FC2ブログ

バーデン・バーデン ~東京都千代田区有楽町~

昨日[2006/05/17]は、月一回の生業仲間とのセミナーで東京出張。 毎度の如く、大変為になるお勉強をさせていただき、アフター5は当日の講師の先生にちなんで、ドイツ料理とドイツにまつわるお酒が楽しめるお店『バーデン・バーデン』へと足を運びました。

バーデン・バーデン


JR有楽町駅のガード下にある、マニアには有名なお店だそうです。

バーデン・バーデン


夕刻6時くらいとなり、シャッタースピードが1/8秒しか出なかった為、手ぶれはお許しを…

バーデン・バーデン テーブルセット


店内は椅子の間隔が狭いながらも130席もあります。 私たちは18時くらいに入店しましたが、19時にはほぼ満席となりました。

ドイツビールの名門『ホフ・ブロイ』の生が楽しめます。 国産ビールとは一線を画する、本場のモルト・ビールは絶品! 私はあまりビールは得意ではありませんが、これは旨かった! 中ジョッキ(500ml)は、難なく飲み干すことが出来ました。

バーデン・バーデン ボイルド・ソーセージ


四種類のボイルド・ソーセージ。 ジューシーでプリプリとした歯応えが心地好し。

バーデン・バーデン グリルド・ソーセージ


三種類の焼きソーセージ。 香ばしくプチッとした皮の歯応えがまた楽し。

バーデン・バーデン 鰊の酢漬け


鰊の酢漬け。 生臭みが無く、ビネガーに柔らかさがあり、結構人気でした。

バーデン・バーデン スモーク・サーモン


スモーク・サーモンは食感の良い、旬のグリーン・アスパラに巻いて供されています。

バーデン・バーデン ワイン


ビールを飲み干したところで、ワイン解禁のお許しが出たので、まずはフランケン地域の『チュンガースハイマー・ヨハニスベルク シルヴァーナー カビネット トロッケン』をいただきました。

あぁ、美味しい!(^Q^) やっぱりドイツワインはイイなぁ♪ もういい加減楽しく酔い始めたので、そろそろ写真を撮るのがおっくうになってきた。(^^;) 結局フランケンを2本、バーデンを1本、ファルツのゼクトを1本開けました。

バーデン・バーデン ポークの香草焼き


「肉が喰いてぇ!」って声が出たので、豚肉の香草焼きも。 薄く叩いたロース肉にハーブを付けて焼いたもの。 結構旨い!

その他多分8種類以上オーダーしたような気がするけど、どれもこれも、本当に美味しく頂きました。 15人という大所帯だったので、4,800円(一人)くらいで上がりました。 お手頃ですねぇ~♪

でもこの店の平均客単価は3,500円と言いますから、私達は上客の部類だったのかも知れません。 客層はサラリーマンと覚しき方々が半数以上で、平均年齢もやや高めでした。 男性客が圧倒的に多かった気がします。

小柳才治先生


で、今回のセミナーで講師を務めて下さった小柳才治先生。 約20年前に私のドイツワインの初歩を説いて下さった恩師であり、ジャーマンワインアカデミーで十余年に亘り、現地ガイドを務めておられました。

ドイツワインへの情熱は、未だに変わることなくお持ちです。 新に新会社を設立し、ドイツワインの輸入に乗り出す事となりました。 今後のご活躍が楽しみです。