FC2ブログ

間近で見た、プロの技。

昨日のことです。 高校の同期生で、現在プロ・カメラマンとして活躍している西坂君(スタジオ・ナップス代表取締役)に再会しました。 出身高校が30周年を迎えるにあたり、今後の為にも写真資料を残したいとの依頼を受けて、ボランティアでご協力を申し出てくれました。

私もカメラをいじり始めたばかりで、プロの仕事に興味津々でしたので、一緒に校内撮影に同行させて頂きました。

西坂君


彼にとっては卒業後27年ぶりの母校訪問でした。 男子校だった母校は、随分前に共学校となっており、女子生徒が加わった校内は、彼の目には相当新鮮だったようです。

仕事柄、学校内での撮影も請け負っており、そう言う意味では馴れているそうですが、「いやぁ~~、撮りやすいなぁ♪」と感心しきりでした。 生徒さんのレスポンスが、とっても良いそうで、レンズを向けると逃げ出す生徒はいませんでした。

プロの技


で、私はと言えば、彼がどんな絵を切り取るのか、邪魔にならぬように後ろを付いて歩き、懸命にトレースしようとしますが…

全然参考になりませんでした!Σ( ̄□ ̄;)

とにかく、考えるより先にシャッターが切られているって感じで、目から入ってきた実像を瞬時に捉えて、スピーディーに切り取っているって感じです。(~。~;)~

既にこの場で撮りたい記録のテーマが、彼の中で決まっているから迷いもないし、技術と経験に裏付けられた自信に溢れた撮り方と言うべきでしょうか…

彼曰くは、上達の基本は沢山撮る事だそうです。

勿論闇雲に撮っても、善し悪しの検証無しに進化はしないと思いますが、彼の撮り方を見ていると、凄く説得力がありました。 何せレンズ込みで軽く2kg以上あるカメラを、片手でファインダーも覗かずに撮ります。

そう言えば彼の腕は、とても逞しかったよなぁ…(*´ー`)