理 太陽


地元に開店して、既に30年以上でしょうか。 ご主人は名門・四川飯店陳健民さんの愛弟子です。

陳健一さんの兄弟子にあたり、健一さんが郡山に出向く際は、必ずお立ち寄りになるほどのご関係とか。 でもご本人は、そのようなキャッチーな事柄を盾にするご商売をなさりません。 地元でも知る人ぞ知るお話しです。

太陽さんは、お昼の営業を14:50(現在は14:30)までして下さるので、いつも昼食を摂るのが遅くなる人には、ちょっとありがたいところです。

実は久しぶりの訪問だったのですが、女将さんもご主人様もちゃんと覚えていて下さりました。 麻婆豆腐もメニューの中で燦然と光を放っていたのですが、やはり今回は担々麺を所望。

太陽麺


こちらでは担々麺とは呼ばず「太陽麺(たいやんめん)」として、オン・リストしています。 多分、ご本尊の担々麺をそのまま再現したら、地元の人にはインパクトが強すぎて、受け入れて頂けなかったからでしょうか? 何せ郡山デビューは30年以上前ですから、あのインパクトのある「麻」を効かせちゃったら、腰を抜かす人が後を絶たなかったのでは無いかと思われ。(((p(>o<)q)))

太陽麺


だから地元向きに、ソフィスティケイトしたオリジナルを作られたと思います。 デフォルトで注文すると、四川飯店の味わいを知る人には、( ̄~ ̄;)??となってしまいそうです。

ですからここは豪気に「大辛口」を指名しましょう!

太陽麺(大盛り)…680円(+210) ※記事執筆時

極めてギミックの無い、シンプルな担々麺です。 昔より全体にスッキリと軽い味わいになっていました。 ご主人もそろそろ還暦くらいになっておられるハズですから、やや淡麗な味わいに移行したのかも…

四川飯店の白ごまペーストのガッチリと効いて、山椒とラー油がビリっとするようなタイプではありません。 幾分物足りないかも知れませんが、ツボを押さえた技ありの逸品です。v(≧∇≦)v




中国四川料理 太陽 (たいやん)
福島県郡山市大槻町字菅田55-5
電話;024-951-9098
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】17:00~20:30
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に10台分