みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

盆休み明け最初のランチは、やっぱり「みたか食堂」さんからスタートです(*>∇<)ノ まるで梅雨に逆戻りしているような陽気ですので、冷たい麺料理でなくてもOKでしょうΨ( ̄∇ ̄)Ψ

「半かつ丼 (850円)」

みたか食堂 半かつ丼

お久しぶりのカツ丼♪(〃∇〃) 最近覚えたご飯減量バージョンの「半かつ丼」を所望しました。

のですが・・・(;゚д゚)ポカーン

えぇ~~っと( ゚д゚) ・・・ (つд⊂)ゴシゴシ (;゚д゚) ・・・

みたか食堂 半かつ丼

なんだか相変わらずの“ハミ丼”なのね?Σ(゜▽゜;)

見事に蓋が浮きまくっていて、視覚的に“減量感”が全く感じられないww これもまたインスタ映えってヤツですか?ヽ( ̄▽ ̄i)

オ~プン・ザ・蓋ぁ~~~!!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

みたか食堂 半かつ丼

丼の大きさをナメてますねww 相変わらず卵とじにされたアタマが、蓋のカタチに整形されているし。 でも確かにその標高は低くなっています。

ごはんは減量されていると言っても、並大抵の食堂かつ丼を、軽々と凌駕するボリュームなのは想像に難くないでしょう。 アタマの大きさは普通盛りと同じですので、アタマのバランスが一段と冴えています(>▽<)b

みたか食堂 半かつ丼

カツオ節の出汁の旨味に、甘味にアクセントのある美味しいカエシの効いた丼ツユで、アメ色っぽく煮込まれた玉ネギと、衣までしっかりと染み入った美味しさは格別です。 またしっかり火入れの溶き卵にも、丼ツユの美味しさが染み入っていて、頬張るほどに口福を味わえますよ(((*≧艸≦)

みたか食堂 半かつ丼

やや濃い目の丼ツユに少し飽きたら、ラーメンスープをベースにしたワカメスープや、みたか農場産のキュウリの浅漬けなんぞで口直し。 あんなに山盛りだったカツ丼ですが、確かにご飯の量が抑えられているので、終盤に

「も、も、も、もう食えねぇ~かも・・・ヽ(´Д`;)ノ」

って切迫したところに至る前に、美味しく完食し切れますよ(o^-^o)




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る
 

支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

家内を連れて日曜日は通し営業になっている「支那そば 墨家」さんへ参りました。 家内はここの冷や中が好きでしてね。 ここに誘ってNOと言う事はまずありません(o^-^o)

「W餃子 (10個・500円)」

墨家 W餃子

家内が一緒なので、迷わず所望しました。 5個・280円が一人前ですが、二人前となる「W餃子」は60円もお得になります♪(〃∇〃)

羽根付きや焼き餃子ですが、勿論自家製です( *´艸`) 一口で頂けるサイズで、滑らかな餡はニンニクの香り穏やかで、野菜の風味がしっかりと伝わって来ます。 下味も適度に付いていますが、タレを作って頂く方が合うと思います。

「和風ぶっかけ (650円)」

墨家 和風ぶっかけ

“夏メニュー”として季節限定で提供中の「和風ぶっかけ」を頂いてみました。 これがまたなかなかのHITで、伝家の宝刀・自家製細麺がベラボウに美味しく頂けちゃいました!(*>∇<)ノ

墨家 和風ぶっかけ

載せモノはシンプルに薬味系で纏められています。 揚げ玉と刻みネギ、そしてオクラと刻み海苔が麺の上に散りばめられています。

墨家 和風ぶっかけ

掛け汁は完全に蕎麦用の和風仕立てで、動物系脂質の油膜もありません。 カツオ節の出汁に二年醸造醤油を使ったカエシが合わせられており、カツオ節の豊かな旨味にやや甘めながら醤油の風味が印象的なカエシが見事にマッチしています。

墨家 和風ぶっかけ

別皿で供されるワサビとトロロを巧く使いながら、お蕎麦チックに楽しめる趣向です。 大旦那は経験豊かな料理人で、昔うどん店も経営していたことがあるくらいですので、まさに出汁やカエシはお手の物なのですねヽ(*’-^*)。

