無芸の朝スパ

二月ぶりの私的忘却禄。 桜の撮影の時期を挟んでいるので、点数は少な目ですが、時の移ろいで忘れてしまいそうなので、フォトストックからヨッコラショ!と引き出してみます。

「無芸作 ベーコンとソラマメのトマトソース・スパゲッティー」

無芸作 ベーコンとソラマメのトマトソース・スパゲッティー

丁度ソラマメの節を迎えると、毎年同業の先輩ご夫妻がご実家の畑まで出向いて収穫・発送してご馳走して下さる、ありがたぁ~~いソラマメを今年も頂戴しました( *´艸`)

「無芸作 ソラマメの冷製スープ」

無芸作 ソラマメの冷製スープ

今年はソラマメの冷製スープにも挑戦してみましたよo(*^^*)o 都合2回作ってみたら、ボクの手が遅いので多少時間は掛かりますけど、手順自体は極めてシンプルで、味決めも二回目はほぼ思い通りに収まりました。 アスパラガスがお安くなったら、それもやってみたいな♪

「無芸作 明太子のクリームスパゲッティ」

無芸作 明太子のクリームスパゲッティ

ベビーリーフも添えて、程良いクリーミーさと後味の良さを。 明太子は多少残しておいて、後載せトッピングにすると、鮮度が加わってより美味しいと思います。

「無芸作 ブラウンマッシュルームのスパゲッティ・ミートソース」

無芸作 ブラウンマッシュルームのスパゲッティ・ミートソース

思い切りスタンダードな「スパゲッティ・ミートソース」です。 自宅の冷蔵庫には生のブラウン・マッシュルームがストックしてあったので、水煮の缶詰ではなくコチラを使ったのですが、もうミートソースはレトルト製品などは使う気になれないくらい、手作りの方が美味しいですし、自分の好みに仕立てられますもんね( *´艸`)

「無芸作 ホタルイカのトマトソーススパゲティ 川内村のバジル風味」

無芸作 ホタルイカのトマトソーススパゲティ 川内村のバジル風味

写真撮影の帰りに鳩スーパーで食材調達をしたら、立合い販売のおばちゃまからホタルイカをゴチになりました。 朝スパの食材を探して店内を物色したのですが、ホタルイカの後味の余韻が良すぎて、おばちゃまのところへと再巡回ww

青果コーナーに福島県川内村産のバジルをゲットん♪ 序でに茄子とぶなしめじも入れちゃう( 〃▽〃) トマトソースとオリーブオイルが巧い具合に乳化して、クリーミーさがありながら、後味はトマトの酸味でサッパリと。 これは美味かった( *´艸`)

「無芸作 ナポリタン・ハンバーグ」

無芸作 ナポリタン・ハンバーグ

良く覚えていないんだけど、フォトストックから発掘した写真( ̄▽ ̄i)ゝ ハンバーグがレトルトなので、多分お昼の宅食で賄った一皿だと思います。

「無芸作 鶏肉とブラウンマッシュルームのクリームスープスパゲティ」

無芸作 鶏肉とブラウンマッシュルームのクリームスープスパゲティ

確かコレも朝方に写真撮影に出掛けた帰りに、鳩スーパーの店内を徘徊して食材アタリで考えて作ったやつだと思います。 何か中途半端な感じだから、店内徘徊の挙げ句、困り果てて妥協したのではないかと思われ・・・

「無芸作 エビときのこのカレークリームスパゲッティー」

無芸作 エビときのこのカレークリームスパゲッティー

ベビーリーフ、パプリカ、グリーンアスパラなども盛り込んで、春休みで帰省中だった娘が、少しでも目を楽しませてくれるように誂えました( ̄▽ ̄;)ゞ 

無芸の朝スパ

今年初の「無芸の朝スパ」です。 家族限定の「無芸庵大食亭」の忘却禄です。

「無芸作 雪下キャベツのアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ」

無芸作 雪下キャベツのアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ

先週、朝撮りの帰りに「道の駅 いなわしろ」で見つけた、猪苗代町産の「雪下キャベツ」を、帰宅後速攻で調理しました。 「雪下キャベツ」は一口大にカットして、芯の部位、葉厚のある部位、葉先の順に時間差下茹でして、アーリオ・オーリンの香りが引き出されたところで投入。 スパゲッティは当然の細目のスパゲッティーニです。

