FC2ブログ

手打中華 トクちゃんラーメン ~福島県郡山市桑野~

ちょっとご無沙汰になっていましたけど「手打中華 トクちゃん」さんの暖簾を潜りました。 ご無沙汰しちゃっていた内に、新作が加わっていたので、全く躊躇無くコチラを所望してみましたよo(*^^*)o

「四川風担々麺 (980円)」

トクちゃんラーメン 四川風担々麺

本格中国料理店さんの担々麺とはアプローチは違って、ずっと親しみ易いピリ辛胡麻味噌ラーメンのスタイルですが、独自のアイディアが盛り込まれていました。

トクちゃんラーメン 四川風担々麺

まず一際目を引くのは丼中央にそびえる“焼肉マウンテン”です。 これ望外のボリュームでして、スープの面よりも遥かにこんもりと盛られています。 焼きたての豚バラ肉が香ばしい風味と、肉自体からのダイレクトな旨味がスープに還元されて、とても分かり易く存在感を発揮します。

トクちゃんラーメン 四川風担々麺

この一品だけの為にチンゲン菜が調達されていて、この青味の美しさや瑞々しさが、四川風担々麺らしさを演出しています。

トクちゃんラーメン 四川風担々麺

また背面に目を移せば、ピリ辛ネギがモサッと盛られていて、ネギのシャクシャクとした歯触や鮮味と共に、明確なピリ辛テイストを直に伝えてきます。

ベーススープは例によって丸鶏、豚骨、モミジ等の動物系素材に、かなり上等な本枯れ節やニボシ、昆布など多種多様な旨味が取り込まれており、とてもシンプルに言語表現するのは難しいところ。 摺りゴマからの濃厚で甘味を帯びた旨味は、胃もたれしない程度に抑えられていて、お陰でスープもどんどん飲めちゃいますよ。

トクちゃんラーメン 四川風担々麺

麺は勿論自家製縮れ中太麺。 青竹で鍛えられた麺は、数日間の熟成を掛けられて供されます。 以前にも増して麺のコシの強さが印象的でした。 しっかりとグルテン分が活性しているのが素人にも分かります。 しかも麺量も豊かですので、スープ共々食べ応えありです。

麻辣テイストが利かされたタイプでは無いので、卓上配置の七味唐辛子なども巧く動員して、好みの頃合で楽しむのも良いでしょう。 この「四川風担々麺」麺を美味しく楽しむための担々麺だなぁ~ってわかります(o^-^o)




トクちゃんらーめん (URL)
福島県郡山市桑野1-25-9
電話;024-925-3390
営業時間;11:00~19:00 ※麺、スープがなくなり次第終了
定休日;毎週火曜日


 

ちばから 郡山店 ~福島県郡山市堤下町~

夜の部の営業スタートが30分繰り下げられて、なかなか訪問しにくくなっていた「ちばから 郡山店」さんですが、この日は昼食の摂り損ねが功を奏して、都合良く潜入する事が出来ました(ノ´∀`*)

ちばから 郡山店

12月から第1,第3,第5火曜日も営業するようになり、まさにこの恩恵を突いての訪問でしたv( ̄∇ ̄)ニヤッ まだそれはあまり知られていないようで、お陰で駐車場もOKで幸運でした。

「ミニらーめん 豚一切れ+レン草 (780円+50円)」

ちばから ミニらーめん 豚一切れ+レン草

券売機は軽々とクリアしたけど、2ヶ月のブランクでCALLの段取りをすっかり忘れるという失態に泣きつつも、ちゃんと食べたいカタチで頂きました。

ちばから ミニらーめん 豚一切れ+レン草

今回も安定の乳化スープは、豚臭さを感じさせずクリーミーで凝縮した“旨味爆弾”が如きインパクトで喜ばせてくれましたO(≧▽≦)O

ちばから ミニらーめん 豚一切れ+レン草

手切りのバラ巻き豚は、本日も見事な“神豚”で、この厚みにしてホクッとするようなふっくらとした肉質と、とろけるようなゼラチン化した脂身で、圧倒的な美味しさを満喫させてくれます。

ちばから ミニらーめん 豚一切れ+レン草

ヤサイは少な目CALLですが、程良く茹でられていてとても食べ易く、少な目とは言え充分な量感があります。 そこにホウレン草のおひたしの水気とザク切りのネギが、ちょっぴり強めに利かされたカエシのアタリを和らげてくれるという絶妙なコンビネーション。

ちばから にんにく別皿

ニンニクは別皿で出して頂いたので、食べ進めながら自分のタイミングで加えていく楽しみがあります。 でもまあ、抑え気味にするつもりが、ついつい追加してしまい、勝手にニンニクパンチに身を委ねているという実態も・・・( ̄▽ ̄i)ゝ

ちばから ミニらーめん 豚一切れ+レン草

平打ち太麺はモチッとするような弾力があって、顎の筋力に頼らなくても簡単に歯切れる食べ易さ。 これでゴリゴリだったら、ボクはこんなに「ちばから」さんが好きになっていなかったかも(=´▽`)ゞ 正直なところこの塩梅はとても好みです。




ちばから 郡山店
福島県郡山市堤下町12-7 ホテルシーアンドアイ郡山1F
電話;024-927-1119
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】17:30~21:00
定休日;月曜日、第2、第4火曜日
駐車場;お店の入居するビルの右隣り(北側)に6台分
店内禁煙


 

皐月亭 ~福島県郡山市喜久田町~

いつも通し営業で安心の「皐月亭」さんから、SNSメンバー限定メニューの案内が流れて来ました。 それがまたソソられる内容でしたので、モノの見事に釣られて参りましたよ♪

「情熱の濃厚豚骨醤油らーめん (790円)」

皐月亭 情熱の濃厚豚骨醤油らーめん

濃厚を通り越してドロドロクリーミーじゃないですかっ!((#◎□◎#)) こりゃあ想像以上の凝縮度だ。 でも豚骨臭はほとんど感じません。 骨の髄の成分が見事に乳化して、まるで“旨味爆弾”みたいになってます。

皐月亭 情熱の濃厚豚骨醤油らーめん

醤油ダレはあまりの濃醇な豚骨の成分にますきんぐされてしまいそうなほどですが、これ以上エッジを利かせると最後にはしょっぱくなっちゃうでしょうから、店主さんが理性で引き留めたって感じです(;^ω^)

皐月亭 情熱の濃厚豚骨醤油らーめん

載せモノはこれ専用ってアイテムはありませんが、自慢の豚バラチャーシューはいつもながらの美味しさですし、メンマも味玉も申し分無し。 強いて言えば小口ネギでは少々弱い印象なので、追金を打ってでも九条ネギをドサ載せしてみたい衝動はアリです。 それだけのパンチ力と価値のある濃厚豚骨であると思います(o^-^o)

皐月亭 情熱の濃厚豚骨醤油らーめん

麺は名門・京都棣鄂の低加水ストレート細麺。 人気の定番メニュー「伊達地鶏そば」専用の麺ですが、これを茹で時間短めで張りのある歯触りを残してあしらっています。 強粘性スープはしっかりと麺に纏わり付きますので、麺を食べ尽くす頃にはスープも半分くらいは胃袋に収まっちゃいましたよ(⌒▽⌒;)

大量の豚ゲンコツをメインにシンプルに水だけで炊き上げたピュアテイストの濃厚豚骨に、醤油味の利かされたスープは、後からボディーブローのように後を引く魔性のスープです。 12月14日(金)までの限定提供品ですので、ソソられちゃった方は急ぎ潜入を!




皐月亭
福島県郡山市喜久田町四十坦8-25
電話;024-925-6321
営業時間;11:30~22:00 (L.O.21:30) ※金曜日は15:00閉店
定休日;元旦他、臨時休業あり
駐車場;テナント敷地内に供用10台分ほど


 

Cafe & Dining ZOCCOLO ~福島県郡山市虎丸~

写真仲間である店主さんが、昨年末に独立開業したお店Cafe & Dining ZOCCOLO (ゾッコロ)さん。 もうすぐ開店1周年を迎えます(o^-^o)

Cafe & Dining ZOCCOLO

なかなか再訪問出来ないままに、だいぶお久しぶりの訪問となってしまいました(>▽<;; ランチタイムもピークを越えていたので、久しぶりに写真撮影の情報交換なんぞも出来ました。

キーマカレー 半熟玉子付 (750円)」 (サラダ、スープ付き)

ZOCCOLO キーマカレー 半熟玉子付

調理開始から間もなく、カレーのスパイシーな香りが漂って来て、もう胃袋のドアは開いてましたよΨ( ̄∇ ̄)Ψ サラダとスープも共添えされて、程良いボリュームになりました。

ZOCCOLO キーマカレー 半熟玉子付

言うまでもなくキーマカレーは挽肉とみじん切りの野菜で作られています。 みじん切りが故に素材の旨味が余すところ無く引き出され易く、味付けもストレートに反映されやすいと思います。

ZOCCOLO キーマカレー 半熟玉子付

ZOCCOLOさんのキーマカレーは、旨味がとても凝縮していて、ギュッと味わいの引き締まった仕立て。 だから半熟玉子がしいも良く合います。 塩味やコク味を柔らかく包み込んでくれて、ごはんにも程良く湿潤さを与えてくれて、口当たりもグッと良くなります。

ZOCCOLO キーマカレー 半熟玉子付

共添えのサラダも濃い目のキーマカレーをサポートしてくれて好都合ヾ(^▽^* ボリュームも多目で野菜好きには嬉しいところ。

ZOCCOLO キーマカレー 半熟玉子付

スパイシーさは凝縮された素材の旨味で包まれていて、ホットさは大人なら問題無く馴染める案配です。 あまり甘味に傾きすぎず、ギュギュッと濃い目の味わいが楽しめます(o^-^o)




Cafe & Dining ZOCCOLO
福島県郡山市虎丸町20-30
電話;024-954-9330
営業時間;【昼の部】11:30~14:00 【夜の部】17:30~22:00
定休日;毎週火曜日
駐車場;指定駐車場3台分



Cafe & Dining ZOCCOLO
 

支那そば くりちゃん ~福島県郡山市安積町~

この日はイレギュラー的に須賀川市まで配達があり、朝食も摂らぬままだったので、帰途に「支那そば くりちゃん」に立ち回って“朝ラ~”して来ました( *´艸`)

支那そば くりちゃん

開店時刻から少し経った頃に現着。 既に先客さまが奥手のVIP席でラーメンを啜る音が聞こえています。

くぅぅぅぅぅ、早く食べたい~!(>▽<)b

「米沢らーめん 大盛 (650円)」

くりちゃん 米沢らーめん 大盛

そうだ!すっかり忘れていた!(⌒▽⌒;) ここの大盛ドンブリは『鉢』のような大きさだったんだ・・・ 大丈夫かな、オレ?(゚A゚;)ゴクリ

こんなに惜しげもなくスープを張ってくれるお店は、最近少なくなって来たと思います。 しかも先述の通り器はまるで鉢のように深さもタップリな訳でして、およそスープだけでも完飲しようものなら、腹パン必至の大容量です。

くりちゃん 米沢らーめん 大盛

少し明るめなアンバーカラーのスープは、表面に淡目の油膜と微細な浮遊物。 背脂なのかニボシ油なのか、今一つ判然はしませんが香味油は足されています。 スープ自体はクリアで鶏ガラ&豚骨で炊かれているのでは無いかと思います。 ちょっと控え目に感じる旨味ですが“米沢ラーメン”の定石通りの麺ですので、あまりバンチ力がありすぎてもバランスが崩れますね。

醤油ダレは淡目の色合いの割りには、ボケる事無くちゃんと利かされていて、サラサラと軽快なスープに程良くマッチしています。

くりちゃん 米沢らーめん 大盛

バラ巻きチャーシューは丼がデカいので相対的に小さく見えますが、並盛りなら550円というラーメンにあって、充分に立派なサイズです。 しかも相変わらずウマい♪(〃∇〃) メニューには無いけれど、

このチャーシューをズラッと載せてチャーシューメンにしてみたい(ノ´∀`*)

と思えるほど秀逸ですっ!

くりちゃん 米沢らーめん 大盛

幅広タイプのメンマはしっかりと発酵臭が抜かれていて、簡単に歯切れる程度の柔らかさの中にも、サクッとした歯切れの食感が残されます。 淡麗なスープにアクセントを添えるような甘じょっぱい味わいも良好ですね。

更には半カットのゆで卵や海苔まで添えられ、ナルトと刻みネギと隙のない構成です。 この半カットのゆで卵もまた、黄身が溶けそうで溶けない見事な茹で上がり。 濃厚な黄身の味わいがラーメンの味の世界をより広げてくれています。

くりちゃん 米沢らーめん 大盛

米沢から調達しているというチリチリの縮れが掛けられた多加水熟成細麺は、まさに“米沢ラーメン”のトレードマークと言うべき特徴です。 スルスルと軽やかに啜り込まれる麺は、舌の上をくすぐるように踊り、それは楽しい体験です(>▽<)b 麺線が細いので、最初からしなやかな茹で上がりとはなりますが、こんな細麺でも縮れの食感を確かに伝えてくるだけのコシの強さは備わっています。

もちろんスープの持ち上げは上々で、麺を啜ればスープも一緒に口の中を満たしてくれます。 淡麗スープとは言えこの合わさり加減はまた一つの高みに思えるほど美味しゅうございます。

丁度先客様が発たれたので、店主さんご夫妻に色々とお話を伺えました。 平成6年に創業したことや、実は店主さんは以前は無芸の仕事場のすぐご近所で寿司職人さんをなさっていた事。 短い時間でしたが、お話を伺えてとても良かったです(o^-^o)

郡山・須賀川エリアでは唯一の米沢ラーメン提供店さんだと思います。 営業時間はお昼だけですし定休日も週に二日と、なかなかハードルが高いと感じられるかも知れませんが、良心的な米沢ラーメンがここにありますよ。




支那そば くりちゃん
福島県郡山市安積町笹川南向50-1
電話;024-945-5752
営業時間;11:00~14:00 (LO 13:45)
定休日;月曜日、金曜日
駐車場;店舗敷地内に8台分ほど