みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

盆休み明け最初のランチは、やっぱり「みたか食堂」さんからスタートです(*>∇<)ノ まるで梅雨に逆戻りしているような陽気ですので、冷たい麺料理でなくてもOKでしょうΨ( ̄∇ ̄)Ψ

「半かつ丼 (850円)」

みたか食堂 半かつ丼

お久しぶりのカツ丼♪(〃∇〃) 最近覚えたご飯減量バージョンの「半かつ丼」を所望しました。

のですが・・・(;゚д゚)ポカーン

えぇ~~っと( ゚д゚) ・・・ (つд⊂)ゴシゴシ (;゚д゚) ・・・

みたか食堂 半かつ丼

なんだか相変わらずの“ハミ丼”なのね?Σ(゜▽゜;)

見事に蓋が浮きまくっていて、視覚的に“減量感”が全く感じられないww これもまたインスタ映えってヤツですか?ヽ( ̄▽ ̄i)

オ~プン・ザ・蓋ぁ~~~!!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

みたか食堂 半かつ丼

丼の大きさをナメてますねww 相変わらず卵とじにされたアタマが、蓋のカタチに整形されているし。 でも確かにその標高は低くなっています。

ごはんは減量されていると言っても、並大抵の食堂かつ丼を、軽々と凌駕するボリュームなのは想像に難くないでしょう。 アタマの大きさは普通盛りと同じですので、アタマのバランスが一段と冴えています(>▽<)b

みたか食堂 半かつ丼

カツオ節の出汁の旨味に、甘味にアクセントのある美味しいカエシの効いた丼ツユで、アメ色っぽく煮込まれた玉ネギと、衣までしっかりと染み入った美味しさは格別です。 またしっかり火入れの溶き卵にも、丼ツユの美味しさが染み入っていて、頬張るほどに口福を味わえますよ(((*≧艸≦)

みたか食堂 半かつ丼

やや濃い目の丼ツユに少し飽きたら、ラーメンスープをベースにしたワカメスープや、みたか農場産のキュウリの浅漬けなんぞで口直し。 あんなに山盛りだったカツ丼ですが、確かにご飯の量が抑えられているので、終盤に

「も、も、も、もう食えねぇ~かも・・・ヽ(´Д`;)ノ」

って切迫したところに至る前に、美味しく完食し切れますよ(o^-^o)




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る
 

麺処 若武者 弐號店 みどり湯食堂 ~福島県二本松市~

盆中の訪問となりますが、国道4号線二本松バイパス沿いにある、道の駅あだち 上り線施設内の「麺処 若武者 貮號店 みどり湯食堂」さんを訪問しましたヽ( ̄▽ ̄)ノ

開業から2回目ですが、お盆期間中と言うことで、平日の午後2時からの限定提供品「福島鶏白湯つけそば」を虎視眈々と狙って参りましたが、提供開始から一時間ほどで完売となる大人気だったそうで、今回はありつく事は叶いませんでした。 まあ、仕方ないですね( ̄▽ ̄;) いつかはありつけるでしょう。

「ラーメン (680円)」

みどり湯食堂 ラーメン

スタンダードのラーメンを頂く事にします(*^^*) 見るからに昭和の食堂ラーメンを彷彿とさせる姿ですが、あっという間にスープの表層にコラーゲン膜が張って来ます。 スープの色合いは明るい黄金色で、濁りの無い黄金色です。 ただ分厚い油膜が今風の風情を醸し出しています。

鶏ガラ、豚の背ガラ、ニボシ、昆布、椎茸、香味野菜から炊き出されたスープは、ニボシの香り立ちは目立つけど、ビターな味を出さずに、昆布や椎茸からの甘味と巧く調和しています。

醤油ダレは色合いこそ淡目ですが、ちゃんと塩味のエッジは利かされています。 全体に甘めのニュアンスが満ちてますから、白胡椒を振って少しディテールを引き締めてあげるとより美味しく感じました。

みどり湯食堂 ラーメン

縁の赤いチャーシューは、一度スモークされてからチャーダレで煮られます。 モモ肉ですが、妙な固さもなく、肉の味が良く凝縮されていると思います。

みどり湯食堂 ラーメン

幅広いメンマは、柔らかく、そして甘めの味付けがされています。 少し濃い目の味付けも良い感じにマッチします。

みどり湯食堂 ラーメン

ちりめん状に縮れの付けられた中細麺は、加水率低めでこれまたノスタルジック。 麺を啜れば舌の上を叩くように、まるで転がり込むように口のなかに収まります。

少しごわっとするような食感は、時間の経過と共に黄金色のスープが染み入って来ると、徐々にしなやかな食感に変化して、麺自体に美味しさが乗り移ってきます。 この昭和テイストを上手にブラッシュアップしたなぁ~と感心させられますよ(〃^ー^〃)




みどり湯食堂
福島県二本松市下川崎上平33 道の駅あだち 上り線 施設内
電話;0243-61-3100
営業時間;11:00~19:00
定休日;準無休 (道の駅あだちの営業に準じますが、イベント出店等で臨時休業もあります)


 

無芸の朝スパ

この夏は天候不順と言って良さそうなほど、曇りや雨の日が続き、太陽を拝まない日々が続いています。 サンデーカメラマン無芸も写真撮影のチャンスが無く、毎週末隠りきりの様相でした。 そのお陰と言うべきか、家庭内調理の写真が随分と溜まってきたので、忘却禄として挙げておきます。

「無芸作 温かい鶏そば出汁のつけ蕎麦」

無芸作 温かい鶏そば出汁のつけ蕎麦

朝から写真展を観覧に出掛けて来た帰り足でしたので、手間暇を掛ける時間もなくて、速攻で買い物をして帰宅。 手抜き朝食ですが、いつもご厄介になっている“出汁マイスター”の魔法の出汁のお陰で、とっても美味しい漬け汁になりました(>▽<)b

「無芸作 エビとキノコのトマトスパゲッティー」

無芸作 エビとキノコのトマトスパゲッティー

冷凍エビのダイアリーがそろそろ切れるな・・・σ( ̄、 ̄=)と思って、フリーザーを漁ったら、見覚えの無いと言うか、すっかり忘れ去っていた使いかけの冷凍エビの袋を発掘してしまった('д'|l!)ぁ゙…

恐る恐るダイアリーを確認したら、5年前のシロモノでしたΣ( ̄ロ ̄lll) 奥に入り込んでいたとは言え、全く気づかぬまま5年って・・・(;・∀・)

勿論、このエビは別なやつです( ̄▽ ̄;)

「無芸作 ブガッティーニのラグーソース」

無芸作 ブガッティーニのラグーソース

前から興味のあったブガッティーニ。 スパゲッティーと言うよりも、細長いマカロニって感じです。 芯は中空だから、アルデンテとかじゃなくて、麺自体の断面の厚みで、独特の食感がありました。

もっと水分の多いソースなら、中空の芯にソースが入り込んで、また深い味わいが楽しめそうでした(*^^*)

「無芸作 茄子と豚バラ肉の味噌炒め」

無芸作 茄子と豚バラ肉の味噌炒め

茄子がいよいよ廉価で出回り始めたので、夏のお楽しみ料理を作りました。 いくらでも食べられそうなくらい美味しい♪ 頂いていた獅子唐も一度油で揚げて合わせてみたら、これがまた美味くてタマゲました(^◇^;)

「無芸作 エビとキノコのトマトクリーム・タリアッテーレとヴィシソワーズ」

「エビとキノコのトマトクリーム・タリアッテーレ」と「ヴィシソワーズ」

この日もお天気が悪くて、写真撮影に出掛けるキモチにはなれず、暇を持て余しつつ朝っぱらからヴィシソワーズを作ってしまいました(;^ω^)

「無芸作 揚げ茄子の南蛮漬け」

無芸作 揚げ茄子の南蛮漬け

亡き母が夏に良く作ってくれていた「揚げ茄子の南蛮漬け」を、味の記憶を頼りに作ってみました。 まあやっぱり親子で、ずっと母の手料理で育ったので、母の味付けの特徴ってのは味覚が覚えているものです。 ほぼ同じ味付けにチューンすることも出来ましたけど、長男が好みそうな味付けにデチューンしておきました(*^▽^*)

見よう見まねとは良く言いますが、初めて作ってみたのに、特に失敗らしいこともなく・・・ と言うか、単純な調理だから、ヘボりようも無くww まあ大好評で美味しく頂きました♪

無芸作 冷やしぶっかけそば

翌朝は「冷やしたぬき蕎麦」に載せてみたら、すんげぇ~美味しくて、自分でどハマりしそうになりました( ̄▽ ̄i)ゝ

「無芸作 エビとシメジのトマトスパゲッティーニ 会津のグリーンアスパラ添え」

無芸作 エビとシメジのトマトスパゲッティーニ 会津のグリーンアスパラ添え

久しぶりに子供達も揃ったので、スパゲッティー茹での大鍋を引っ張り出しました(*^^*) 会津のアスパラガスは採れ立て新鮮で、香り良く、甘くてうんめぇ~♪(ノ´∀`*)

「無芸作 ジャージャー麺」

無芸作 ジャージャー麺

夏の人気アイテム「ジャージャー麺」を作りました。 惰眠を貪っていた長男は、ちゃんと支度して麺を茹でて冷水締めする程度で食べられるようにしておいたまに、それに気付かないまま・・・ 翌日の夜に肉味噌餡が食卓にあったのを見るまで気付かずに、一人悔しがっていましたヽ( ̄▽ ̄i) ちゃんと起きろ!
 

支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

家内を連れて日曜日は通し営業になっている「支那そば 墨家」さんへ参りました。 家内はここの冷や中が好きでしてね。 ここに誘ってNOと言う事はまずありません(o^-^o)

「W餃子 (10個・500円)」

墨家 W餃子

家内が一緒なので、迷わず所望しました。 5個・280円が一人前ですが、二人前となる「W餃子」は60円もお得になります♪(〃∇〃)

羽根付きや焼き餃子ですが、勿論自家製です( *´艸`) 一口で頂けるサイズで、滑らかな餡はニンニクの香り穏やかで、野菜の風味がしっかりと伝わって来ます。 下味も適度に付いていますが、タレを作って頂く方が合うと思います。

「和風ぶっかけ (650円)」

墨家 和風ぶっかけ

“夏メニュー”として季節限定で提供中の「和風ぶっかけ」を頂いてみました。 これがまたなかなかのHITで、伝家の宝刀・自家製細麺がベラボウに美味しく頂けちゃいました!(*>∇<)ノ

墨家 和風ぶっかけ

載せモノはシンプルに薬味系で纏められています。 揚げ玉と刻みネギ、そしてオクラと刻み海苔が麺の上に散りばめられています。

墨家 和風ぶっかけ

掛け汁は完全に蕎麦用の和風仕立てで、動物系脂質の油膜もありません。 カツオ節の出汁に二年醸造醤油を使ったカエシが合わせられており、カツオ節の豊かな旨味にやや甘めながら醤油の風味が印象的なカエシが見事にマッチしています。

墨家 和風ぶっかけ

別皿で供されるワサビとトロロを巧く使いながら、お蕎麦チックに楽しめる趣向です。 大旦那は経験豊かな料理人で、昔うどん店も経営していたことがあるくらいですので、まさに出汁やカエシはお手の物なのですねヽ(*’-^*)。

墨家 和風ぶっかけ

麺は冷や中にも使われている、ストレート細麺があしらわれており、茹で前の麺量で180gとなかなかのボリュームです。 キリッと冷水締めされた麺は、プツプツッとした軽快な歯切れの食感と共に、鼻腔に小麦粉の香りも伝えて来ます。

細麺ならではのスープの絡みの良さで、麺を手繰る毎に美味しい和風出汁の効いたスープで口中が満たされます(>▽<)b シンプルだけど、これは美味しい! 蕎麦では感じ得ない、小麦粉ならではの確かなコシを感じさせる麺の底力も魅力的ですね。

真夏の暑さにヤラれて、食欲が湧かない時には是非とも思い出してみて下さいヾ(^▽^*




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【昼の部】11:00~16:00 【夜の部】17:30~20:00 【日曜日】11:00~20:00
      ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど


 

中華飯店 宏昌 ~福島県郡山市大槻町~

立ち回り先の近くにあった「中華飯店 宏昌」さんで、この晩も遅い昼食を摂りました。 店内の先客様方は、お盆ならではの一族連れがチラホラ。 親子三代の食事は、とても楽しそうです(o^-^o)

「五目焼きソバ (700円)」

宏昌 五目焼きソバ

ついつい「麻婆ドンブリ」「五目焼きソバ」ばかりを所望してしまうのですが、それくらいヤミツキになる美味しさなんです♪(〃∇〃) この日は夕刻にはかなり涼しくなったので、コッチを選びました。

宏昌 五目焼きソバ

魅惑の醤油味! この五目餡がウマい!(*>∇<)ノ キャベツ、ニンジン、小松菜、タケノコの水煮、キクラゲ、豚肉、エビ、イカ、ウズラの水煮卵、ハムといった具材が、少し甘めで過不足のない旨味の味付けで纏められています。

宏昌 五目焼きソバ

麺は茹で上げたものを中華鍋で焼き込まれています。 油キレも問題無く、少しこんがりとした香ばしさと、しっとりとした麺の食感が楽しめます。

辛子の小袋が付けられてきますが、個人的な好みで卓上配置のラー油で、たまに味変も楽しみます。 強めのトロミのトロミの付けられた餡は、味の濃さも程良くて、どなたにも喜ばれそうな味付けです。

宏昌 五目焼きソバ

共添えにされるワカメスープは、鶏出汁っぽい風味と軽いショウガの香り。 やや甘めの五目餡に対して、こちらは醤油ダレの塩味と酸味が割とシャープに効かされていますので、良い口直しになってくれますよ(o^-^o)




中華飯店 宏昌(こうしょう)
福島県郡山市大槻町北八耕地6-4
電話;024-961-0808
営業時間;【昼の部】11:00~15:00【夜の部】17:00~21:00
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に6台分


大きな地図で見る