シンプルな調理に徹したので、「雪下キャベツ」の甘味が良く引き出せて楽しめました(o^-^o)

「無芸作 ツナとフレッシュ・マッシュルームのトマトスパゲッティ」

無芸作 ツナとフレッシュ・マッシュルームのトマトスパゲッティ

かみさんが「フレッシュ・マッシュルームがお得だった♪」と落手して来てたので、あり合わせでツナスパに組みました。 間違い無しの組合せΨ( ̄∇ ̄)Ψ オリーヴ・オイルを仕上げに掛け回すと、サッパリテイストに、オリーヴオイルの香りとネットリ感が加わってヨロしいです。

「無芸作 エビチリヒース煮」

無芸作 エビチリヒース煮

かみさんが買い物先から「ブラックタイガーが1尾10円だっ!」って連絡が来たので、買い求めて来て貰い、夕食に作ったエビチリソース煮です。 2人で食べるには多すぎたΣ(゜▽゜;)

「無芸作 明太子のクリームスパゲッティ 庭園風」

無芸作 明太子のクリームスパゲッティ 庭園風

いつもの明太子のクリームスパゲッティに、パプリカやベビーリーフをあしらって、色鮮やかに仕立てました。

「無芸作 鶏蕎麦」

無芸作 鶏蕎麦

出汁マイスターのヒミツの出汁で美味しい出汁を引いて、鶏モモ肉とエノキダケで少し甘めに仕立てます。 これが堪らなくウマくって、食材が揃えばチマチマと作っています( *´艸`)

まだまだあるので、ご興味がある向きには「続きを読む」からご覧下さい。 
続きを読む

無芸の朝スパ

紅葉の写真撮影が終わり、ここ一月半ほどは、日曜日は大人しく自宅で朝を迎えています。 そんな訳で、「朝スパ」の記録がたまってきたので、この辺で一度出しちゃいます( ̄▽ ̄i)ゝ

「無芸作 スパゲッティ・ミートソース」

無芸作 スパゲッティ・ミートソース

まあ、何の変哲もないっていうか、お手軽簡単メニューな訳ですが、昔は市販のミートソースに手を加えて好みに仕立てていたのが、今では最初から手作りしないなら最初から食べないって自己法則が出来ちまいました( ̄▽ ̄i)ゝ 我ながらメンドっちぃ~ヤツだなww

仕事柄、試飲で開けるワインは使い放題ヽ( ̄▽ ̄)ノ 価格や銘柄にはこだわらないで、手近にあるやつを「美味しくなぁ~れ、美味しくなぁ~れ♪」と流し込みます。

お安いスパゲッティなんですが、国産の「ボルカノ」が意外とイイんですよ。 モッチリとした弾力を楽しませてくれる秀逸なやつ。 ソースを絡めて頂くような時には、これをよく使います。

「無芸作 ざるつけ肉うどん」

無芸作 ざるつけ肉うどん

出汁マイスターの魔法の砕け出汁から引いた、濃厚な旨味あるだし汁に、野菜やキノコ、油揚げなどと共に豚シャブ用の柔らかい薄切り肉を合わせました。

細うどんは乾麺ですけど、まるで稲庭みたいにツルッとした滑らかな舌触り。 流水締めして、海苔をあしらったら、なかなかの相性でした(^ー^)

