無芸の朝スパ

昨年末あたりからのイエメシが大分溜まってきたので、私的忘却禄として記録を挙げておきます。 「無芸庵大食亭」は家族限定提供です(o^-^o)

「無芸作 タラコのクリームスパゲッティー」

無芸作 タラコのクリームスパゲッティー

生クリームではなく、牛乳とマスカルポーネチーズで、少しツユダク気味に仕立てます。 少量ながら、昆布味の出汁醤油を加えておくと、より安定の美味しさが楽しめますよ( v^-゜)♪

「無芸作 鍋焼きうどん」

無芸作 鍋焼きうどん

無芸大食倅が使っていた“お一人様用土鍋”がやってきたので、いつか使ってみようと思ってました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ 平日の朝食に鍋焼きうどんww 出汁は勿論、愛して止まない“出汁マイスター”のスペシャルから引いて頂きました。

「無芸作 角煮の煮汁で味付けしちゃった豚挽肉のスパゲッティー」

無芸作 角煮の煮汁で味付けしちゃった豚挽肉のスパゲッティ

今年も正月に作った豚角煮でしたが、肉がパサついてしまいました(´。•ㅅ•。`) その代わりと言うべきか、煮汁が旨味凝縮でメチャ美味くなっちまいましたΣ(゜▽゜;) 煮汁を作る為に豚バラ肉を炊いてしまったようなもんですわ(ノд`@)アイター

ではその肉汁&旨味を余すところ無く頂きましょうや、と言う事で、豚挽肉のスパゲッティーの味付けに( *´艸`) ドッサリと大根おろしを添えて、三つ葉と七味唐辛子で頂きました。

「無芸作 ミートボールのスパゲッティー」

無芸作 ミートボールのスパゲッティ

美味しく楽しんでいた某大手メーカーのチルド肉団子が、いよいよだいありーが切れそうになっていたので、トマトソースとケチャップ、バルサミコなどでなんちゃってイタリアン仕立てに(o^-^o)

「無芸作 牡蠣としめじのマスカルポーネ・クリーム・スパゲッティー」

無芸作 牡蠣としめじのマスカルポーネ・クリーム・スパゲッティ

昼食に作ったやつですが、何と言う事は無く、牡蠣が恐ろしく安価で売り尽くしが掛けられていたん♪(〃∇〃) いっそのこと大人買いして、「今夜はカキフパーティーでも開こうかしらん?σ( ̄、 ̄=)」って思ったほど。 たま~~に、出モノに当たると嬉しい鳩スーパー♪

「無芸作 スパゲッティー・ミートソース」

無芸作 スパゲッティ・ミートソース

たまぁ~~に正統派のミートソースも食べたくなる( *´艸`) 最近はトマトピューレのフルーティーさや酸味が活きるように、さっぱりテイストが好みです。

「無芸作 ベーコンとマッシュルームのチーズクリームスパゲッティー」

無芸作 ベーコンとマッシュルームのチーズクリームスパゲッティー

前日に鳩スーパーで、週末に山積みに展示販売されていた生マッシュルームが、遂に値崩れww 家内がラッキ~♪って買ってきたので、美味しく頂きました(* ̄∇ ̄)ノ

「無芸作 五目あんかけ焼そば」

無芸作 五目あんかけ焼そば

普段は好みの醤油味の味付けが主流ですが、珍しく塩仕立てにしてみました。 白菜もキャベツも高いねぇ~(@・艸・;)

「無芸作 回鍋肉」

無芸作 回鍋肉

白飯をガンガン食べたい時には、回鍋肉がイイ! 甜麺醤と豆板醤に辛子や砂糖などで濃ゆ~~い味加減にしますΨ( ̄∇ ̄)Ψ 肉は豚バラ必須で、脂身と回鍋肉のタレが絡み合った美味しさを満喫です。

「無芸作 ソーセージの辛いトマトソース・スパゲッティー」

無芸作 ソーセージの辛いトマトソース・スパゲッティ

愛用のトマトピューレにニンニク、鷹の爪、ドライハーブ、味の素のコンソメ、オリーヴオイルにチーズさえあれば、メインの具材は何でもOKですね(〃∇〃) ご飯と味噌汁みたいに”飽きない味”というものでしょうか。 

