FC2ブログ

支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

ちょっと秋風が心地好くなって来ましたので自然派漆黒ラーメンで人気の支那そば 墨家」さんを訪問しました(﹡ˆᴗˆ﹡)

「支那そば (720円)」

墨家 支那そば

勿論、決め打ちで漆黒ラーメンですよ♪ もうね香り立ちを感じているだけでもう“味わい”が味覚神経に伝達されているのか、口中に唾液が湧いてくるのですよ。゚(´^o^`)゚。

墨家 支那そば

青森シャモロックをメインに地鶏りから引かれる出汁に、鰹節の厚削りなどが加えられる自然派スープは想像を超える旨味の凝縮度があり、ほんのりと甘みとビターさを漂わせるほどです。

墨家 支那そば

素晴らしく濃密な濃口醤油の香り立ちと共に、チャーダレブレンドの醤油ダレ自体の旨味の凝縮感も期待通りですΨ( ̄∇ ̄)Ψ 両者の織りなす味わいには、全く無理なところが感じられず、ひたすら味覚を揺さぶられるような魅力にあふれています。

墨家 支那そば

圧力釜で炊かれるチャーシューは、スープの熱で温められると、箸で崩さぬように持ち上げるのはもはや不可能(;´∀`) バラチャーり脂身はトロットロに溶けて、舌の上には醤油の風味と塩味、甘みにビターさの混じったチャーダレの美味しさと共に満たされます(ノ≧ڡ≦)

墨家 支那そば

自家製低加水細麺のリズミカルな歯切れの食感と、漆黒スープに染められてくるほどに旨味も染み入る美味さは格別です(*^꒳^*)




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【平日】11:00~15:00 【土日祭日】11:00~16:00 ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど


 

支那そば 正月屋 ~福島県郡山市桑野~

残暑のぶり返しと秋の爽やかさがコロコロと入り交じる時節ですが、夜になればそれなりに涼しくなって来ます。 そんな時節に食べたくなるのが支那そば 正月屋」さんのこのメニューΨ( ̄∇ ̄)Ψ

「コク辛そば (900円)」 ※細麺選択

正月屋 コク辛そば 細麺

本格中華料理店の担々麺を押し退けて、ラーメン専業店の意地と技が光る逸品ですヽ(*’-^*)。 白ごまやラー油、山椒など、担々麺の韻を踏みつつ、オリジナル性を押し出した人気メニューです。

正月屋 コク辛そば 細麺

茹でられたモヤシと白菜、生ニラと刻みネギ、海苔、一週間掛けて仕上げられる柔らかメンマに豚バラ軟骨チャーシューが美しく盛り付けられます。

正月屋 コク辛そば 細麺

このバラ軟骨がとってもうまい(。´艸`。) コラーゲン分がプルルンとしていて、あばら肉のしっとりと柔らかくチャーダレがしっくりと染み入ります。

正月屋 コク辛そば 細麺

盛り付けた後に振りかけられるラー油が熱々スープで温められると、侮りがたいシャープなホットさが一気に活性します。 伊達鶏のベーススープに白ごまのナッティー&クリーミーさ、甘みと品の良い味噌の味わいが馥郁たる豊かな味わいで口中を満たしてくれます(ノ≧ڡ≦)

正月屋 コク辛そば 細麺

自家製麺は「太麺」が標準ですが、「支那そば」などに幅広く合わせられる「中太麺」や、「塩そば」に合わせられる「細麺」と、合計3種類の中から好みで選べます。

今回は細麺をリクエストしましたが、スープがたっぷりと絡んで麺を手繰る毎に口中にスープが満たされます。 低加水タイプらしく、ちょっとソリッドな歯触りが心地好く、しかも望外なほどに麺が伸びないのです! ここまで力強い麺だったか! 細麺作戦は大成功でした(﹡ˆᴗˆ﹡)




支那そば 正月屋 (FACEBOOK)
福島県郡山市桑野2-7-15
電話;024-935-6363
定休日;水曜日
営業時間;【昼の部】11:00~15:30 【夜の部】17:00~20:45 (L.O.20:30)
     【日・祝】11:00~20:30
駐車場;店舗敷地内に14台


 

中国飯店 なるき ~郡山市富久山町~

長く続いた残暑もそろそろ幕引きを迎え、初秋への橋渡しに食べたくなるアノ逸品を頂きに「中国飯店 なるき」さんを訪問しましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

「ジャジャーメン (1,090円)」

なるき ジャジャーメン

多分「ジャージャーメン(炸醤麺)」を郡山に最も早く紹介したのが、堂前にあった同店の初代の「中国飯店 なるき」さんだと思います。

その源流は川崎市の「中華成喜」です。 初代はそのお店の初代チーフでもありました(﹡ˆᴗˆ﹡) 独立暖簾分けで郡山市にお店を立ち上げたのです。 そんな歴史ある「ジャジャーメン」は、ボクにとっては味のお手本となっています。

なるき ジャジャーメン

ギュギュッと濃厚な甜麺醤の旨味とビターさを伴うコクに、甘じょっぱさが際立つ肉味噌餡(。´艸`。) 挽肉、椎茸と筍の水煮のシンプルな具材が、メリハリのある味わいで一体感を醸し出しています。

なるき ジャジャーメン

供添えされるスープは、シンプルに刻みネギが散らされているだけです。 豚げんこつと背ガラに香味野菜で炊かれたベーススープに、ほんのりと生姜の香り漂う醤油味。 汁なしのまぜそばスタイルですので、このスープ一杯がまたイイ味出しています(ノ´∀`*)

なるき ジャジャーメン

洗い締めされた自家製細麺に絡みまくって、麺を手繰る度にシアワセ♪(ノ≧ڡ≦) 辛味は無いので、お好み次第で卓上配置の自家製ラー油を注して頂くのも一興ですよ♪




中国飯店 なるき
福島県郡山市富久山町久保田愛宕86
電話;024(932)9642
営業時間;【昼の部】11:00~14:00 【夜の部】17:00~20:30
定休日;月曜日・第1火曜日
駐車場;店舗敷地内に20台


 

ラーメンハウス ブレーンバスター ~福島県郡山市富久山町八山田~

9月9日より月末までリフレッシュ休業となったラーメンハウス ブレーンバスター」さんです。 厨房機器のメンテナンスや人的なリフレッシュの期間は、きっと次なるフェーズに向けて重要な時間となってくれる事と思います。

ラーメンハウス ブレーンバスター

と、言うことで、10月1日の再開店までの間の約3週間、“ブレーンバスター・ロス”に苦しまないように、時間を遣り繰りして潜入してまいりました(〃艸〃)ムフッ

「フルアーマー おおば斗志雄 & 味付トマト (1,000円+100円)」

ブレーンバスター フルアーマー おおば斗志雄&味付トマト

この日は1日限りの限定メニューもあったのですが、この夏のシーズンメニューとして定着していた本作が未食のままでしたので、コチラを頂いてまいりました。

塩ラーメンをベースに大葉の爽やかな鮮味を加えた作品ですが、これが大ヒットとなっておりました。

「サラサライス (150円)」

ブレーンバスター おおば斗志雄用サラサライス

更に茶漬け風に頂くサイドメニューも追加しておきましょう♪ このスープを最後まで楽しみ尽くすには、是非とも加えておきたいってもんですΨ( ̄∇ ̄)Ψ

ブレーンバスター おおば斗志雄&味付けトマト

追加トッピングで「味付トマト」ってのが加わっておりまして、ビジュアル的な美しさも素晴らしく、これもまた外すことの出来ないアイテムでした。

牛骨& 鶏に鯖節やシジミなどをベーススープにしていたと思いますが、塩ダレも含めて極めてバランスの良い味わいに昇華されていて、味わいの一体感が素晴らしかったです(。´艸`。)

ミニトマトはビネガー漬けにされているようで、爽やかな酸味とトミニトマトのフルーティーさがより秀でて感じられます。 大葉は麺と一緒に啜り上げると、もう快楽的と言うほどの鮮味が口中に広がります。

ブレーンバスター おおば斗志雄&味付けトマト

「らぁ麺やまぐち」プロデュース『麦の香』は低加水細麺の張りのある歯触りがありながら、スープの旨味をちゃんと含んでくれますので、噛むほどに口福感が膨らんで来ます。 麺のポテンシャルだけが突出する事のない、素晴らしいマッチングですね。

ブレーンバスター おおば斗志雄用サラサライス

店主・関さんのお薦めに従い「サラサライス」にスープを入れて頂きました。 つぶし梅やワサビの新スープとの調和に、柿の種や塩おかきの塩味・辛味・香ばしさがアクセントになって楽しめましたよヽ( ̄▽ ̄)ノ

10月1日のリフレッシュ休業明けのラーメンハウス ブレーンバスター」さんがまた楽しみです(*´꒳`*)




ラーメンハウス ブレーンバスター
福島県郡山市富久山町八山田字土布池11-125 武田ハイツ101号 店内禁煙
営業時間;10:00~16:00 【喫茶営業】 14:00~16:00 ※材料が無くなり次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;4台 ※6台分のサブセットがあります。満車の際はお店の指示を仰いで下さい。


 

昼ふろや ~福島県郡山市安積町荒井~

Twitterのフォロワーさまより、「昼ふろや」にシーズンメニューの「冷たい黒支那」があった事を思い出させて頂き、提供終了前に何とかしなくっちゃ!と出掛けて参りましたヾ(^▽^*

そうしましたらね、これがまた一大事で、なんと黒支那シリーズに、新しいラインナップが誕生しておりました(゚∇゚ ;)エッ!?

迷う・・・ 激しく迷う・・・( ̄  ̄;) うーん

終了間際の「冷たい黒支那」か。 はたまたブランニューを早々に頂くべきか(。•́︿•̀。)うーん

ヨシ!決めた! 漆黒系の第3種目は早く食べてみたいぞ!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

「第3の黒支那 (800円)」

昼ふろや 第3の黒支那

その名の通り同店の看板メニュー「黒支那」に新しく加わった第3番めの新味です。 ベーシックたる「あさかのブラック」は鶏出汁に鰹節と鯖節をゴリッと利かせて、溢れ出んばかりの旨味を表現。 「ブラックバード」は鶏出汁オンリーとして、緻密な旨味にキレの良い後味と漆黒醤油ダレの強い旨味をストレートに表現しています。

昼ふろや 第3の黒支那

本作は動物系のベースを豚肉と豚足に求め、ニボシを加えて複雑味と味幅を広げた豚ニボシの黒支那です。 

昼ふろや 第3の黒支那

ニボシの旨味とたまり醤油&チャーダレの濃厚醤油ダレが出会い、キック力を感じる力強い味わいです。

昼ふろや 第3の黒支那

塩味と甘みの交錯する味わいに、香り高い醤油フレーヴァーのストラクチャーは圧倒的ですらあります(〃∇〃)

昼ふろや 第3の黒支那

麺は中太麺か細麺から選べます。 多分、どちらを選んでも美味しいことは間違いありませんので、食べ手の好みで決めれば良いと思います。 ボクは細麺指定でしたが、麺に漆黒スープが染み入った時の美味しさは、時間の経過とともに加速度的なものでしたよ(。´艸`。)




昼ふろや
福島県郡山市安積町荒井字林の越1-7
電話;024-946-2122
営業時間;11:30~13:30 ※夜の部の「食菜酒楽 Fu-Ro-Ya」営業準備の為、お休みを頂いたり早仕舞いもあります
定休日;やや不定ながら土・日曜日 ※Twitter(昼ふろや)にて情報発信中
駐車場;店舗前と裏に合計10台