FC2ブログ

ニャオ 4

愛猫・ニャオに新しい悩みが… 先週決着した、迷い込んだ仔猫は相当なストレスだったようですが、心優しい里親さんの許へ旅立ったお陰で、ようやく平静を取り戻していました。

が、まるで入れ替わりのように、新たなストレスが降りかかったのです。

今まで私も見たことがなかった、茶トラが出現!

ニャオは結構体格の良い猫ですが、茶トラもほぼ同じ体格です。 雌雄の別は未だ不明。 首輪もしていません。

今まで自宅界隈では、無敵を誇ったニャオが、何と追いかけ回されているではありませんか!(正直ビックリ)

一体どこから現れたのか?? 今まで近所で見た記憶がありません。 そもそもニャオは散歩のワンコにも襲いかかるほど、勇猛なニャンコですし、同族同士のにらみ合いでも、負けたことが無かったのに…

ニャオ


そして遂にこの茶トラは、我が家の外階段にまで進出! ニャオと壮絶なにらみ合いとなりました。 流石に我が家の家宅敷地内だったので、私が仲介に入りました。(^^;)

と、茶トラは一気に二階から(3mくらいある)階下へ飛び降り(荒っぽい着地でしたが…)、そのまま走り去りました。 その後、件の茶トラは見ていませんけど、ニャオは未だに警戒態勢を解いていません。

更に遡っては、ちびトラが現れる寸前まで、飼い主不詳の茶犬がうろついていて、近隣の迷惑犬になっていました。 こやつは、直接人に吠え掛かる事こそ無かったのですが、とにかく吠える…

どうやら向かいのマンションの住人が、中途半端な情けを掛けて、餌やりをしていた模様。 でもニャオにも吠え掛かり、追い回すは、車道を平気で渡っては通行車両を止めるはで、その行動には手を焼いていました。

首輪も無かったので、多分捨て犬されちゃったのでしょう。 児童の通学路でもあり、当然狂犬病の予防接種などされていないでしょうから、どうしたものかと思案していました。

結果的には、いつの間にか姿が消えたのですけど… 飼い主の責任有る行動が望まれます。 彼らには本来一点の非もなく生を受けたのですから。




さて、今日はちょっと嬉しい報告がありました。 9日に里子に出たちびトラちゃんの報告です。 里親さんの代理人さんによると、里親さんご家族にすぐ馴染んで、とても可愛がられているそうです。

ちびトラ


どうやらちびトラちゃんは、里親さんご家族の一員として、ちゃんと居場所が出来たようです。(^^) 里子に出して二日間くらいは、寂しさを感じていましたが、ようやく心から“良かった”と思えるようになりました。