FC2ブログ

【2018年 錦秋巡り】 旧喰丸小学校のイチョウ

今年は初めて昭和村の「旧喰丸小学校」のイチョウの樹のライトアップに行きました。 柳津町の「福満虚空蔵尊圓蔵寺」の撮影をしてから、17時にはまるで深夜のような漆黒感漂う山道を縫うように県道32号→国道401号と40kmほどひた走ります。

2年ぶりになるかと思いますが、校舎はすっかり手直しを受けて、昭和村の新しいシンボルに再生されていました。 先着カメラマンはいましたが、意外と少なく入れ替わり立ち変わりで、常時2、3人ってところです。

秋夕の喰丸小学校
[2018/11/04 秋夕の喰丸小学校]  <↑ Clickで拡大>  (HDR効果を掛けてあります)

イチョウの樹は丁度黄葉が進んで、落葉し始める前。 例年同時期なら、ここは夜の気温は間違いなく5℃を下回るはずですが、望外にあたたかく、しかもほぼ無風という、ありがたい環境下でした。

校庭の聖樹
[2018/11/04 秋夕の喰丸小学校]  <↑ Clickで拡大>

手直しのされた校舎は築80年といいますが、この校庭のイチョウの樹は、きっとそれよりも前から校庭の片隅で、学び育つ昭和村の子供達を見守り続けていたのでしょう。

秋の色付きの頃の二週間くらい、この古木が漆黒の闇の中で燦然と照らし出される一人舞台となります。 小学生の学舎の役目を終えて、次のステージへと移った旧校舎と同じく、このイチョウの樹もまた、愛され方が変わったのかも知れません。

昭和村の宵空
[2018/11/04 昭和村の宵空]  <↑ Clickで拡大>

17時半になったら、もう漆黒感に包まれる村。 空はもう星空が広がっていた。 ぼぉ~っと空を見上げていると、流星や人工衛星の軌跡が見えるようになって来ます。

イチョウの樹のライトアップ光が漏れ照らした田んぼや里山の木々の色が浮き上がりました。 あれはもしかしたら・・・と試し撮りしてみたら、天の川が写りました。 18時過ぎに天の川が撮れるなんて・・・(;゚д゚)
 

【2018年 錦秋巡り】 福満虚空蔵尊圓蔵寺

この日はちょっと出遅れ気味になり、時間稼ぎのため磐越自動車道で一気に会津坂下ICまで乗っていきました。 何とか陽が陰る前に柳津町に辿り着けました。

福満虚空蔵尊圓蔵寺の秋
[2018/11/04 福満虚空蔵尊圓蔵寺の秋]  <↑ Clickで拡大>

今回は只見川を挟んで「圓蔵寺」の向かい側「瑞光寺公園」から撮影をスタートです。 「圓蔵寺」の今年の紅葉は、今一つ冴え渡る色にならないみたいで、少々残念ではありましたが・・・( ̄  ̄;) うーん

瑞光寺公園
[2018/11/04 瑞光寺公園]  <↑ Clickで拡大>

「瑞光寺公園」のモミジの方が、ずっとコンディションが良好でした。 夕方からは園内のライトアップも行われますので、駐車場も充分に用意されていますから、夜の孤独に耐えられる方には一興かも。

只見川の河畔から
[2018/11/04 只見川の河畔から]  <↑ Clickで拡大>  (HDR効果を掛けてあります)

只見川の河畔を通りかかったら、ちょうど山嶺に沈みかけの夕陽が、川岸のモミジを凄いコントラストで照らし出していました。 これはさすがに手に余るほどのコントラストでしたので、ちょっと画像処理を掛けてみました。

盛秋の小径
[2018/11/04 盛秋の小径]  <↑ Clickで拡大>

ちょっと対岸で遊びすぎて、圓蔵寺の境内に着いた時には、既に夕陽は山嶺に隠れてしまいました。 相変わらず敷地内は三脚禁止だけではなく、カメラバッグの携行も禁止です。 一番色鮮やかになる場所ですが、ここはまだ少し早かったかも知れません。

四却門から
[2018/11/04 四却門か]  <↑ Clickで拡大>

寺院のモミジは、どうも今年は枯れ落ちが目立ちました。 今一つズドンと来るモノが無くて、夕刻感に押し出されるように後にした感じです。 

【2018年 錦秋巡り】 観音沼森林公園 #4

スッゴイ! 朝霧が引いたら、見事な水鏡が現れました。 まだ朝方だから空も青さが冴えていて、ベタなくらいの観光写真になりましたよ(>▽<)b

リフレクション
[2018/10/28 リフレクション]  <↑ Clickで拡大>

湖畔にはカメラマンのもならず、観光客の姿もだいぶ増え始めて来ましたので、来訪者が写らないように撮るのも、そろそろ厳しくなって来ました。 ずっと湖畔に止まっていたので気付かなかったけど、多分既に駐車場は車でイッパイになっているはずです。

真っ赤な秋
[2018/10/28 真っ赤な秋]  <↑ Clickで拡大>

いやいや、見事な紅葉にも出会えました。 今年は抜けるような赤になかなか出会えていなかったので、ちょっと溜飲を下げるかの如くに、だいぶシャッターを切らされました。

秋光
[2018/10/28 秋光]  <↑ Clickで拡大>

あまり立ち回っていなかった岸辺も久しぶりにつぶさに歩けました。 ここでこんなに飽くことなく時を過ごしたのは初めてだったかも知れません。 時間が許すなら、もっと詰めて撮り続けたかったくらい、この日の「観音沼森林公園」は素晴らしかったです(*>∇<)ノ

秋の湖畔
[2018/10/28 秋の湖畔]  <↑ Clickで拡大>

今年の「観音沼森林公園」は本投稿にて終了。 星空から朝霧、そして晴天と移り変わる景観の中で、気付いたら5時間も過ごしていましたw( ̄▽ ̄;)w 

【ご案内】 全日本写真連盟 郡山支部 第40回写真展

今週末に開催となる、地元のベテランカメラマン様方が集まる、全国組織「全日本写真連盟」の郡山支部の写真展です。 御案内申し上げます。

全日本写真連盟 郡山支部 第40回写真展
               ↑ Clickで拡大 ↑

全日本写真連盟 郡山支部 第40回写真展
会期;2018年11月15日(木)~11月18日(日)
公開時間;10:00~17:00 ※最終日は16:00まで
会場;アトリエかしわ (柏屋開成店2F) 【入場無料】
     福島県郡山市朝日1-13-5
     電話;024-922-5533
駐車場;会場敷地内にあり



 

【2018年 錦秋巡り】 観音沼森林公園 #3

朝靄のたってくれた湖面のお陰で、ひとしきり心愉しき時を過ごしました(〃∇〃) この日の朝靄は、ボクがここを訪れるようになって、今まででも屈指の素晴らしさでした。

美し沼
[2018/10/28 美し沼]  <↑ Clickで拡大>

公園内は丁度湖畔の水際の木々が、最も良く色映えしていて、そりゃあもう美しいったらありゃしません。 若干朝靄の残る湖面もまた趣深く、湧いては流れる朝靄の演出にその場で釘付けになることしばしばでしたよ。

天を映す
[2018/10/28 天を映す]  <↑ Clickで拡大>

次第に朝靄が引くと、今度は晴天の青空と陽射しの出番です。 徐々に湖畔はどこにレンズを向けてもカメラマンが入るようになっちゃったので、白樺林の方へと転進しました。

晃山の園
[2018/10/28 晃山の園]  <↑ Clickで拡大>

【マムシ注意】【熊注意】の警告看板に少しキョドッたりしますが、スズメバチにも要注意です。 白樺の木肌が陽の光で更に際立っていました。 そこに織り成す紅葉の赤も冴えていたなぁ~

陽射しの森
[2018/10/28 陽射しの森]  <↑ Clickで拡大>

まだ朝の内だったので、木の幹の陰が長く伸びていたり、ちょっとした陰影があちこちにあって、少し遊べました。 

秋映え
[2018/10/28 秋映え]  <↑ Clickで拡大>

折角なので久しぶりに沼の周りを一周してみました。 綺麗に光が回った湖岸の紅葉は、じつはなかなか出会えない景色だったりします。