FC2ブログ

いわき・ら・ら・ミュー

『アクアマリンふくしま』を出て、岸壁に接岸していた海洋練習船「ふくしま丸」をチェック。 これはいわき海星高校の実習船として、外洋への航海演習をする船です。

ふくしま丸


私の目からは「こんなに小さい船で外洋に出るのか!」と思いましたが、周囲の人々は「大きいねぇ」の声が多く聞かれました。 そうかぁ、大きいのか…

ちょっと興味があったので、取り調べをしてみたところ、このふくしま丸は、いわき海星高校の5代目の練習船で、マグロ延縄漁の演習を主体とした、国際航海の出来る船体だそうです。 総トン数499t、全長57.52m、全幅9.4m、最大搭載人員76名、航海巡行速力12.5ノット。

他校の練習船と比較しても、ほぼ平均的な概要ですから、実際の漁をする船も同等の大きさなんでしょうね。 しかし、やはり私には外洋での航行には小さいとしか思えません。 乗組員にとっては、とてつもないストレスが掛かるでしょうね。 これぞ海の男!

ら・ら・ミュー遠景


『アクアマリンふくしま』と同じ湾内の対岸にある、総合観光施設『いわき・ら・ら・ミュウ』が見えます。 歩いてもさほどの距離ではありませんが、後から駐車場まで戻るのも面倒なので、自動車で移動です。

ら・ら・ミュー全景


手許の時計は18時近くになり、曇天もあってかなり薄暗くなっていました。 『いわき・ら・ら・ミュウ』の正面入り口には、海産物を商うお店が軒を並べています。

ら・ら・ミュー全景


そろそろ観光客の姿もまばらになり、商店もそろそろ閉店準備に取りかかっていました。 こんな時こそ、お買い物のチャンス! 何店かひやかしてみましたが、イマイチ

「これは絶対買い!」

と思えるお宝には巡り会えませんでした。( ̄へ ̄;

カツオ1本…1,500円 普通過ぎ。 市内のスーパーでも800円で買える。(`m´#)

ホタテ貝20枚…2,300円のところ1,800円でどぉ~だ? サイズが小さいヨ。 せめて1枚150g超クラスを切望。( ̄д ̄)

こりゃ、ダメだ。(-o- )/ ⌒-~ ポイ!

ら・ら・ミューの出店


行列が出来ていたのは、やはり浜焼き屋台です。 手頃な価格で、焼きたてを楽しめます。 この行列に並びながら、他に2軒あった出店を、無芸大食妻に斥候して貰いましたが、どうやら大差はないとの事。

で、この日最大のお目当てはコレ

いわき名物・海胆の貝焼きO(≧∇≦)O

名物・貝焼き


キタムラサキウニと呼ばれる、地元で獲られた海胆を下処理して、北寄貝の貝殻に綺麗に敷き詰め、蒸し上げて造ります。 濃厚な海胆の風味と、自然な甘味、海水の塩味がマッチしていて、酒肴にするには、贅沢かつ極上の逸品!

勿論、お酒は飲みません。((( T_T) お持ち帰りも良いけれど、出来たての熱々をその場で頬張りました。 うまぁ~~です。v(≧∇≦)v

これで1個500円!

ハイシーズンならではのお手頃価格です。 ちなみに5月初旬には1個2,000円くらいが相場だったような…

ホタテといいだこ


串焼きのいいだこと帆立は、それぞれ300円。 つけだれが甘く、それはそれでナカナカのお味です。 タレをご飯に掛けて、具をトッピングしたら、さぞかし美味しそうでした。