無芸家の正月

年明け二日目、皆様いかがお過ごしでございましょうか?(*>∇<)ノ 大晦日は懸命に家宅内のお掃除に勤しむ家内のお手伝いを兼ねて、夕刻くらいから自分は勿論、家族と一緒に食べたい正月料理を何点か仕込み、年越し蕎麦を頂きつつ年越しを致しました。

お節料理

明けて元旦、少しゆっくりと休みまして、家族揃って新年の膳を囲みました(o^-^o) 家族全員が揃うお正月ってのは、この先もう何回あるのでしょうね。 そう思うとこの元旦という特別な日に、健康に家族が顔を揃えて、笑顔で団らんの時を過ごせる幸せを感じます。

無芸作 豚バラ肉の角煮

「豚バラ肉の角煮」は、未だに納得出来る仕上がりに辿り着けません(つД`)・゚・゚。゚。 素人が料理の基礎を知らずに、ネットでリサーチした情報などを頼りにし過ぎているからでしょうね(ノд`@)アイター 来年は折角身の回りに辣腕料理人さんが沢山おられるのですから、素直にご指導を頂いてモノにしたいところです。

無芸作 ゴボウと鶏肉の焚き物

「ゴボウと鶏肉の焚き物」は、もうだいぶ慣れてきまして、簡単に柔らかゴボウに仕立てられるようになりました( *´艸`) 今年は味付けも大好評で、手前味噌ですがマジ巧く行きましたv( ̄∇ ̄)ニヤッ

あと「高野豆腐の炊いたん」も、椎茸の戻し汁バージョンで作りましたけど、写真映えしないからパスww

無芸作 雑煮

花カツオから出汁を引いて仕立てた「雑煮」は、何気に品良く仕上がって、個人的には結構な快作でした。 いつもご厄介になっている出汁マイスターからお頒け頂いている出汁同様に、出汁に対する興味が益々深まりますな♪ こりゃあ楽しいもんです。

さて今日は箱根駅伝の往路! これまた正月のお楽しみです。 今年もドラマティックな光景が見られるでしょう。 

無芸の朝スパ

先々週も挙げたばかりでしたが、実はまだまだ“積み残し”になっていた「無芸の朝スパ」です( ̄▽ ̄i)ゝ 塩漬けのままで流してしまうには、チカラを貸して下さったお友達にも申し訳ありませんので、本稿で年内最後の「無芸の朝スパ」と言う事でお付き合い下さいm(_ _)m

「無芸作 鳥挽き肉の和風ミートソース・スパゲッティ」

無芸作 鳥挽き肉の和風ミートソース・スパゲッティ

生姜を細かくみじん切りにして、サラダ油で香りを引き出し、鳥挽き肉を塩コショウして炒め、玉ねぎのみじん切りを加えて日本酒を少々。

更にえのき茸、赤パプリカを加えて少し火が通ったところで、輪切り唐辛子と鶏ガラスープを加えて一煮立て。 そば用に作り置きしておいたカエシに、中ザラ、薄口醤油、粗びき黒胡椒で味決めしたら、水溶き片栗粉でトロミを付けます。

茹で上がったスパゲッティーにはオリーブオイルで癒着しないようにして、鳥挽き肉のミートソースをかけ、大葉と晒しネギを乗せて完成です(* ̄∇ ̄)ノ

和風とは言え、めんつゆ味ではなく、鳥出汁の甘口醤油味にピリ辛テイストで仕立ててみました。

「無芸作 エビとポテトのカレークリーム・スパゲッティ」

無芸作 エビとポテトのカレークリーム・スパゲッティ

買い置きしておいた冷凍エビを成仏させる為に作りました。 8mm角くらいに小さくサイの目カットしたジャガイモと、みじん切りの玉ネギ、赤パプリカにブナシメジなんかを合わせて、コテコテにならないようにユル目にスープスパっぽく仕立てました。

「無芸作 キノコと合挽肉のミートソース」

無芸作 キノコと合挽肉のミートソース

某イタリアンシェフのお料理動画を眺めていたら、「合挽き肉は、炒めるのでは無く、焼くように調理します」って一節に触発されました。

焦げちゃダメですが、焼き色が付くくらいって事みたいでひたので、早速試してみましたよ( 〃▽〃)

なるほど~( ̄▽ ̄;) 確かに肉の味わいが、より明確に感じられますね! 美味しく頂くにも、色んなアプローチがあるものです(*^^*)

「無芸作 ボッタルガのクリームソース・スパゲッティ」

無芸作 ボッタルガのクリームソース・スパゲッティ

カラスミとは言っても、「青の洞窟」のスパゲッティーソースをベースに、玉ねぎのみじん切り、シメジ、生クリームをベースを作ったところに、このソースを合わせただけのお手軽チューンです(* ̄∇ ̄)ノ

かなりちゃんと作られたスパゲッティーソースなので、ソレっぽく仕上がるものです。

「無芸作 辛子高菜とツナマヨのスパゲッティー 大葉盛り」

無芸作 辛子高菜とツナマヨのスパゲッティー 大葉盛り

あり合わせの組合せでしたけど、大葉のチカラが大きく貢献してくれて、望外に美味しく出来ちゃった(〃∇〃) でもやっぱりマヨだよね♪( *´艸`)

「無芸作 あんかけ焼きそば」

無芸作 あんかけ焼きそば

平日の朝っぱらから、シレッとあんかけ焼きそばを作っているオレ( ̄▽ ̄i)ゝ オイスターソースや鶏ガラ出汁で、ちょい甘じょっぱ目の醤油味です(ノ´∀`*)

「無芸作 ワタリガニのトマトクリーム・スパゲッティ」&「無芸作 サツマイモのポタージュスープ」

無芸作 ワタリガニのトマトクリーム・スパゲッティ

この時期を迎えると、お鍋用のワタリガニがスーパーの店頭にも並ぶんで、コイツを具材&旨味の元にします( ・∇・) ちょっと貧相になっちゃうので、食料庫からワタリガニのほぐし身の缶詰も持ち出しですv( ̄∇ ̄)

千葉県の先輩から、堀り立てのサツマイモを頂いたので、初挑戦の「サツマイモのポタージュスープ」も作ってみました。

無芸作 サツマイモのポタージュスープ

サツマイモの風味豊かでナチュラルな甘味、食物繊維も沢山取れて、美味しく頂けました( v^-゜)♪

「無芸作 鳥挽き肉のボロネーゼ ネギ味噌風味」

無芸作 鳥挽き肉のボロネーゼ ネギ味噌風味

味噌味を活かしたボロネーゼってのは初めて作ってみましたが、まあ、何とか纏まるものです( ̄▽ ̄;)

味噌は白味噌と甜麺醤を2:1くらいに合わせて、風味付け程度の少量生姜やケチャップ、デミグラスソース、砂糖、ウスターソース、清酒、玉ねぎのみじん切り、粗挽き黒胡椒、塩少々、輪切り赤唐辛子等で調味しました。

スパゲッティーをソースに投入する直前に、晒しネギのみじん切りを加え、オリーブオイルと共にスパゲッティーに馴染ませました。 タバスコの辛味とビネガーの酸味が、良く合うのは意外でした。

『続きを読む』をポチりますと、ビックリたまげたラーメン編が開きますっ!(`・ω´・ ;) 
続きを読む

無芸の朝スパ

今年も残すところ20日となり、“今年のネタは今年の内に”ってのが難しくなってきました(>▽<;; 少々焦りながらも、とにかく積み上げをしておきます。

「無芸作 明太子のクリームスパゲッティ 丹波黒豆とじゃが芋と共に」

無芸作 明太子のクリームスパゲッティ 丹波黒枝豆とじゃが芋と共に

お客様から丹波黒枝豆を頂き、美味しく頂いてたのですが、コレもアリかな?σ(゚・゚*)と、朝スパにコンバートしてみましたヽ( ̄▽ ̄)ノ ちょっと贅沢~♪(〃∇〃)

「無芸作 ベーコンとキノコのトマトソース・スパゲッティーニ」

無芸作 ベーコンとキノコのトマトソース・スパゲッティーニ

普通に平日の朝ごはん。 ニンニクと唐辛子でちょっとアクセントを付けて、仕上げにオリーヴオイルを再び加えて、トマトソースが軽く乳化するまで混ぜます。

「無芸作 あんかけスパゲッティ」

無芸作 あんかけスパゲッティ

平日の朝っぱらから、思いつきで作ってみました。 残念ながら本場名古屋で頂いた事はありませんので、以前落手したヨコイのソースの味を手本に、独自チューンしてみました。 ちょっとメリハリを付けすぎで、朝から高カロリーになっちまいました( ̄▽ ̄i)ゝ

「無芸作 秋鮭とキノコのクリームスパゲッティ」

無芸作 秋鮭とキノコのクリームスパゲッティ

普通に鳩スーパーに秋鮭が並ぶ頃に、必ず毎年作る歳時記的朝スパ(o^-^o)

「無芸作 エビのタルタルドック」

無芸作 エビのタルタルドック

コレも一緒に添えて。 実は前日に宅食で昼食を摂ろうと思っていたのに、つい食べそびれてしまったエビの復活戦ですww タルタルソースは市販品ペースに、ピクルスと玉ネギのみじん切りを足して、色々とチューンしてありますv( ̄∇ ̄)ニヤッ

「無芸作 温かい鶏蕎麦」

無芸作 鶏蕎麦

鶏もも肉を調達して、ありあわせの野菜と共に作りました。 例によって出汁マイスター謹製の出汁から美味しい出汁が引けてたので、どうやっても美味しいのです♪

「無芸作 五目あんかけ焼きそば」

無芸作 五目あんかけ焼きそば

何となくあんかけ焼きそばが食べたくなって、オイスターソースや鶏ガラ出汁で作りました。 勿論好みの醤油味で( ̄∇ ̄*)ゞ

「無芸作 チョリソーのトマトソース・スパゲッティーニ」

無芸作 チョリソーのトマトソース・スパゲッティーニ

冷蔵庫を漁っていたら、かみさんに「チョリソーのダイアリーが近づいているから、コッチを先に使ってくれる?」と提供されましたので・・・σ(゚・゚*)

「無芸作 イクラ」

無芸作 イクラ

鳩スーパーで見切り特価になった生イクラを2パックゲットん♪( 〃▽〃) 狂乱価格で一寸手が出ないシロモノになっていたイクラを、500gで1,500円ほどで落手しちゃいました(ノ´∀`*)

無芸作 イクラごはん

そんなわけで、前夜に下処理をして醤油味調味液を作って仕込んでおいたん♪ 痛風家系で無くて良かった(*^¬^*)

「無芸作 和風ツナスパゲッティー イクラまぶし」

無芸作 和風ツナスパゲッティー イクラまぶし

更に翌朝・・・ イクラをこんな使い方出来るなんて(ノ´∀`*)

もし気が向かれましたら『続きを読む』を開いて下さいm(_ _)m 
続きを読む

無芸の朝スパ

二ヶ月以上放置していたら、いつの間にか宅食のメシネタが溜まっちゃったので、ここらへんでちょっと放出しておきます。 時系列はクグ~~~ッと遡って、盆明け辺りからのスタートです。

「無芸作 ツナときのこの和風スパゲッティ 大根おろしと水菜添え」

無芸作 ツナときのこの和風スパゲッティ 大根おろしと水菜添え

ちょっとありあわせで作りましたけど、ツナに麺つゆってとても良く合いますΨ( ̄∇ ̄)Ψ 大根おろしと水菜で後味もサッパリです。

「無芸作 ニンニク風味のナポリタン」

無芸作 ニンニク風味のナポリタン

ソーセージに玉ネギ、ピーマン、マッシュルームのテッパン食材に、シメジも投入してボリュームアップ。 オリーヴオイルでニンニクの風味を引き出して、ケチャップの他にトマトピューレとバルサミコ、少量のお砂糖を合わせています。 しっかりと炒め切って、ソースをキッチリとスパゲッティに絡めてしまえば、やや薄味でも物足りなさも無くなります。

「無芸作 五目ぶっかけ蕎麦」

無芸作 五目ぶっかけ蕎麦

そばつゆにごま油とラー油を仕込んで、香りとピリ辛さを加えました。 カニカマやキュウリがちゃんと違和感無く収まっちゃいます( *´艸`) 冷や中に飽きたらお薦め♪

「無芸作 茄子と豚バラの味噌炒め」

無芸作 茄子と豚バラの味噌炒め

茄子の盛りも終わりそうな頃合に、きっちりに茄子を満喫しました。 茄子は一度素揚げにしておき、コクの甜麺醤と少し淡口醤油も合わせて、お砂糖で甘めに調えれば、トロットロの茄子の美味しさが口中を満たしてくれます。

「無芸作 スダチおろし蕎麦」

無芸作 スダチおろし蕎麦

秋になると柑橘系果実も手に入りやすくなって、なにかと便利です(。^。^。) サラリと喉を通るし香り立ちもヨロし(〃∇〃) 酸っぱいのが好きな女性陣にウケが良いのです。

「無芸作 チョリソーのスパゲッティーニ トマトソース」

無芸作 チョリソーのスパゲッティーニ トマトソース

普段はあまり使わないけど、ソースの調味に味の素の顆粒状コンソメを入れたら、何だか簡単に味がまとまっちゃって、ツボな調味料ってあるもんだなぁ~と、改めて感心した次第です。

「無芸作 秋鮭とキノコのクリームスパゲッティ」

無芸作 秋鮭とキノコのクリームスパゲッティ

旬の秋鮭が店頭に並んでいましたので、頂き物のジャガイモも小さなサイの目切りにして合わせてみました。 今年は高止まりしていたグリーンアスパラも、細身の2年モノが低廉に流通してきたので、旬の最後を頂きました。

「無芸作 昭和っぽいナポリタン」

無芸作 昭和っぽいナポリタン

先頃初訪問した棚倉町の「武駒」さんで、赤スパのナポリタンソースの一手間を見出しましたので、私的に実証実験を兼ねての調理でございますΨ( ̄∇ ̄)Ψ

挽肉とベーコンの両使いで、肉の旨味が凝縮したナポリタンです。 一つ分かったのは、挽肉は細挽きの方が良いと言うよりも、マストで細挽きであるって事(。-`ω´-)んー 面白かった♪

「無芸作 ツナマヨスパゲッティ 半熟味玉添え」

無芸作 ツナマヨスパゲッティ 半熟味玉添え

朝食にサクッと作ったやつです。 お手軽に「ツナスパの素」に小口ネギを合わせて、作り置きしておいた半熟味玉を添えました。

「無芸作 海老ときのこのトマトソース・スパゲッティーニ 丹波黒枝豆添え」

無芸作 海老ときのこのトマトソース・スパゲッティーニ 丹波黒枝豆添え

お客様から高級ブランド「丹波黒枝豆」を頂きましたので、さんざん楽しませて頂いた挙げ句に、こんな風にも楽しませて頂きました。 枝豆の味が濃ゆいなぁ~w( ̄▽ ̄;)w

「無芸作 ボンゴレロッソ フレッシュバジル添え」

無芸作 ボンゴレロッソ フレッシュバジル添え

じいさんの農園で採れたバジルが、とても良い香り。 何やら世間ではパクチーってのが流行っているみたいだから・・・と、パクチーまで栽培しておりました(;・∀・)

本人もどう使うか分からぬまま、世間の話題ってだけで「作ってみよう」と思える好奇心が、82歳になっても衰えないのは、我が父ながら立派です(*^▽^*)

で、そのパクチー、どうすんのよ?(;´∀`)