FC2ブログ

いつの間にやら10万キロ

今日、配達中に気がつきました。 仕事の相棒「スバル サンバー」のオドメーターが10万キロを越えていました。

今まで使った軽トラックの中では、一番距離を稼いでいます。 そもそも昔と違って、軽トラックと言えども、工業製品としての品質は確実に向上していますから、多分まだ余裕なんでしょうね。

一度5万キロくらい走破した次点で、エンジンが御陀仏様になって、新品に換装していますから、なおさらの事ですが… 御陀仏事件の時は、排気ガスに白煙が混じり、それをクレーム期間内に申し入れました。

メーカーでは「修理ではなく、新品換装にさせて貰って、研究資材にさせて欲しい。」との事。 特に断る理由もなかったので同意しました。

その後冬場にスリップしたランクルが坂道から落ちてきて、フロント部分を小破するという事件もありましたが、不死鳥のように甦り、未だに現役で頑張ってくれています。

弟が整備士で、事あるごとに微調整をしてくれたり、エンジンオイルをマメに交換してくれている事も、大いに関係ありでしょう。 さあ、どこまで距離を伸ばせる事やら…