墨家 和風ぶっかけ

麺は冷や中にも使われている、ストレート細麺があしらわれており、茹で前の麺量で180gとなかなかのボリュームです。 キリッと冷水締めされた麺は、プツプツッとした軽快な歯切れの食感と共に、鼻腔に小麦粉の香りも伝えて来ます。

細麺ならではのスープの絡みの良さで、麺を手繰る毎に美味しい和風出汁の効いたスープで口中が満たされます(>▽<)b シンプルだけど、これは美味しい! 蕎麦では感じ得ない、小麦粉ならではの確かなコシを感じさせる麺の底力も魅力的ですね。

真夏の暑さにヤラれて、食欲が湧かない時には是非とも思い出してみて下さいヾ(^▽^*




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【昼の部】11:00~16:00 【夜の部】17:30~20:00 【日曜日】11:00~20:00
      ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど


 

紅焔酒家 光華 ~福島県郡山市朝日~

台風5号が思い切り長居をしていた頃の事です。 何とも蒸し暑い中の立秋を迎えました。  そんな夕刻、配達帰りに遅いランチをどこで摂ろうかと考えていたら、

(そうだ! 旨辛麻婆丼が食べたくなったΨ( ̄∇ ̄)Ψ)

と、言う事で「紅焔酒家 光華」さんに立ち回る事にしました。

「麻婆丼・四川 (840円)」

光華 麻婆丼・四川

例によって、カプサイシン満点の辛ぁ~い煙を立てながら、手際よく調理された麻婆丼です( *´艸`) あぁ、これはボクにとってはヤミツキ麻婆丼なんだな♪

光華 麻婆丼・四川

適度にラー油浮きしていますが、花椒もバラッと散らされていて、旨口タイプながら麻辣テイストも華やかなメリハリのある味わいです。

光華 麻婆丼・四川

旨味と甘味、麻辣テイストにプルンと滑らかなお豆腐が、強めのとろみで纏められています。 勿論ご飯にバッチリ纏わり付いて、そりゃあもう美味しいのなんのって♪(〃∇〃)

光華 麻婆丼・四川

共添えのプレーンなスープを時折口に含んで、味覚をリセットしながら頂くと、無限に美味しさのループが楽しめそうです(ノ´∀`*)

光華 麻婆丼・四川

お駄賃に杏仁豆腐をご馳走になりました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ 優しいシロップの甘味で、旨辛麻婆豆腐の後味をスッキリとさせて頂きましたよ(>▽<)b ご馳走様でした!




紅焔酒家 光華 (こうえんしゅか こうか)
福島県郡山市朝日1-20-30ロンパイスビル1F
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】18:00~22:00
定休日;日曜日
駐車場;ビルの共用スペースに3台分、ビルの北側に共用スペース2台分


 

中国飯店 なるき ~福島県郡山市富久山町~

今年の梅雨明けは8月2日とかなり遅れましたが、僅か5日後には立秋を迎えて「残暑の候」となってしまいました(^◇^;) まあ梅雨明けがあっただけでも良かったですかね? キモチの上でね(;^ω^)

梅雨明けすぐには、カラッとした爽やかな夏の日もありました。 そんな折でしたので“祝!梅雨明け”の冷や中を頂きに「中国飯店 なるき」さんへと出掛けましたよ♪ 

中国飯店 なるき

現存する市内の中国料理店の中では、かなり老舗の域になっているこのお店は、最も古典的な“昭和の冷や中”を楽しませてくれます。

「冷し中華 大盛 (880円+100円)」

中国飯店 なるき 冷し中華 大盛

彩り良く散らされた具材の下には、モリモリの中細ストレート麺が積まれています( *´艸`) 並盛りでも茹で前で180gくらいの麺量だったと聞いた記憶がありますが、自家製麺の啜り心地の佳さに誘われて“大盛CALL”を掛けてしまいましたO(≧▽≦)O

中国飯店 なるき 冷し中華 大盛

冷や中スープは程良く醤油ダレの効いた甘酢仕立てで、ゴマ油の香りは少し控え目。 何よりも特徴的なのが、コショウの辛味でディテールが引き締められていること。 このスタイルに引き寄せられるご贔屓のファンも多かろうと思います。

中国飯店 なるき 冷し中華 大盛

古典的な昭和の冷や中って事で、マヨネーズは最初から想定されていません。 その代わりと言っては何ですが、溶きカラシがたっぷりと載せられて参ります。 簡単に冷や中スープに溶け込む溶きカラシで、時折ツンと来るほどの辛さに悶えながら麺を手繰るのも、また楽しいものです(〃∇〃)

中国飯店 なるき 冷し中華 大盛

載せモノには短冊切りのハム、ナルト、千切りのキュウリにゴマ油と塩コショウで味付けのされた茹でモヤシ、技の冴えを垣間見せる極薄の錦糸卵と紅ショウガです。

中国飯店 なるき 冷し中華 大盛

やはり白眉はこの自家製麺! やや加水率低めのストレート中細麺は、やや長めに茹でられたあと、念入りに洗い締めされます。 ツルッとした麺肌の舌触りで、たっぷりと冷や中スープを持ち上げてくれます。 噛めば芯にコシを感じる噛み応えがあり、望外のプリッとした食感も楽しめますよ♪




中国飯店 なるき
福島県郡山市富久山町久保田愛宕86
電話;024(932)9642
営業時間;11:30~21:30
定休日;月曜日・第1火曜日


大きな地図で見る
 

支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

お天気はぐずついていても、湿度の高さでヤラれてしまう蒸し暑さです。 やっぱりそうなると、ついつい欲してしまうのは冷や中です( *´艸`) 市内でボクの好きな冷や中の、いつも上位に君臨する「支那そば 墨家」さんのを頂きに参りましたo(*^^*)o

「サラダ風冷やし中華 (800円)」

支那そば 墨家 サラダ風冷やし中華

遠慮なく“マヨ増しCALL”をさせて頂いたら、

「カラシ増しは良いのですか?σ( ̄、 ̄=)」

と尋ねられました(〇o〇;)

(あっ、そんなのもアリなんだぁ~σ(゚・゚*))

と考える暇も無く、即答でノリしましたww

って事で、今回は“マヨ・カラシ増し”となります.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

支那そば 墨家 サラダ風冷やし中華

確かにカラシが2倍くらいに増量されているっスね♪((*゚゚∀゚゚*)) 冷や中スープにサッと溶け馴染んでくれる、溶きカラシが何気に嬉しいです。

支那そば 墨家 サラダ風冷やし中華

千切りキャベツと千切りレタスの上に絞られているマヨネーズは、確かにデフォの倍以上(>▽<)b 低カロリータイプでクリーミーなヤツです。 これくらいマヨがあると、心豊かにマヨ味を堪能出来るってもんです♪

支那そば 墨家 サラダ風冷やし中華

自慢の柔らかチャーシューは、脂身を巧く交わしているので、キリッと冷やされた冷や中の上でも、脂質が固化する事無く美味しく頂けます。

支那そば 墨家 サラダ風冷やし中華

新鮮野菜の千切りキュウリ、櫛切りトマト、前述の通りの千切りキャベツに千切りレタス、更にはワカメも居るのですが、これが意外と冷や中スープに違和感無くマッチしちゃいます。 まさに「サラダ風冷やし中華」の面目略如ですねヽ(*’-^*)。

支那そば 墨家 サラダ風冷やし中華

麺は自家製ストレート細麺。 この麺がまた冷水締めされると良く映えるのですΨ( ̄∇ ̄)Ψ ザクッとした歯切れの食感は、この麺線の細さでもコシの強さがあってこそです。

ゴマ油の芳醇な香りと、甘酢の程良く効かされた醤油味の冷や中スープは、濃すぎること無くそのまま美味しく飲んでしまえそう。 細麺がたっぷりと冷や中スープを口の中まで運び上げてくれるので、冷や中スープの濃度が抑え目でも丁度良く味わえます。 加えてマヨネーズの濃厚さが加わりますので、とっても充実した味わいを麺を手繰る毎に愉しめますよ♪




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【昼の部】11:00~16:00 【夜の部】17:30~20:00 【日曜日】11:00~20:00
      ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど