FC2ブログ

中国飯店 なるき ~福島県郡山市富久山町~

盆明けの涼しさもほんの一時のことでしたか、続きざまに台風の接近がもたらすジメジメとした暑さにが戻って来ますヾ(;´Д`A  こう暑くてはやはり欲するのは冷たい麺料理。 そう言えば今シーズンはまだ「中国飯店 なるき」さんの冷や中を食べていなかったぞ?と気が付いて、そそくさと足を運んで参りました。

「冷し中華 大盛 (1,050円)」

なるき 冷し中華 大盛

このモリモリ具合が見たくて“大盛CALL”してしまうんです(ノ´∀`*) 私的な冷や中の記憶でボクの原点的な体験は、この「中国飯店 なるき」さんに行き着きます。

それは多分かれこれ半世紀前。 まだ「中国飯店 なるき」さんの初代が、市内堂前地内で隆盛を極めていた時です。 まさに“昭和の冷や中”たるそれは、今以て忘れ難きその味わいを求めて、二代目の富久山店に足を運ぶファンが絶えません。

なるき 冷し中華 大盛

この具材の盛り方は、正に“散らす”というのが言い得る表現でしょう。 多彩な色合いはまるで宝石箱をひっくり返したかの如きです(o^-^o) 今はこう言う盛りつけをするお店は少ないと思いますが、それ故にとても新鮮に見えます。

なるき 冷し中華 大盛

サラサラと冷や中スープに溶け馴染む溶きカラシ。 ここではマヨネーズは供されません。 多分リクエストすれば自家用マヨを供してくれるかも知れませんが、ボクはこの歴史深い冷や中に関してはソレを望みません。

まあこれもボクの私的な想い出なのですが、亡き母がこの冷や中が大好きで、夏場の定番で、それは本当に幸せそうに食べていたシーンが忘れられないのです(# ̄ー ̄#) 暖簾が引き継がれているお店に親子三代に亘って訪問出来るって、とても嬉しい事です。

なるき 冷し中華 大盛

さてその冷や中スープですが、白コショウのスパイシーさが印象的で、やや酢のアタリが柔らか目。 ほんのりとゴマ油の風味があり、若干甘めに感じますが、醤油ダレをはじめとした味目が少し淡く誂えられていて、グイ~~~っと飲み干してしまう事も出来る味です。

具材は切り幅が整えられていて、キュウリ、ハム、ナルト、ゴマ油と塩コショウで下味の付けられた茹でモヤシ、錦糸卵に紅ショウガです。 ハムやナルトってあたりはやはり時代を感じさせます。 モヤシはあまり用いられる例は多くないかも知れませんね。

なるき 冷し中華 大盛

麺は自家製の中細ストレート麺。 加水率はやや低めで、良く洗い締めされツルツル感よりも少し麺肌にザラつきを感じさせます。 この麺肌に冷や中スープが絡みついて、麺を手繰れば口中に冷や中スープも送り込まれるかの如くです( *´艸`)

麺量も大盛だと380g位になるハズですので、なかなかのボリュームですが、これが難無く胃袋に収まってしまう美味しさが溢れています。




中国飯店 なるき
福島県郡山市富久山町久保田愛宕86
電話;024(932)9642
営業時間;11:30~21:30 ※日曜日は21:00まで
定休日;月曜日・第1火曜日


 

cafe とまり木 ~福島県須賀川市~

須賀川市の「cafe とまり木」さんで遅いランチタイム。 2年ほど前に開店されたこのお店、通りかかる度に気になっていたのですが、ようやく初詣致しましたo(*^^*)o

cafeとまり木

いやいや、凄い人気ですね!(;・∀・) すんなり入店出来ただけでも幸運だったのかも知れません。 配食までは余裕の構えで待つ事になりますが、ありがたい事にFree WiFiが備わっています。 残念ながら「オムライス」は売り尽くしとなってましたが、「ナポリタン」で初のお手合わせですが、その期待は裏切られることはありませんでした( 〃▽〃) 

「スパゲッティ・ナポリタン&セット・ミニサラダ (864円+162円)」

cafeとまり木 ナポリタン

カフェらしく白いお皿に美しく盛り付けられたナポリタン。 仕込まれている具材は伝統的な組合せで、ベーコン、玉ネギ、ピーマン、マッシュルームの水煮で、仕上げにドライ・パセリが散らされます。

cafeとまり木 ナポリタン

スパゲッティは1.6mmくらいで現在の標準的な太さでしょうか。 このスパゲッティが麺肌に張りがあり、アルデンテといった硬派では無いにせよ、程良きコシのある茹で加減です。

cafeとまり木 ナポリタン

どちらかと言えば滑らかで喉通りの良いジューシー仕立てですが、やや酸味が控え目で口福感を誘う甘味があります。 味目は強すぎず、食べ進めて行っても飽く事無きバランスの妙ありです(o^-^o) 多分80g程度かと思いますが、程良いボリューム感はカフェならではの誂えです。

cafeとまり木 セット・ミニサラダ

セット・ミニサラダは、盛り込まれるアイテムと彩りの美しさ共にさすがです。

cafeとまり木 セット・ミニサラダ

自家製ドレッシングの瑞々しいほどのおろし玉ねぎがとにかくジューシー(ノ´∀`*) これは美味しい♪

cafeとまり木 スフレパンケーキ フレッシュ・ブルーベリー

お店を代表する有名なスフレパンケーキは、ランチタイムを外して14:00~17:00の時間限定メニューです。 現在は夏限定のフレッシュ・ブルーベリーが提供中です。

フワッフワのスフレケーキの中は半熟状態で、中心部にはクリーミーなレンゲがの残されています。 これまた待ってでも食べる価値ありの逸品でした!(* ̄∇ ̄*)




cafe とまり木
福島県須賀川市馬町1-7
電話;0248-94-7271
営業時間;【平日】9:00~20:00 【土曜日】11:00~21:00 【日曜日】11:00~18:00
定休日;月曜日
駐車場;店舗右隣り(2台)、店舗斜め向かい(4台)


 

真夏の曲沢沼と大沢沼

今や観光バスさえもやって来るようになった「曲沢沼」の朝です。 秋の紅葉期にはいつもひっきりなしに人がやってきますが、真夏の朝方はペンションの宿泊客が散歩で通るくらいで、賑やかなことと言えば鳥のさえずりや蝉の声です。

曲沢沼の夏
[2018/8/5 曲沢沼の夏]  <↑ Clickで拡大>

昨年、沼に繁殖した水草を清掃して、一時はキレイな水面を取り戻しましたが、今年は暑さも関係してか、また水草が大量に繁殖してしまいました。

そこへアルミ製の釣り舟を曳いた車が入ってきて、ガラガラドォ~~ン!と静寂をぶち壊しにして、曲沢沼に船外機付きの舟を突っ込みました(;゚д゚)ポカーン

漁業権は設定されていないのでしょうけど、カメラマンが先に入っているのに、全く無視なのね。 よりによって構図の大切な場所は釣り人にとってもオイシイ場所だったらしくて、モロに被せられて興を削がれました。 もういいや・・・

トンボ舞い飛ぶ朝
[2018/8/5 トンボ舞い飛ぶ朝]  <↑ Clickで拡大>

ここも「曲沢沼」ですが、トンボがしきりに飛び回っていて、風景写真として撮影している身としては、これはちょっとお邪魔な存在だったりしました( ̄▽ ̄i)ゝ

小型から中型のトンボが少なくとも2種類飛んでたのですが、ちょっと中型のオニヤンマっぽいのが目立っていて、後にヤマトンボじゃないかって話で納得しました。

静かな湖畔
[2018/8/5 静かな湖畔]  <↑ Clickで拡大>

お隣の「大沢沼」の名所に行ってみたら、こちらは随分と静かなもの。 たまに纏わり付いて来る虫を払いながら、夏の朝の強い光に輝く入り江を撮影です。

まばゆい緑
[2018/8/5 まばゆい緑]  <↑ Clickで拡大>

緑一色の湖畔風景。朝の強い陽射しを浴びても、高原の空気はまだ涼やかで心地佳い。

こんなステキな場所のすぐ側近に、某社の保養施設と称する別荘があります。 某社の社員さん、福利厚生で借り受けられたら、是非ともご招待下さい。

酒も持っていきますし、朝スパも作りますからww
 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

いつもの巡回先「郡山大勝軒」の暖簾を潜ります。 券売機のところに『8月限定 冷やしらぁめん』ってPOPがあって猛烈に悩んだものの、「スパイシーカレーつけめん 中盛・あつもり」をポチッて席に着きます。

郡山大勝軒

するとですねぇ~、ホール係の女の子や釜前の茹で場の子とかに

「冷やしらぁめん登場してるんですよぉ~v( ̄∇ ̄)ニヤッ」

って、ジリジリと入れ替わり立ち変わりでプレスされまして、結局は折れました(;^ω^) はい、心変わり致しましたっ! 新作頂きましょう!

「冷やしらぁめん 並盛 (750円)」 ※いろいろな載せモノをご馳走になっちゃいました( ̄∇ ̄*)ゞ

郡山大勝軒 冷やしらぁめん 並盛

わわわw(*゚o゚*)w 何だか載せモノがイッパイだぁ~! どうもご馳走様ですっ! どうも本作は、既に「仙台大勝軒」で先年より導入済みの季節メニューらしく、それを店主・阿部くんがコチラにも展開したそうです。 って事は、既に販売実績ありの安定度は見込めそうです。

郡山大勝軒 冷やしらぁめん 並盛

載せモノは既存のアイテムを巧く使っています。 細切りにされた豚バラチャーシューに少し甘味のあるメンマ、白髪ネギに刻み海苔といったところがデフォですが、クーポンマガジンでゲト出来る味玉や一枚物のバラ巻きチャーシューを振る舞って頂きました(〃∇〃)

郡山大勝軒 冷やしらぁめん 並盛

ベーススープは昆布水にニボシやサバ節、宗田節といった魚介系スープみたいです。 そこに思いきり良くシャープな利き具合の醤油ダレがキメられています((#◎□◎#)) この醤油ダレの濃さには驚かされました。 正直なところボクにはしょっぱ過ぎでしたが、仙台では人気が高いのだと言います。

仕方ないので、失礼を承知で卓上配置の冷水ポットの水を注しました。 れんげで6杯分ほどで、ようやく醤油ダレでマスキングされていた出汁の味が現れました(^◇^;) 水割りにしたけど、旨味はまだ充分に利いてます。

郡山大勝軒 冷やしらぁめん 並盛

気を取り直して今回最も心を動かされた自家製麺。 粉や加水率、と言うか、麺帯自体が従前の中太麺と同じなのですが、切り歯を調整してずっと細目に誂えられています。 切り歯で4番くらい細くなった感じかしら?

氷まで投入された冷たいスープの中で、この麺は張りのある歯切れの食感を遺憾なく発揮しています。 でも麺線が細くなったお陰で、ギリギリでしなやかさとのせめぎ合いの中に居る感じ。 咀嚼していて顎が疲れることもなく、麺を噛むというプロセス自体を楽しめる麺になっていました。




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい

 

福味 ~福島県郡山市虎丸~

この日は昼時にランチを摂れました(*>∇<)ノ 久々の“最強居酒屋にして大衆食堂の鏡”「福味」さんに潜入!

福味

と・・・(;゚д゚) 13時近くを敢えて狙ったのですが、まだまだ8割方の客入りで流石の繁盛ぶりでございます。 ボクはボッチですので、難無くカウンター席に滑り込む事が出来ましたが、13時の時間差ランチのお客様で、この後再び満席になりました。 セーフ!(>▽<;;

「ひと口サイズのからあげ丼 (600円)」

福味 ひと口サイズのからあげ丼

相変わらず大嘘つきな“ひと口サイズ”(←絶賛!)と名付けられていますが、ふっくらジューシーなからあげが、どんぶり標高の2/3を占めるという“からあげの為のからあげ丼”です(*>∇<)ノ

福味 ひと口サイズのからあげ丼

少しユル目に誂えられたタルタルソースは、味目はしっかりとしていてハーブやスパイスのフレーヴァーも豊かにしてクリーミー。 からあげはショウガや塩コショウなどの下味が程良く、溢れる肉汁に絶妙な味気を加えます。

福味 ひと口サイズのからあげ丼

ご飯の間に布かれるキャベツの千切りや、自家製っぽい味噌特有の酸味もある味噌汁が、からあげをサクサクと食べ進ませる後押しとなり、ちゃんと完食出来ましたヨΨ( ̄∇ ̄)Ψ

数日は鶏唐揚げに手が伸びないかも知れない位、からあげ尽くしを満喫しました(>▽<)b

この日は13:15で昼の部の暖簾落ち。 全て丁寧な一点仕上げで、メニューのバリエーションも豊富ですので、早めの訪問が吉ですねσ( ̄、 ̄=)




福味
福島県郡山市虎丸町5-10
電話;024-923-6677
営業時間;【昼の部】11:15~13:30 【夜の部】17:30~23:00 ※多少アバウトかも
定休日;日曜日