FC2ブログ

路地ダイニング わさび ~郡山市中町~

ようやく年明けからの訪問記へと駒を進めます。 年明け最初の明けおめラ~は、郡山市の中心市街地にある「路地ダイニング わさび」さんからスタートですΨ( ̄∇ ̄)Ψ

路地ダイニングわさび

サービスで供される温かいスープで食道を開きながら、所望品が出来上がってくるのを待ちます。 それにしてもこのスープ、出汁を取ったあとの野菜などをマッシュして、生クリームなどを加えながら滑らかな美味しく仕立てているそうですが、サービスで供するには出来すぎです!∑(๑ºдº๑)

「トムヤムクンラーメン (850円)」

路地ダイニングわさび トムヤムクンラーメン

昨年晩秋に発表されていた新作。 店主さんからお薦めを頂いていたのですが、なかなか参上出来なかった( ̄▽ ̄i)ゝ でも、何でお誘いを下さっていたのか、分かる気がしました。 この作品はタイ料理に造詣の浅いボクでも、分かり易く楽しめました.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

路地ダイニングわさび トムヤムクンラーメン

「パクチーは召し上がれますか?」

お客様に声掛けをして、苦手な方にはパクチー抜きやネギへの変更もやってくれます。 ボクは正直なところ、大喜びで頂くほど好きなわけではありませんが、食べられないということもないという中庸なヤツww

載せものにはやはりパクチーの鮮やかさが目を引きますが、お店のアイコンにもなっている仙台麩や柔らかな穂先メンマ、ジューシーな鶏チャーシューの他に、トムヤムクンには外せないエビも加わり、シャクシャクの刻みネギなど盛り沢山(>▽<)b

路地ダイニングわさび トムヤムクンラーメン

恐る恐るスープを口にしたら、物凄いインパクトに一瞬ゾワッとしました(^o^;) スープの押しが凄い! スパイシーさ、ココナッツミルク、レモンの酸味やパクチーの鮮味がビビッドに広がります。 塩味は魚醤によるもので゜しょうか。 旨味を伴った印象です。 これらが温かいスープの中に表現されているので、殊の外印象は鮮烈でした。

「もっとホットな方がお好みでしたら声がけ下さい(﹡ˆᴗˆ﹡)」

とは言われましたが、ホットさ自体はまだまだ余裕ですが、敢えてデフォのままでその多彩な旨味のエレメンツ達を楽しむのも一興かと想いました。

路地ダイニングわさび トムヤムクンラーメン

ツルッと滑らかな細麺が見事にマッチし癖になる♪(。´艸`。) もしかして、ラーメン・メニューの中で、この麺が最も生き生きと良い面を覗かせているのは本作かも知れませんv( ̄∇ ̄)




路地ダイニング わさび
福島県郡山市中町12-9 2F
電話;024-923-9188
営業時間;【昼の部】11:30~14:00 L.O.13:30 【平日・夜の部】17:00~25:00 L.O.24:30
      【金・土・祝日前・夜の部】17:00~26:00 L.O.25:30 【祝日・夜の部】17:00~24:00 L.O.23:30
定休日;日曜日
駐車場;無し


 

麺屋信成 ~福島県郡山市堤~

ようやく昨年最後の〆ラ~のレビューでございます(^^ゞ いやいや、更新が滞っているとはいえ、超遅延挙げでございます。

麺屋 信成

大晦日は何年か前から仕事場はお休みを頂いてます。 よってこの日は正月」迎える準備を思う存分出来る訳でして、オードブルやおせち料理の引取りなどをしながら、家内と共に今年もこの暖簾を潜れた事は、一年の締めくくりに華を添えて貰うようなものです(﹡ˆᴗˆ﹡)

「茹で餃子 (5個・500円)」

麺屋 信成 茹で餃子

家内も一緒なので安心して食指を伸ばせますヽ( ̄▽ ̄)ノ モチッとした皮に包まれた餡はニンニクの風味も程よく、ちょっとドレッシング様なタレとシャクシャク薬味と共に美味しく頂けます。

「ワンタン黒醤油 (950円)」 ※味玉振る舞い頂きました( *´艸`)

麺屋 信成 ワンタン黒醤油

やはりこの年末も信成ブラックで締める!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

麺屋 信成 ワンタン黒醤油

しかも前年にはなかった“天女の羽衣”が如き、シルキーな舌触りとスープの美味しさをMAX取り込んだ夢見心地のワンタンが加わるのだ。

麺屋 信成 ワンタン黒醤油

鶏豚ベースのスープに濃厚な醤油テイストが効かされた漆黒スープに、そのひとときはその美味しさの中に引き込まれて、余念・雑念を思い浮かべること無く、ひたすらその美味しさに心身を委ねられました(*´꒳`*)

麺屋 信成 ワンタン黒醤油

ジューシーさを感じさせるレアチャーシューも素晴らしいけど、きっと自分はチャーダレの味香がしっかり噛んだ、そしてフルフルとして舌の上に載せた刹那に溶けるような脂身の美味しさにこそ、心の琴線が激しく掻きむしられていると思います。 素晴らしいよね(*≧∪≦)

麺屋 信成 ワンタン黒醤油

漆黒スープに染められた麺は、その美味しさが加速度的に高まってきて、麺肌のグルテン分がスープに溶け合い、クリーミーな状態こそがその高みであろうと。 えぇ、それは無芸推しの美味しいシーンでございます♪




麺屋 信成
福島県郡山市堤2-233-1 堤一番館 1F
電話;024-951-2876
営業時間;【昼の部】11:30~14:30
     【夜の部】17:30~20:00 ※木・金・土のみ
 ※スープが無くなり次第営業終了
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に6台分






なんかとてつもなくタイムラグのある話ですが、あの年末大晦日の一日。 洪水被災からずっとスイッチ入りっぱなしだったのを、一度ブレイク出来たのは良かったかも知れません。 現在も日々テンヤワンヤで、いつもテンパっているのですが、皆様方に助けて頂き、新しい出会いに励まされ、とても充実した日々を送っております。

駐車場

今日は無芸の仕事場の隣地にあった倉庫跡にお客様駐車場が出来ました。 本当は舗装したいところですが、取り付け道路が坂になっていて、舗装した際の排水の問題をクリアするにも多額の資金が見積もられるため、とりあえず砂利敷きでの運用でスタートします。 どうぞ安心してご来店・ご利用下さいませ。
 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

なかなかBlog更新の出来ない日々が続いております。 今週中には何とか一つの山場を超えたいと願いつつも、更に次々と山場は続きます(;・∀・) あまり詳細なレビューは出来ませんが、サマリー的にでも記事上げして参ります。

昨年末に「郡山大勝軒」さんで、3つのバリエーションの担々麺が加わったと聞き及び、年越し前に何とか潜入しておりました(^^ゞ

「麻辣坦々まぜそば 並盛 (810円)」 ※味玉ご馳走になりました(*´꒳`*)

郡山大勝軒 麻辣坦々まぜそば

茹であげ湯切りした自慢の自家製麺に、茹で野菜や炸醤、チャーシュー、みじん切りの玉葱、刻み白ネギ、刻みニンニク、メンマに魚粉といった具材を盛っています。 勿論まぜそばのタレは張ってありますので、しっかりと混ぜ混ぜして頂きますよ。

郡山大勝軒 麻辣坦々まぜそば

茹で野菜はジャクジャクとした食感が残る程度に軽目に茹でられており、その瑞々しさも手伝って、「まぜそば」にありがちな塩辛い印象はありませんでした。

郡山大勝軒 麻辣坦々まぜそば

注目のゴマ濃度の濃厚感や麻辣テイストは、白ゴマ風味に魚粉の力強い旨味と風味が入り混じり、郡山大勝軒の味筋をしっかりと伝えてきます。 麻辣テイストはなかなか♪ 主に山椒のシビレが際立ち、食べ進めていくとじんわりと汗が浮いてきましたよ。゚(´^o^`)゚。 どなたにでも楽しんで頂けるギリギリの見切り線は流石に心得ておられますヽ(*’-^*)。

郡山大勝軒 麻辣坦々まぜそば

自家製中太麺は前述の通り“あつもり”状態で丼に盛られます。 もっちりとした歯ざわりの良さは言わずもがな( *´艸`) 魚粉効果でトロミを増したタレが、麺全体に絡みつくのです♪ 麺を手繰る毎に美味しさ広がり、並盛200gでも具材のボリュームが豊かなので、お腹いっぱいに楽しめますよ。




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


 

昼ふろや ~福島県郡山市安積町荒井~

年末に差し掛かった頃に、昼ふろやの店主さんがTwitterに新作のプロトタイプをディーザー発表していました。 最初からネタバレ的ななそれは、“白と黒のどっちがイイ?”というもの。

悩ましいというよりも『どっちも!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ』という答えしか出しようが無かったですな(・∀・)ニヤニヤ

昼ふろや

と、言うことで、年の瀬も近くなった頃に、運良く昼時に「昼ふろや」さんに立ち回ることが出来ましたので、迷うこと無く一本釣りでこちらを所望致しました。

「特製鶏白湯ちゃんぽん風 (1,100円)」 ※一日10食限定

昼ふろや 特製鶏白湯ちゃんぽん風

いやぁ~!やってくれました(*>∇<)ノ ボクが知る限り、地元郡山市には本格長崎ちゃんぽんを彷彿とさせるラーメンは皆無なのです。

今までも白湯を炊く幾多の店主様方に

「チャンポンやろうよぉ~♪(#^.^#)」

って誘いをかけてみても、理解は示せども具現化したことが無かったのです。 海鮮素材と専用麺の調達が一番の課題点だったのですが、昼ふろやの店主さんはやっちまいました(*>∇<)ノヤッホーイ♪

昼ふろや 特製鶏白湯ちゃんぽん風

高価なハマグリやエビでゴージャス感も満点です。 蛤、鶏肉、豚肉にたっぷり野菜、更にはさつま揚げから旨味が絶妙なのです。

昼ふろや 特製鶏白湯ちゃんぽん風

鶏白湯の本格ちゃんぽんスープは感涙モノの美味しさ! 鶏白湯の滋味ある味わいに、ダイナミックに訴えかけてくる蛤やエビ、肉類の旨味とキャベツの甘味などが、ちょっとクリーミーなスープの中に渾然一体となっていますよ(。´艸`。)

昼ふろや 特製鶏白湯ちゃんぽん風

多加水太麺ってところが“ふろや風"だが、ツルツル麺も悪くないですね(*^▽^*) 具材が豊富ですので、かなりボリュームもありますよ。 余裕があれば白飯追加で・・・σ( ̄、 ̄=) 




昼ふろや
福島県郡山市安積町荒井字林の越1-7
電話;024-946-2122
営業時間;11:30~13:30 ※夜の部の「食菜酒楽 Fu-Ro-Ya」営業準備の為、お休みを頂いたり早仕舞いもあります
定休日;やや不定ながら土・日曜日 ※Twitter(昼ふろや)にて情報発信中
駐車場;店舗前と裏に合計10台


 

支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

まだまだ続く昨年末のレビューです(^_^;) いやいや、溜め込んでいるレビューの本数が一向に減らんのですが、己の記憶キャパとのせめぎ合いつつのアップでございます。

この日は自然派漆黒ラーメンとして、リピーターを掴んで放さない「支那そば 墨家」さんを訪問しました。 お昼時に潜入出来たので、お客様が次々と来店して賑わっておりましたよヽ(*’-^*)。

「支那そば (720円)」

墨家 支那そば

チャーダレブレンドのカエシが奏でる濃厚な醤油のフレーヴァーに、自然派仕立ての完熟地鶏スープの香りが沸き立つように香ります。

墨家 支那そば

この豚バラチャーシューの美味しさは格別っ( *´艸`)  脂身の溶けるような柔らかさと、甘味も帯びたチャーダレが染み入った肉の旨味共に、印象的なことこの上なしです。

墨家 支那そば

ほうれん草のおひたしは、少しだけショリッとした歯ざわりが残されていて、ほのエグミと共に鮮味の良さで口直ししてくれます。

墨家 支那そば

自家製細麺はやや加水率低め。 開店当初よりもずっと歯切れの食感にソリッドさが出てきて、プツプツッとした歯ざわりが楽しめるようになりました。 漆黒スープで麺が染められてくる頃になると、その食感はしなやかなものへと変化して、麺自体にスープの旨味が乗ってくる楽しみがありますよ(*≧∪≦)

「ねぎチャーシュー丼 (180円)」

墨家 ねぎチャーシュー丼

そんなスープのお供に添えてみたいのがコレ♪ 麺量もなかなかのボリュームですが、白飯は別腹ですよね?(*>∇<)ノ




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【昼の部】11:00~15:20 【夜の部】17:30~19:50 【日曜日】11:00~19:30
      ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど