FC2ブログ

みなと市場 小松まぐろ専門店 ~山形県酒田市~

今年の秋彼岸は4連休となり、さすがに街内は静かになりそうでしたので、無芸の仕事場も定休日の日曜日に後付け月曜日と二日間のお休みを頂きました。

子供も手を離れ、親は介護の必要もなく過ごしていられる今だからこそ、折角のチャンスを活かして家内と小旅行に出かける事にしました。 折よくGOTOキャンペーンや、高速道路のETC周遊パスもありましたので、その恩恵を享受させて頂きましょう(*^^*)

酒田市みなと市場

目的地は山形県酒田市。 自宅から高速道路を伝っておよそ260km。 あわよくばお隣の鶴岡市にも立ち回りたいところでしたが、鶴岡のICは出口渋滞だけでも1kmとなっており、早々に酒田市だけに的を絞る事にしました。  昼食は最初からこちら「酒田市 みなと市場」(URL)の中にある「小松まぐろ専門店」さんをターゲットに据えておりました(ノ´∀`*)

現着が2:30前位でしたが、待ち時間は1時間半ほどとのこと。 既に鶴岡市への移動はしない事にしていましたので、ジタバタしないでエントリーして、先述の投稿記事となっている「山居倉庫」に移動して観光を楽しんで、予定時刻前に戻りました。 さすがですね(´⊙ω⊙`) ほぼ伝えられていた通りに順番が回ってきました。 既にエントリーの時点で食券を買い求めて渡してありますので、至極スマートに所望品が提供されましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

「みんな丼 (1,200円)」

小松まぐろ専門店 みんな丼

“みんな”とは4種類の部位のマグロの豪華合盛りを意味するらしいです(﹡ˆᴗˆ﹡) もう一瞥しただけでマグロの質の良さはボクにも分かります。

小松まぐろ専門店 みんな丼

中トロ、赤身、ネギトロ、ほほ肉と、どれも信じられないハイクォリティーΣ(゚Д゚ノ)ノ おおぉぉぉぉ~

小松まぐろ専門店 みんな丼

舌の上で体温程度に温まると、まるで溶けるように頂けます! あぁ、なんて快楽的なマグロ丼でしょう♪(〃∇〃) しかもごはんが格別にウマい! さすがは米どころ庄内の面目躍如であります(*>∇<)ノ

小松まぐろ専門店 みんな丼

供添えの布海苔の味噌汁がまたいい感じに美味しい(。´艸`。) 海藻の青臭い感じは皆無で、少しニュルッとするようなヌメリがあって、出汁加減や味噌の塩分など、海鮮丼を邪魔しないところも好印象でした。 同行していた家内も大満足(*˙︶˙*)☆*° 近所にぜひとも一軒欲しいお店です!アハハヾ(≧∀≦*)ノ〃




みなと市場 小松まぐろ専門店 (URL)
酒田市船場町2丁目5-56
電話;0234-26-0190
営業時間;9:00~ ご飯がなくなり次第終了 ※およそ17:00
定休日;元旦、水曜日
駐車場;場内の共用駐車場利用


 

山居倉庫のケヤキ並木

一週間前の事ですが、高速道路をお得に利用できる「2020東北観光フリーパス(南東北周遊プラン)」というETC利用者向けのサービスを利用して、山形県酒田市へ行って参りました。

ボクは遠く学生時代にオートバイでツーリングで訪問した事があるのですが、家内を連れて行ってみたかった街です。 学生時代には仙台市から下道で日帰り往復をしたのが今となっては信じられませんが、高速道路を使えば郡山市からおよそ3時間半で辿り着けるようになりました(﹡ˆᴗˆ﹡)

昼食は後述の市内の人気店で摂る事にしましたが、エントリーからおよそ1時間半待ちだと言うことで、すぐ近くの観光名所「山居倉庫」で時間調整して再訪問と致します。

山居倉庫のケヤキ並木
[2020/9/20 山居倉庫のケヤキ並木]  <↑ Clickで拡大>

酒田市は漁港としても知られていますが、地元栽培の庄内米は一際有名です。 道すがらも高速道路からは黄金色になりかけている広大な田んぼが絶景でした(*>∇<)ノ そんな庄内米の集積・管理・出荷の拠点になる穀物倉庫として「山居倉庫(さんきょそうこ)」は、明治26年(1893年)に建てられ、未だ現役で利用されています。

欅道
[2020/9/20 欅道]  <↑ Clickで拡大>

港湾に直結した川畔側を表として、裏手には立派なケヤキ並木が据えられています。 そもそも「山居倉庫」自体が、食米の穀物倉庫として、庫内の温度が上がりすぎないようにと設計・施工されていますが、倉庫の裏手は西側にあたり、日差しを和らげ防風林としての役割も兼ねて、ケヤキ並木が作られたとされています。

ケヤキと共に
[2020/9/20 ケヤキと共に]  <↑ Clickで拡大>

共に在り続けて130年。 持ちつ持たれつの年月は、まだこれからも続くでしょう。

蔵景色
[2020/9/20 蔵景色]  <↑ Clickで拡大>

観光拠点化と共に、現役のJAの穀物倉庫でもあるのですが、さすがに週末や祝祭日、観光シーズンは沢山の人出で賑わいます。 この日もなかなかの人出でしたが、時折スンとばかりに人気が引くと、風景は一気に明治時代を彷彿とさせる風情を取り戻します。

さんきょばし
[2020/9/20 さんきょばし]  <↑ Clickで拡大>

大変風情あるこの地は「おしん」の撮影地としても有名です。 10月末になるとケヤキの葉は紅葉を迎え、また格別な美しさとなるそうです。 

支那そば でんでん ~福島県郡山市富久山町久保田~

この日は祝日で、夕方になったら食事を摂ろうにも、もう暖簾落ちしているところが多く、ランチジプシーになりかかりましたΣ( ̄ω ̄;)ヤバッ さて、どうしたものかと思案した挙げ句、土・日・祝のみ営業の「支那そば でんでん」さんを思い出しました。

支那そば でんでん

あぁ~!暖簾が掛かっていた!ヽ( ̄▽ ̄)ノ 早仕舞いをしないで、キッチリと営業されていました♪ いや、助かるわぁ~(*^^*)

「支那そば しお (700円)」

でんでん 塩ラーメン

今回は塩ラ~を頂きました♪ 勿論迷わず“こってりCALL”を掛けましたので、ラード油膜が豊富に張られていますよ(﹡ˆᴗˆ﹡)

でんでん 塩ラーメン

そんな表層には瞬く間にコラーゲン膜が生成されまして、まことにもって豚骨や豚足などの旨味が凝縮されている事が予見できます。 スープを炊きながら常に沸騰しないように温度管理されており、濁り無い豚骨清湯が仕立てられます。

でんでん 塩ラーメン

塩ダレは油膜のパンチ力に負けないように多めに仕込まれているらしく、半味の塩気の強さが感じられます。 ほのかに伝わってくる焙煎ごま油の風味が、味わいをより複雑に感じさせてくれます。

でんでん 塩ラーメン

この日の肩ロースはやや脂身少なめで、カットが少々厚めでした。 肉の旨味とチャーダレの染み入り具合が、その存在感を露わにしていて、ほうれん草のおひたしの鮮味もオイリーなスープの後味をスッキリとさせてくれます。

でんでん 塩ラーメン

つるもちな中細麺は、しなやかな舌触りと、麺を手繰る毎にたっぷりとスープを絡めて口中を満たしてくれる、絶妙の相性も見事ですよ(ノ≧ڡ≦)

また営業時間が更に短縮されて、19:30にラストオーダーに改められましたので、訪問を狙っている方はご注意を。




支那そば でんでん
福島県郡山市富久山町久保田字大久保68-1 エルム郡山 1F 店内禁煙
営業時間;11:00~19:30 L.O. ※売り切れ次第閉店
定休日;月・火・水・木・金 ※祝祭日を除く
駐車場;店舗敷地内と北側に合計9台分


 

NOODLE CAFE SAMURAI ~福島県郡山市駅前~

JR郡山駅の真ん前と言いますか、駅から一番近いラーメン店NOODLE CAFE SAMURAI」さんの、今年の春にメニュー改定で加わった新作を頂いて参りました(*^^*)

「挽肉味噌そば 大盛 (880円+0円)」

NOODLE CAFE SAMURAI 挽肉味噌そば

前回訪問した時は、まだ残暑が尾を引いていたので回避していましたが、今回はもうすっかり秋模様ですので、まさにうってつけのお手合わせでございますΨ( ̄∇ ̄)Ψ

NOODLE CAFE SAMURAI 挽肉味噌そば

麺は並盛・大盛共に同じ料金で供され、それぞれ平打太麺と細麺から好みに合わせてくれますよ(*>∇<)ノ 今回は大盛&平打太麺で頂きました。

NOODLE CAFE SAMURAI 挽肉味噌そば

魚介香る青森シャモロックの鶏出汁ベースに、ピリ辛ニンニク風味の味噌テイストは、しっかりとした味噌の味わいが効いていて、人を驚かすような突拍子もないサプライズ仕込みこそ無いけれど、期待通りのザ・ベーシックに思えます。 湯がきモヤシと青ネギが半味濃い目な味噌味を後味良く整えます。

NOODLE CAFE SAMURAI 挽肉味噌そば

挽肉はスープと馴染み易く、スープの旨味の下支えパワーの源にもなっていますね(*≧∪≦)

NOODLE CAFE SAMURAI 挽肉味噌そば

ビックリ驚いたのは、提供前に手延しで潰される多加水太麺です。 そう最初から平断面になっているのではなく、一玉ずつ丁寧に手延しされて平断面の縮れ麺に仕立てられます。 ボコボコと不規則な麺の太さや断面の豊かさは、プリっとして複雑な舌触りも見事です!(ノ≧ڡ≦) この手間暇を惜しまない店内作業が確かな美味しさに直結しています。 素晴らしいですね♪(〃∇〃)




NOODLE CAFE SAMURAI
福島県郡山市駅前1-7-9 安斎ビル1階
電話;024-953-4447
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~21:00 (LO 20:30) 【日曜日】11:00~15:00 ※スープがなくなり次第終了
定休日:第2火曜日


 

支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

ちょっと秋風が心地好くなって来ましたので自然派漆黒ラーメンで人気の支那そば 墨家」さんを訪問しました(﹡ˆᴗˆ﹡)

「支那そば (720円)」

墨家 支那そば

勿論、決め打ちで漆黒ラーメンですよ♪ もうね香り立ちを感じているだけでもう“味わい”が味覚神経に伝達されているのか、口中に唾液が湧いてくるのですよ。゚(´^o^`)゚。

墨家 支那そば

青森シャモロックをメインに地鶏りから引かれる出汁に、鰹節の厚削りなどが加えられる自然派スープは想像を超える旨味の凝縮度があり、ほんのりと甘みとビターさを漂わせるほどです。

墨家 支那そば

素晴らしく濃密な濃口醤油の香り立ちと共に、チャーダレブレンドの醤油ダレ自体の旨味の凝縮感も期待通りですΨ( ̄∇ ̄)Ψ 両者の織りなす味わいには、全く無理なところが感じられず、ひたすら味覚を揺さぶられるような魅力にあふれています。

墨家 支那そば

圧力釜で炊かれるチャーシューは、スープの熱で温められると、箸で崩さぬように持ち上げるのはもはや不可能(;´∀`) バラチャーり脂身はトロットロに溶けて、舌の上には醤油の風味と塩味、甘みにビターさの混じったチャーダレの美味しさと共に満たされます(ノ≧ڡ≦)

墨家 支那そば

自家製低加水細麺のリズミカルな歯切れの食感と、漆黒スープに染められてくるほどに旨味も染み入る美味さは格別です(*^꒳^*)




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【平日】11:00~15:00 【土日祭日】11:00~16:00 ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど