中華飯店 はやま ~福島県郡山市麓山~

何となく餃子が食べたくなって「中華飯店 はやま」さんを思い出しました。 そう言えば少々ご無沙汰していたなぁ~σ( ̄、 ̄=)ってんで、訪問してみましたよo(*^^*)o

中華飯店 はやま

例によって夕刻だったのですが、いつもの賑やかなシニア常連軍団の姿は無くて、超絶意外なほどの静けさに、かえって違和感を覚えるほどでした( ̄▽ ̄i)ゝ

「あんかけ焼きそば (630円)」

中華飯店 はやま あんかけ焼きそば

餃子のお供は久しぶりの「あんかけ焼そば」に決めましたヽ( ̄▽ ̄)ノ

したらば何だか何時にも増してモリモリになって来ちゃいまして・・・(〇o〇;) 中華餡を多く作っちまったのか?とも思えますが、そのへんのユルさもこのお店の魅力だったりします( ̄▽ ̄i)ゝ

中華飯店 はやま あんかけ焼きそば

もうお皿の縁は中華餡が氾濫寸前ww トロミの粘性ブレーキで何とか止まっていたり、場所によっては決壊してしまっていたりと、何かと楽しませてくれますね(〃∇〃)

具材は豚肉、エビ、キャベツ、椎茸、人参、水煮のタケノコといったところ。 割としっかりと炒め煮されていますので、お野菜はしんなりとしていて、歯に自信の無い方でも大丈夫っス(o^-^o)

中華飯店 はやま あんかけ焼きそば

中華餡は毎回ユラギがありますが、今回は醤油ダレの効き方は控え目で、代わりにコショウが大活躍でした(^◇^;) でも旨味調味料もさほど感じさせない味付け共々、ヘルシー(?)志向とも言えましょうか。

中華飯店 はやま あんかけ焼きそば

麺は中細の中華麺を茹で上げて、中華鍋で程良く焼き付けがされています。 人を圧倒するほどではありませんが、麺量は200gくらいはありそうで、成人男性でも充分な食べ応えを満喫出来るハズです。

そんなに香ばしさが強い訳でも無く、時折感じられるカリツとした歯触りに楽しさがあります。 油の切れは悪くないので、心配無用ですよ。 卓上配置のラー油や酢を動員するまでもなく、何気にスルスルと頂けちゃう、何とも抜け目のない味わいです。

「餃子 (8個・350円)」

中華飯店 はやま 餃子

どうもこの日は包み立てを頂いたらしいです。 厨房を覗き見られる小窓の向こうでは、女将さんが餃子包みをしていました( *´艸`) いつもと何が違うと言う訳ではありませんが、強いて言えば皮同士の癒着が無く、油のキレが良かったかなぁ~って位の差です。

中華飯店 はやま 餃子

で、何時もの如く秀逸極まりないのが、この餃子の餡ですね。 細挽きにされた野菜の舌触りの滑らかさが良くて、ニンニクも効き具合は少々控え目にされています。 ニュメッとするような皮の舌ざわりの良さととても良く調和していて、まるで飲み物の様に口中に広がり、そしてスルッと喉に落ちて言ってしまうのです。 あぁ~~、満足、満足ヽ( ̄▽ ̄)ノ




中華飯店 はやま
福島県郡山市麓山2-8-4
電話;024-932-3083
営業時間;11:00~19:00
定休日;日曜・祝日
駐車場;店舗前に2台分ほど

 

くぼた屋 ~福島県郡山市堂前~

この日は所用でお昼絡まりに街中に出ていたので、少しばかり時間の隙を突いて「くぼた屋」さんに初詣して参りましたo(*^^*)o 堂前では多分一番長く続いている焼き肉屋さんで、大変評判のよいお店です。

くぼた屋

えぇ、でもさすがに真っ昼間から焼肉をカッ喰らうような度量も甲斐性もありませんので、勘の良い方は予想されていると思いますが、“人気のお得ランチ”に引き寄せられたのです(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

「ハーフ&ハーフカレーライス (756円)」 ※ランチメニュー

くぼた屋 ハーフ&ハーフカレーライス

焼き肉屋さんのカレーライスがメチャ旨いっ!

というお噂は、随分前から聞き及んでおりましたので、迷うことなくコチラを所望致しました。 カレーメニューは4種類ありますが、このハーフ&ハーフは、3段階の辛さのカレー・ルーから、2種類選択で合い掛けにしてくれるという、とっても嬉しい趣向です。

くぼた屋 ハーフ&ハーフカレーライス

共添えにはサラダ、香物、お味噌汁、更には食後にコーヒーまでセットされていますw( ̄▽ ̄;)w ちょっとお得感がハンパ無いですね!

くぼた屋 ハーフ&ハーフカレーライス

さて合い掛けのカレー・ルーですが、【甘口】【辛口】【激辛】の三段階と言う事ですから、何となく【辛口】と【激辛】を選択しましたよ。 そしたらカレー・ルーの分水嶺がハッキリと視覚に訴えてくるじゃありませんかっノ( ̄0 ̄;)\

くぼた屋 ハーフ&ハーフカレーライス

なんかヤバイ感がアリアリな真っ赤な激辛カレー・ルーは取りあえず後にして、辛口の方から頂いてみます。

牛肉由来の旨味がドォ~~~ンと口中に広がりますヽ( ̄▽ ̄)ノ スネ肉はホロホロに崩れて、繊維質の舌触りがソレと伝えて来ます。 その他挽肉も使われているそうですが、こちらはもうカタチを成していませんねヽ( ̄▽ ̄i) お家ではちょっと真似できないお店カレーならではの強烈な存在感を感じます。

くぼた屋 ハーフ&ハーフカレーライス

激辛カレー・ルーは、最初少し警戒しつつ口にしてみました。

あひゃぁ~~~?! (;゚Д゚)

ちょっ! すっごく辛いんですけど?!Σ(lliд゚ノ)ノ ンヵ゙ぁッ!!!


中華の麻辣とは一線を画するスパイスの太くシャープなホットさで、しゃっくりが出てしまったよΣ(゜▽゜;)

よし!でももう相手の出方は分かった!(`・ω´・ ;)

警戒を解かぬようにしながらスプーンを進めていきます。 うぅぅぅぅぅぅ、でもしゃっくりがなかなか止まらないよぉ~:(;゙゚'ω゚'):

くぼた屋 ハーフ&ハーフカレーライス

そんな中、意外な助け船になってくれたのがお味噌汁でした。 ナゼかちょっと甘めに感じました。 もしかすると舌が収斂していて味の感じ方が変わったのかな? でも出汁もしっかりと引かれていて美味しいお味噌汁ですよ。

辛くも完食致しましたが、虚勢を張って無理したお陰で、暫く胃袋がウズウズしていました・・・(・∀・i)タラー・・・

くぼた屋 ランチコーヒー

食事の進み具合をちゃんと見届けながら、ホール係の方がコーヒーをすすめてくれました。 火消しもかねてアイスコーヒーで( ̄▽ ̄i)ゝ でもとっても美味しゅうございましたよ♪ 不動の人気店の理由が良く分かります。




くぼた屋
福島県郡山市堂前町30-1
電話;024-924-0193
営業時間;【平日・昼の部】11:30~14:00 L.O.13:30 【平日・夜の部】18:00~23:00 L.O. 22:15
      【土日祝】17:00~23:00 L.O. 22:15
定休日;水曜日
駐車場;指定駐車場10台分


 

【2018年 桜巡り】 小沢の桜

ちょっと久しぶりの「小沢の桜」です。 頭頂部の枝振りを失ってから、見る度に残念な気持ちが先に立ってしまって、なかなか撮ろう!という意欲が無くなってました。

でも桜が悪い訳じゃないんですよね。 今年はご多分に漏れず、例年よりも一週間早く満開になりました。 三春もピークを打った後ってタイミングもあって、行ってみました。

小沢の桜 #1
[2018/4/15 小沢の桜 #1]  <↑ Clickで拡大>

満開でした。 15時位まで曇り模様だったせいか、観桜客もカメラマンも本当に少なかった。 水田には水も入れてなくて、今年はどうも間に合わなかったみたいです。 でもライトアップの照明機器は設置されていましたので、数日間はライトアップが行われたかも知れません。

小沢の桜 #2
[2018/4/15 小沢の桜 #2]  <↑ Clickで拡大>

後ろ姿だと頭頂部の枝の切り口は目立ちません。 徐々に空が晴れてきて、陽射しが射し込んでくれたのは嬉しかったな(o^-^o) 

中国飯店 なるき ~福島県郡山市富久山町~

今日は今年一番の温かさ、と言うよりも暑さ?となりましたが、時は少し遡って桜が一斉に咲きだした頃の訪問です。 時折肌寒い日が混じる時節柄、この肌寒い日の昼食は「中華飯店 なるき」さんに行きました。 4月の半ばに差し掛かりつつも、さすがにまだ冷や中はスタートしていませんでしたが、最初から決め撃ちでコチラを所望致します。

「味噌ラーメン (850円)」

なるき 味噌ラーメン

油浮きはそう多くないですが、油分に頼るまでもなく味わいの豊満さはいつも通りですΨ( ̄∇ ̄)Ψ 見るからに濃い味噌の色合いは、信州白味噌と仙台赤味噌を独自にブレンドしています。

なるき 味噌ラーメン

具材はモヤシとキャベツ、人参、キクラゲが炒め煮されていて、上載せとして白ネギの刻みとメンマが加わります。 ベーススープは豚ゲンコツと背ガラに、香味野菜の他、チャーシューも下茹でを兼ねて寸胴に漬かっていたりします。

野菜からのナチュラルな甘味と骨格のしっかりとした、ちょっと甘めのスープに自家調整の漉し合わせ味噌のタッグは、ちょっと余所ではなかなか頂けない上品な甘味と旨味、緻密なほどの味噌の味わいが口中に満たされます。 辛味はさほど目立ちませんが、五香粉の甘くスパイシーな風味が的を射た複雑味になっています。

なるき 味噌ラーメン

メンマは細裂きタイプで、丁寧に塩出しされて戻された後、簡単に歯切れるくらいに炊かれて、甘じょっぱく味付けされています。 タイプとしてはまさに昭和チックで、クラシカルな味わいに郷愁も漂います。

なるき 味噌ラーメン

麺は伝統の自家製麺。 加水率低めのストレート中麺は、少し独特の食感が魅力です。 ツルッとした麺肌とコシのある歯応えを伝えて来つつ、時間が経過してスープが染み入って来ると、しっとりとした良い柔らかさと共に、麺自体がスープの味わいをしっかりと噛み込んでとても美味しくなります。

更に麺肌から流れ出た小麦粉のグルテン分が、味噌スープにクリーミーさが加わり、旨味が更に増幅するというクライマックスが待っています(*>∇<)ノ 麺量も200gと大盛レベルの豊かさで、満足度の高い一杯ですよ。




中国飯店 なるき
福島県郡山市富久山町久保田愛宕86
電話;024(932)9642
営業時間;11:30~21:30
定休日;月曜日・第1火曜日


 

【2018年 桜巡り】 是哉寺地蔵桜

前週はまだ蕾が割れ始めたばかりだった「是哉寺地蔵桜」を再訪しました。 一週間の間、比較的気温は平年並みで推移していたと思いますが、ほぼ満開になっていました。

是哉寺地蔵桜 #1
[2018/4/15 是哉寺地蔵桜 #1]  <↑ Clickで拡大>

ただ困った事に、前夜の雨模様の名残で空模様が今一つ。 あと新設された駐車場が、写真撮影には仇となって、来訪車両を避けながらの撮影となりましたΣ(゜▽゜;) 常設の公衆トイレは設置されませんでしたが、新しい駐車場は全面アスファルト舗装とされていて、車椅子での来訪でも安心になりました。

是哉寺地蔵桜 #2
[2018/4/15 是哉寺地蔵桜 #2]  <↑ Clickで拡大>

やはりここでも、観桜客がお地蔵様に手を合わせて拝む姿がありました。 お供え物もおかれていたり、やはり“美しき日本の心”だなぁ~と感じ入ります。

是哉寺地蔵桜 #3
[2018/4/15 是哉寺地蔵桜 #3]  <↑ Clickで拡大>

樹齢600年超と言われる「是哉寺地蔵桜」ですが、未だに樹勢は旺盛で、濃い花色から力強いエネルギーが伝わって来ます。

是哉寺地蔵桜 #4
[2018/4/15 是哉寺地蔵桜 #4]  <↑ Clickで拡大>

ようやく雲が切れてきて、青空が顔を覗かせはじめました。 道路沿いの電線と電柱だけは何とも致し難く、一部でも良いから地下キャビン化してもらえたらなぁ~