FC2ブログ

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 2020年の年頭に当たり、ご閲覧下さります皆々様方の、今年一年のご多幸を心より念じ上げます。 無芸の仕事場は1月3日までお休みを頂戴しております。 昨年秋の洪水被災以来、久しぶりに仕事場から離れました。 勿論、仕事場がイヤだとかではなく、仕事場と生活の場が一体化し続けていたので、少し深呼吸をさせて頂いている感じです(^_^;)

今年は仕事場のリニューアルに向けて、無い知恵は持っている方々からご指南を頂きながら、家内と共にお客様方にご満足頂けるお店作りに邁進致します。 一時ヤツレ気味(←個人相対比)だったはずの体重は、みるみるうちに盛り返した感もございますが、美味しく食べられるヨコロビを大切にして参ります。

さて初っ端からメシネタですがねww 今年も大晦日には「gigi910えんび」さんのオードブルを求めさせて頂きましたよ♪ これだけを肴にして楽しく団らんを過ごすことは容易です(。-∀-) ニヒ♪

gigi910えんび オードブル

でも少しは何か作ってみたい欲があるもので、今年も調理チャレンジ致しましたよΨ( ̄∇ ̄)Ψ

「無芸作 豚バラの角煮」

無芸作 豚バラの角煮

今年は圧力鍋を使わずに、下茹でにしっかりと一時間掛けて下処理しました。 諸々の段取りはありましたけど、決して特別なことはしておりません。 でも今までトライした中で、間違いなく最高の出来栄えでした(ノ´∀`*)

「無芸作 ごぼうと鶏肉の炊合せ」

無芸作 ごぼうと鶏肉の炊合せ

ごぼうは直径2cmくらいありそうな極太タイプでしたので、本当は丸太切りで行きたかったのですが、薪割りにしました。 面取りした人参と鶏もも肉を、調味料とともに圧力鍋で加圧15分&むらしで、何度かに分けて煮ては冷ましを繰り返しながら、ごぼうの芯まで味が染み入るまで繰り返しです。

なぁ~んて下準備を大晦日の内にやっておいたので、元旦は前日の内に引いておいた出汁などもあって、手間いらずの鳩スーパーのおせち料理などと一緒に、お気楽正月宴でございました。

元旦食卓

おせち

まあそれにしてもなんだ・・・ 普段から県民の食卓であり続けている鳩スーパーのおせち料理だけあり、なんの違和感も無く食卓に溶け込んでいくさまは圧巻でございました。゚(´^o^`)゚。

ほいっこ鍋

元旦の夜は実家に兄弟全員が揃うハズだったのですが、嫁いだ妹のご家庭に来客があり、身代わりに鍋料理が本気で鍋ごと供されました∑(๑ºдº๑) 2008年の正月あたりにエントリーが残されているのですが、亡き伯母のオリジナル手料理として、我が家にも伝授されているモノでして、正確なレシピは覚えていませんが、味の記憶を辿って再現することは自分でも出来そうです。

大量の春雨をうまく食べさせる鍋料理は、世情が豊かではなかった時代に、限られた伯父のお給料でやりくりしながら、部下の家宅訪問の折にふるまっていたという経緯つき。 今では会社や部署ぐるみで忘年会さえも拒絶される時代ですが、半世紀前には上司が家に部下を招いて酒宴を催すなんて茶飯事だった時代もございます。

色んな見方はあろうかと思いますが、ご馳走する方、もてなされる方、共に成長があったのでは無いかと。 自分も学生時代には、月末近くになり手持ち金が乏しくなると、バイト先の社員さん方が順々に自宅に招いてくれて夕食を振る舞って下さるという、ありがたい思い出を頂きました。 そのご恩は後年うちの仕事場でアルバイトしてくれていた学生さん方に御移し申し上げました。

「無芸作 蒸し鶏のゴマソース」

無芸作 蒸し鶏のゴマソース

温泉旅館の女将さんのご厚情で頂戴していた国産鶏もも肉が2kgも冷凍保存してあったので、この年末年始に大量消費致しております(^^ゞ もも肉なので生姜とネギの青味と共に茹でて、中華風の冷菜にしてみました。 簡単で美味しゅうございました♪

「無芸作 鶏そば」

無芸作 鶏そば

元旦に頂いた雑煮汁の残りをお直しして鶏そばに。

「無芸作 ズワイガニとエビのトマトクリームスパゲティ」

無芸作 ズワイガニとエビのトマトクリームスパゲティ

お正月料理のお残りズワイガニに買い置きしておいた冷凍エビを合わせて、ちょっと贅沢な朝スパを頂きながら、「箱根駅伝」で活躍する本県出身選手をテレビの前で応援。 みんな素晴らしい!!.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

高屋敷稲荷神社

初詣は郡山市白岩町の「高屋敷稲荷神社」へお参りしました。 ここは先にエントリーでご紹介させて頂きました(URL)、現在県内から首都圏まで配布中の福島県の観光PR広報誌「ふくしま ほんものの旅2019冬号」に私の写真をご提供させて頂いた神社です。

新年二日に詣でて参りましたが、参拝者が途切れること無く凄い人気!! 御札を頂き、仕事場て拝させて頂きます。 明日4日より仕事場営業開始です。 本年も当Blogを宜しくお願い申し上げます。 

無芸の朝スパ

ほぼ月いちの備忘録的お家ご飯です。 相変わらずアップが追いつかなくて、何とか8月中くらいのあたりまでカバーしました。

「無芸作 烏賊と夏野菜のスパゲッティーニ」

無芸作 烏賊と夏野菜のスパゲッティーニ

みじん切りのニンニク、玉ねぎ、セロリをオリーブオイルで炒め、塩コショウして輪切り赤唐辛子を加えてしんなりしたら、ズッキーニ、きのこ、油通したナス、赤ピーマン、烏賊を加えて白ワインを多目に入れます。

軽く煮たったら、顆粒状のコンソメを入れ、パッサータ、乾燥オレガノ、乾燥バジルを入れて、沸騰しそうになったら火加減を絞ってポコポコ程度にします。

スパゲッティーニの茹で汁を加えながら濃度調し、バルサミコを少し。 ここで味の決めはほぼ済ませて、茹で上がったスパゲッティーニを加えたら、オリーブオイルを回し掛けて、強火でフライパンをあおりながら、一気にソースを乳化させます。

「無芸作 回鍋肉」

無芸作 回鍋肉

これを作るためだけに、厚手の豚バラ肉を調達してました(o^-^o) 味のお手本は勿論工藤シェフ! 白飯がいくらでも進む回鍋肉を、大皿盛りでドッサリと頂きました。

「無芸作 夏野菜とミートソースのスパゲッティ」

無芸作 夏野菜とミートソースのスパゲッティ

パプリカやズッキーニと共に炒め合わせたスパゲッティに、冷凍保存しておいたミートソース、生クリーム粉チーズにドライパセリで頂いた平日の朝食です。

「無芸作 きのことキャベツのカレークリームスパゲティ」

無芸作 きのことキャベツのカレークリームスパゲティ

平日の朝食は、冷蔵庫を漁ってあり合わせで作ったもの。 キャベツの甘味を活かして、ソーセージの塩味もマッチします。 ドライハーブのラインナップにパプリカが加わったので、記念に掛けてみました(*>∇<)ノ

「無芸作 夏野菜とエビの冷製トマトスパゲティ」

無芸作 夏野菜とエビの冷製トマトスパゲティ

盛夏の頃に作ったやつです。 ニンニクをオリーブオイルで炒めて香りが出たら、玉ねぎのみじん切り、賽の目切りのセロリとズッキーニを加えてしなりしたら塩コショウ。 ブナシメジを炒め合わせて白ワイン、コンソメで少し煮ます。

ドライハーブを振っておいたパッサータを加えて一煮立ちしたら、下茹でしておいたインゲン豆と解凍したトウモロコシを加えて、更に一煮立ち。 出来上がったトマトソースは、ボールに移してボールを氷水で冷やします。

カッペリーニを2分ほど長目に茹でて、流水で粗熱を取ったら、氷水でキリッと冷やします。 先述のトマトソース、カッペリーニ共に冷え冷えにして、エクストラバージンオリーブオイルを加えて満遍なく和えます。

お皿に盛ったら、塩茹でして冷やしておいた海老と、サイの目切りにしてドライハーブと塩コショウをして冷やしておいたフレッシュトマトをトッピングします。 タバスコが良く合う冷製スパゲティの完成です(*^^*)

「無芸作 和風ガスパチョ風冷やしうどん」

無芸作 和風ガスパチョ風冷やしうどん

トマト、キュウリ、セロリを賽の目切りにして、塩コショウ、砂糖、白だし、バルサミコ酢、穀物酢等を合わせて、刻み大葉と白ごまを加えて冷やします。

出汁を引いて、昆布つゆをカエシ代わりにして、冷やしておきます。 うどんは乾麺の細麺タイプ。 氷水でキリッと冷やして、汁を張ったお皿に盛り付け、載せものを飾ります。

サーモンは出汁醤油で軽く味付けをしておき、途中からタバスコを加えてみたら、なかなか良い感じでした(゜∇^d)!!

「無芸作 ベーコンとズッキーニのトマトスパゲティ

無芸作 ベーコンとズッキーニのトマトスパゲティ

早朝撮影の帰りに、「道の駅 あだち」上り線で、地元食材の調達をして、厚切りベーコンと共に夏スパしました( *´艸`)

「無芸作 冷やしとろろそばと揚げ茄子の南蛮漬け」

無芸作 冷やしとろろそば

平日の朝食です。 夏場は朝から冷たい麺料理の登場率が高くなります。 トロロにウズラの生卵って最強に合いますよね♪(〃∇〃)

無芸作 揚げ茄子の南蛮漬け

揚げ茄子の南蛮漬けは、前夜に仕込んでおいたもの。 「道の駅あだち」上り線で買い求めてきた、二本松市の農家さんの立派な茄子を美味しく頂きます!(*^-^*)

「無芸作 ハーブチキンのハニーマスタードホットサンドとエビとキノコのトマトスパゲッティ」

無芸作 ハーブチキンのハニーマスタードホットサンド

ホットサンドは二回目。 初回よりは段取り良く出来ました。 帰省していた娘は、ホットサンドメーカーが戦力に加わっていたことを知らなかったので、妙にウケてました(*^-^*)

無芸作 エビとキノコのトマトスパゲッティ

こちらはホットサンドの副菜?(>▽<)b ついつい作ってしまうんだな( *´艸`)

「無芸作 スパゲッティ・ミートソース」

無芸作 スパゲッティ・ミートソース

スパゲッティは茹で上げたものを、玉ネギ、ピーマン、シメジ炒めたところに投じます。 仕上げにバターを加えて風味良くしておくと、ミートソースと良く馴染んで美味しくなりますよ(o^-^o)
 

無芸の朝スパ

時系列は6月まで巻き戻ります。 毎回、失念しそうになるタイミングで挙げる備忘録です( ̄▽ ̄i)ゝ

「無芸作 冷たいおろしワラビそば」

無芸作 冷たいおろしワラビそば

お友達にお裾分けを頂いたワラビを、「冷たいおろしワラビそば」で頂きました。 ほのエグ味のある山菜、美味しいねぇ~♪

「無芸作 トマトたっぷりのスパゲッティミートソース」

無芸作 トマトたっぷりのスパゲッティミートソース

酸味強めでさっぱりとしたソースで、朝向きだったかも。

この日は久しぶりに朝から裏磐梯に撮影に出掛けました。  帰り足に以前から家内に聞いていた、裏磐梯の「パン工房ささき亭」さんに立ち回り、三点ばかり調達して来ました。

パン工房ささき亭 木ノ子のピザトースト

「木ノ子のピザトースト」は、本格モツァレラチーズの本物感がハンパねぇ~( ; ゜Д゜) ピザソースは勿論、厚切りトーストパンの美味しさは印象的でした。

無芸作 ツナのトマトスパゲッティーニ

組み合わせる朝スパは、シンプルに「ツナのトマトスパゲッティーニ」です(*^^*) 上手くいきました♪

「無芸作 キャベツとキノコの和風スパゲッティ」

無芸作 キャベツとキノコの和風スパゲッティ

平日の朝食に作ったありあわせスパゲッティ。 豚バラチャーシュー、玉ネギ、シメジに作り置きのカエシとゴマ油で調味して、炒り卵を和えて七味唐辛子でアクセントを。

「無芸作 タケノコとエノキの和風おろしスパゲッティ」

無芸作 タケノコとエノキの和風おろしスパゲッティ

お客様に頂いた旬のタケノコをあく抜き・下茹でしておいたのを、ソーセージと玉ネギ、エノキダケと共に炒めて、醤油味に調味して大根おろしを添えました。

「無芸作 スパゲッティ・ミートソース」

無芸作 スパゲッティ・ミートソース

セロリがカジュアルに商品棚に並んでくると、その機を逃さずにソースに使いまくります。 最近ハマり気味な、炒めスパゲッティのミートソース掛けです。

「無芸作 ボンゴレロッソ」

無芸作 ボンゴレロッソ

フレッシュのイタリアンパセリやセロリの風味が良く効いて、なかなか美味しゅうございました(ノ´∀`*)

「無芸作 エビのトマトクリームスパゲティ」

無芸作 エビのトマトクリームスパゲティ

冷凍海老をそろそろ使い切ろうと、きのこ、パプリカなどと共に合わせました。

「ハーブチキンのハニーマスタードサンド」

無芸作 ハーブチキンのハニーマスタードサンド

ホットサンドメーカーがやって来た(長男が衝動買いww)ので、早速初のお家でホットサンドをしてみました。 お店ホットサンドで美味しかった味の記憶をたどり、「ハーブチキンのハニーマスタードサンド」を作ってみました。

お手軽に市販のサラダチキンを使う手もありますが、どうせ雨模様の朝ですから、鶏胸肉を買って蒸し鶏を作るところからスタートです。

ハニーマスタードも自家調整し、新玉ねぎを薄くスライスして酢水にとったり、トマトの薄切り、レタスも水気を拭き取り、あとは盛り込んで機械任せに5分ほどで完成。

「無芸作 エビとキノコのカレークリームスパゲティ」

無芸作 エビとキノコのカレークリームスパゲティ

それだけだと飽きちゃうから、「エビとキノコのカレークリームスパゲティ」も作って添えました(*≧∀≦*)

ようやく6月分のアップ完了。゚(´^o^`)゚。 なんだかゴールラインが何時までも縮まらないなぁ~(_ _|||)
 

無芸の朝スパ

暫く掃きだししていなかったなぁ~と気付いた「無芸の朝スパ」です。 私的備忘録ではありますが、作るほどにお店で頂くプロの技を思い知らされるばかりです(^◇^;) 素人が近づけるはずもありませんが、家事手伝いを兼ねて継続中です。

「無芸作 鶏肉と春キャベツ、シメジのカレークリームスパゲティ」

無芸作 鶏肉と春キャベツ、シメジのカレークリームスパゲティ

4月初旬の記録なので、まだ春キャベツの時節でした。 とにかく春キャベツが甘くて美味しい♪( ☆∀☆)  キャベツが主役張れちゃうよ!

「無芸作 明太子とチンゲン菜のクリームソーススパゲティ」

無芸作 明太子とチンゲン菜のクリームソーススパゲティ

軽くした茹でして色止めしたチンゲン菜のほのエグ味が、なかなか良いアクセントになりました(*^-^*)

久しぶりに大手メーカー バリラの1.7mmを使ってみたら、望外のモチッとした食感に驚きました。  大手の底力ってありますね!(^o^;)

「無芸作 ジャージャー麺」

無芸作 ジャージャー麺

朝方、近場で写真撮影をしてからの朝食準備。 もう春の陽気で寒さも遠のいたので、久々の冷たい麺料理はココからスタート。

「無芸作 海老とキノコのトマトクリームスパゲティ 森林風」

無芸作 海老とキノコのトマトクリームスパゲティ 森林風

ベビーリーフを盛り込んだら、盛りに沈むパスタになった。゚(´^o^`)゚。

「無芸作 鳥とキノコのうどん」

無芸作 鳥とキノコのうどん

冷たいとろろ蕎麦にウズラの卵がいいなぁ~と思って買い求めて来たのですが、さすがに10個も食べられませんので、うどんに落としてみたら、汁との相性が抜群なのね! 驚いたわぁ~(^o^;) 惚れちゃいそうww

たけやさんのいなりとのり巻き

お供にしたのは地元の名店「たけや」さんのいなりとのり巻きです(*^▽^*)

「無芸作 海老とキノコのトマトクリームスパゲティ&バゲットサンド」

無芸作 海老とキノコのトマトクリームスパゲティ

久しぶりに帰省していた娘を就学先に送り出す前の朝食。

無芸作 バゲットサンド

バゲットサンドなんてめったに作らないから、

「こんな感じで美味しいかな?」

って、想像しながら作りました(;・∀・)

「無芸作 ボンゴレロッソ」

無芸作 ボンゴレロッソ

自分で言うのもなんですが、絶妙の塩味に収まり、アサリからの旨味とトマトソースの瑞々しさとフルーティーさ、酸味や甘味など、バランス良く決まりました!

「無芸作 そら豆と生ハムのペペロンチーノ」
「無芸作 そら豆のポタージュ」
「無芸作 新玉ねぎと完熟トマト、喜多方アスパラのサラダ」


無芸作 そら豆と生ハムのペペロンチーノ

同業の先輩から、そら豆一箱の大盤振る舞いを頂きましたので、今年もそら豆を満喫させて頂きました♪(〃∇〃)

ペペロンチーノは、短めに塩茹でしたそら豆を炒めたら火を止めて、湯で上がったスパゲッティーニに煮汁を少々、カットした生ハムと共に和えるだけです。

生ハムからの塩味と旨味にパスタの湯で汁だけで、ほぼ塩味は賄われ、最後の一塩にクレイジーソルトを少し振るだけ。

無芸作 そら豆のポタージュ

そら豆のポタージュは、もう何回も作っているので、ネット情報を引かなくても、直感の分量でほぼ思った味に仕上げられるよえになりました。

無芸作 新玉ねぎと完熟トマト、喜多方アスパラのサラダ

ボクにしては珍しく、自発的にサラダまで用意したのは、買い出しに行った先で大きな新玉ねぎを思わず買い物ガゴに入れちゃったから( ̄▽ ̄;)

真っ赤に完熟したトマトが、

「これで決まりでしょ!」

って語り掛けていた気がする(^o^;)  今年は不作と言われた喜多方産のグリーンアスパラを添えて。  充実の朝食でした(*≧∀≦*)

「無芸作 生ハムとそら豆のトマトスパゲッティーニ」

無芸作 生ハムとそら豆のトマトスパゲッティーニ

そら豆美味しい♪(ノ´∀`*)  ほんの少しのエグ味の美味しさが分かる年齢になってきました。

「無芸作 ペンネのトマトのミートソース」
「無芸作 冷製ヴィシソワーズと三種のオープンサンド」


無芸作 ペンネのトマトのミートソース

この日は蒸し蒸しとした暑い日で、朝撮りに出掛けるモチベーションも上がらず、惰眠を貪りのんびり朝食作りでした( ̄▽ ̄i)ゝ

無芸作 「冷製ヴィシソワーズ」と「三種のオープンサンド」

調理中に暑さに負けて、いよいよエアコンに電源投入。 はぁ~~~、快適だぁ~♪(〃∇〃)

かなり端折ってようやく5月分まで辿り着きました。゚(´^o^`)゚。 忘れないようにしなくっちゃ・・・ 

無芸の朝スパ

このところ写真撮影に集中したり、ふくしまラーメンショーがあったりで、2月から「無芸の朝スパ」が停止したまんまでした(;^ω^) 私的備忘録ではありますが、3月までの記録を挙げておきます。

「無芸作 明太子のマスカルポーネチーズのクリームスパゲティ」

無芸作 明太子のマスカルポーネチーズのクリームスパゲティ

まあ実を言いますと、この朝スパはお供のようなものでして、この朝の主役はコチラでした( ̄▽ ̄i)ゝ

「無芸作 サツマイモのポタージュ」

無芸作 サツマイモのポタージュ

年末に頂いていたベニアズマを美味しく成仏して貰う為に、初めて作ったサツマイモのポタージュです。 ポタージュスープの作り方のプロセスはそんなに変わらないのでしょうけど、毎回新発見ばかりです。 美味しかった(〃∇〃)

「無芸作 スパゲッティ・クリーミー・ミートソース」

無芸作 スパゲッティ・クリーミー・ミートソース

最近はミートソースをフライパンであおり絡めて頂くより、クラシカルな別炒めスタイルが気に入ってます。 生クリームと粉チーズのダブルで、とっても美味しく頂けました(ノ≧ڡ≦)

「芸作 エビとキノコのトマトクリームソース・スパゲッティ」

無芸作 エビとキノコのトマトクリームソース・スパゲッティ

冷凍エビのお陰で、いつでも気軽に作れますが、ここ2年位でしょうか、エビはどんどく小さくなり、価格も右肩上がりが止まりませんね。

産出国の様々なリソースを商品に転換して頂いている身としては、文句を言える立場にはございませんが・・・

「無芸作 ナポリタン・ハンバーグ」

無芸作 ナポリタン・ハンバーグ

太めの1.9mmの国産スパゲティをモッチモチになるように茹で上げ、哀愁のナイデンテで頂きました。

調理時間の都合上、ハンバーグは市販品なのはご愛敬。 マスカルポーネチーズを載せてやると、俄然ハンバーグがヤル気を見せますよ(*^▽^*)

「無芸作 鶏団子と揚げ茄子のつけそば」

無芸作 鶏団子と揚げ茄子のつけそば

温かい汁に冷たく締めたそばが、なかなか美味しい季節でした。

「無芸作 麻婆茄子」

無芸作 麻婆茄子

冷食の乱切り揚げ茄子のポテンシャルを確かめてみたくて作ってみました。 結果上々(*>∇<)ノ 冷食侮り難しですねw( ̄▽ ̄;)w 何せ油で揚げる手間が省けるから、気軽に作れちゃう。

麻婆餡は豆板醤と甜麺醤、オイスターソースに鶏ガラスープなどでちゃんと作りましたので、自分の味覚に馴染む味わいに仕上がりました。

「無芸作 菜の花とアサリのアーリオオーリオ」

無芸作 菜の花とアサリのアーリオオーリオ

千葉県産の菜の花に熊本県産のアサリで、ちょっと細目のスパゲッティーニで作りました。 塩分はほぼパスタの茹で汁のみですが、これ位が菜の花の風味を損ねないで楽しめるかも。

「無芸作 トマトたっぷりのミートソース」

無芸作 トマトタップリのミートソース

平日の朝ご飯なのに、朝からミートソースを作っちゃったオレ(;^ω^) パッサータを多目に入れて、トマトのジューシーさや酸味が活きる味にチューン。

「無芸作 茄子のミートソースフイットチーネ」

無芸作 茄子のミートソースフイットチーネ

一晩冷蔵庫で寝かせたミートソースをちょっと手直しして、生クリームと粉チーズで濃厚クリーミーに仕立てました。

「無芸作 鶏挽肉とキノコの和風スパゲティ」

無芸作 鶏挽肉とキノコの和風スパゲティ

ニンニクと生姜のみじん切りをオリーブオイルで香りを引き出し、輪切り唐辛子にも軽く火を入れます。 鶏挽肉を加えて粗挽き黒胡椒と少量の塩をふって炒め、大体火が通ったところで玉ねぎを追加、半透明になったら、シメジとエノキダケも加えます。

炒め続けて日本酒を加えて、マギーブイヨンを溶かし、カエシで下味を付けておきます。 茹で上がったスパゲティを加えて、バターと共に混ぜ合わせ、味決めの返し縫いを加えたら、水菜の茎の部分も入れてあおり混ぜて完成。

お皿に盛り付け、水菜の葉、小口ネギ、糸切り唐辛子を散らしました。  オイリーさがなくて、軽めの仕立て。

「無芸作 生ハムとほうれん草のクリームスパゲティ」

無芸作 生ハムとほうれん草のクリームスパゲティ

先輩ご夫妻のスペイン旅行のお土産に頂いた、現地調達の生ハムと、ご近所様の家庭菜園からのお裾分けほうれん草で作りました。

もうね、生ハムからの旨味だけで、全部美味しくなっちゃう!( ☆∀☆) 凝縮された肉の旨味がとてもディープで、塩味にまとわりついてくるような甘味を帯びた旨味の二重奏に、ほうれん草の瑞々しさや、ほんのりとしたエグ味がちゃんとマッチしてました( 〃▽〃)