「無芸作 エビとキノコのトマトクリームスパゲッティ」

無芸作 エビとキノコのトマトクリームスパゲッティ

もうすっかり手慣れたバリエーション。 ベビーリーフで取り囲むように盛り付けたら、なかなかの見栄えの良さでした。

「無芸作 キノコのパプリカを添えたツナトマトスパゲッティ」

無芸作 キノコのパプリカを添えたツナトマトスパゲッティ

これは確か平日の朝ゴハンに作ったやつです。 冷蔵庫を漁ってたら、何となくこうなったww トマトピューレの瓶入りを常備していると、何かと便利に使えます。

「無芸作 スパゲッティ・ミートソース クリーミー仕立」

無芸作 スパゲッティ・ミートソース クリーミー仕立

合挽き肉にニンニク、玉ねぎのみじん切りを塩コショウして炒め合わせ、赤ワイン、ポートワイン、トマトビューレ、ドライハーブ、輪切り唐辛子と共に煮込み、デミグラスソースとウスターソース、ケチャップを適量で調味してます。

茹で上がったスパゲッティは、ソースと共に軽く火入れして、しっかりとソースを馴染ませます(*^^*) ドライパセリと生クリームを掛けて出来上がり!

「無芸作 ベーコンのトマトソース・スパゲッティ」

無芸作 ベーコンのトマトソース・スパゲッティ

お気に入りのトマト・ピューレが程良いお足で売ってたので、ちょいと買い溜めしておきましたよ( ̄▽ ̄i)ゝ 冷蔵庫を漁ったら、赤パプリカも見つけたので、トマトソースと共にフルーティーな甘味の二重奏でした(o^-^o) それにしても、国産ニンニクの価格が高止まりしていますなぁ~( ̄▼ ̄|||)

「無芸作 鶏きのこそば」

無芸作 鶏きのこそば

この朝の「無芸庵大食亭」は、朝の撮影行から帰宅してからだったので、食べ終わったらもうお昼になっちゃってました(。^。^。)ゞ

手早く作っちゃった「鶏きのこそば」です。 でも誤魔化し無しで出汁マイスターの秘伝・砕け節を煮出して、煮切り酒やみりんも使って、美味しい感じに出来ましたよ♪ えのき茸、ブナしめじはだし汁と共に煮て、舞茸の天ぷらも調達しちゃったよヽ( ̄▽ ̄)ノ
 

無芸の朝スパ

そろそろ晩秋の食卓になり始めましたので、初秋からの日曜の朝スパですΨ( ̄∇ ̄)Ψ

「無芸作 ベーコンときのこのトマトソース・スパゲッティ」

無芸作 ベーコンときのこのトマトソース・スパゲッティ

生マッシュルームがお得に落手出来たので、拍子切りのバラベーコンと共に、トマトソース仕立てのスパゲッティにしました。

「無芸作 豚バラ大根」

無芸作 豚バラ大根

お野菜高騰の折、北塩原に写真撮影に行った先で、農家さんの直売所で採れたて新鮮なお野菜を落手してきました。 が、夫婦二人で食べるには、正攻法ではなかなか減らないΣ(゜▽゜;) そこで、大根を美味しく頂く手として、豚バラ大根を作りました。 初めて作ったけど、何とか美味しくまとまるものです(*^▽^*) 野菜のポテンシャルに感謝です!

「無芸作 秋鮭ときのこ、栗のクリームスパゲッティ」

無芸作 秋鮭ときのこ、栗のクリームスパゲッティ

鮭のハラコも買って来ようかと思ったら、あまりの高さに意気消沈(ノд`@) もう以前みたいに1本買いしてイクラごはんをガツガツとかっ込むなんてのは、遠のきましたね(´・ω・`)ショボーン

でも秋鮭の美味しさは変わらないんだな。 先週拾ってきて茹でて置いた栗も一緒に合わせちゃった♪ 秋鮭、キノコ、栗と秋の味覚を一皿に。

「無芸作 エビとキノコのカレークリームスパゲッティ」

無芸作 エビときのこのカレークリーム・スパゲッティ

ストックしていたエビが、ダイアリーを迎えたので、どっと全部入れちゃった(;´∀`) お陰でエビまみれのゴージャス版になりました。 オランダやニュージーランド産のパプリカがお手頃になっていて嬉しい(ノ´∀`*)

「無芸作 ツナトマトスパゲッティ」

無芸作 ツナトマトスパゲッティ

二人前でトマト缶一つ使ったので、トマトソースはタップリ♪( 〃▽〃) セルフィーユが売ってなかったので、ベビーリーフで代用したら、かえって彩り豊かになって良かったな( *´艸`)
 

無芸の朝スパ

そろそろ記憶が曖昧になりそうなので、この辺でちょいと纏め挙げしとおきます。 夏から初秋編です。

「無芸作 ジャージャー麺」

無芸作 ジャージャー麺

まだ暑さ厳しき折の作。 今年はキュウリの頂き物がとっても多かったなぁ~ もう冷蔵庫の野菜室が夏野菜で溢れそうでした(@・艸・;) そんな訳で、キュウリが美味しく頂けるジャージャー麺です(o^-^o) 麺は例によって、東洋水産の「東池袋大勝軒のつけ麺」の生麺です。 相変わらずこの手の麺としては、なかなかイケる方だと思います。

「無芸作 自家製麺 工藤の太麺で作ったソース焼きそば」

無芸作 自家製麺 工藤の太麺で作ったソース焼きそば

地元の人気店「自家製麺 工藤」さんからつけ麺用の麺を分けて頂きましたヽ( ̄▽ ̄)ノ 強靱な歯応えと小麦粉の風味豊かな太麺で、ソース焼きそばを仕立てたら、あまりに麺のコシが強くって、顎が疲れ果てましたww

「無芸作 エビと茄子とキノコのトマトスパゲッティ」

無芸作 エビと茄子とキノコのトマトスパゲッティ

ミニトマトがベラボウに安かったので大人買いしてトマトソースから作りました。 思ったよりも甘味が強くて、ソースにするには酸味が物足りなかったのは残念でしたが、フレッシュトマトの良さは楽しめました。

「無芸作 冷やしぶっかけうどん」

無芸作 冷やしぶっかけうどん

残暑の盛りの頃、カイワレや晒しネギをたっぷりと盛って頂く細うどんもなかなか乙なもんです。

「無芸作 鶏肉とキノコの和風スパゲッティ」

無芸作 鶏肉とキノコの和風スパゲッティ

鶏モモ肉とブナシメジ、玉ネギ、輪切り唐辛子をオリーブオイルで炒め合わせ、出汁醤油と仕上げにゴマ油で香り付け。 晒しネギとカイワレ、刻み海苔に七味唐辛子で彩りました。 出汁醤油ってステキ♪(〃∇〃)

「無芸作 鶏漬けそば」

無芸作 鶏漬けそば

残暑が長引きながらも、夜は少し涼しくなってきた頃でした。 丁度、夏から秋へのバトンが渡る頃、冷たい麺に温かい漬け汁が一番美味しく感じられます。

「無芸作 スパゲッティ・ミートソース」

無芸作 スパゲッティ・ミートソース

敢えて昔風にスパゲッティをパセリと共に炒めて、トマトソース仕立てのミートソースを上掛けしてみました。 サッパリとした味に仕上がったなぁ~

「無芸作 エビのトマトクリームスパゲッティ グリーンアスパラ添え」

無芸作 エビのトマトクリームスパゲッティ グリーンアスパラ添え

すっかり秋の様相になって来た頃の作。 パプリカとグリーンアスパラで彩りを添えてみました。 トマトソースに生クリームの組合せは王道。

「無芸作 ビーフシチュー」

無芸作 ビーフシチュー

市販の味が整えられているビーフシチューのルーではなく、市販のデミグラスソースから作ってみました。 好みの味にイジれるので面白いですね(*^▽^*)

「無芸作 ベーコンとマッシュルームの和風スパゲッティ」

無芸作 ベーコンとマッシュルームの和風スパゲッティ

マッシュルームと厚切りベーコンで作りましたが、その色味の通り、ちょっと味を濃くし過ぎました(>▽<;; ベーコンと仕上げのバターの塩味も加わっちゃったもので・・・ まあ、極希に失敗します( ̄▽ ̄i)ゝ