【2017年 錦秋巡り】 天狗の庭

この日の狙いは、紅葉の深まった「天狗の庭」に赤い朝陽が色を染める情景でした。 ここは毎年行けている訳でも無いので、この際キッチリと撮っておきたいと思ってました。

赤天狗の庭
[2017/10/8 赤天狗の庭]  <↑ Clickで拡大>

雲海の向こう、阿武隈山地の稜線から朝陽が顔を覗かせると、強い朱色に近い朝の光が「天狗の庭」と「吾妻小富士」を照らします。 直上は雲一つ無い晴天。 以前朝陽に照らされた天狗の庭と吾妻小富士の撮影機会に出会えた時よりも、ちょっと朝陽の色合いは冴え切りませんでしたが、まずまずの色合いになりました。

朝陽に輝くダケカンバ
[2017/10/8 朝陽に輝くダケカンバ]  <↑ Clickで拡大>

このダケケカンバはいつも目に止まる樹なのですが、木の幹の左側だけに朝陽のオレンジ色が当たっていて、それはもうキラキラと美しかったなぁ~(〃∇〃)

赤吾妻小富士
[2017/10/8 赤吾妻小富士]  <↑ Clickで拡大>

吾妻小富士に朝陽の赤味がさして、より一層ダイナミックな表情になりました。 福島市街地の上空には、やや低めに雲海が出ていて、赤味の射した雲海を狙うカメラマンもいました。 ボクは決め撃ちなので一枚も撮らなかった・・・( ̄▽ ̄i)ゝ

朝の光の中
[2017/10/8 朝の光の中]  <↑ Clickで拡大>

一睡もしないままに撮影に出てたので、流石に少し集中力もとっ散らかり始めました。 帰り足に睡魔に襲われるとイケマセンので、まだアドレナリンが出ている内に、再び浄土平方向へと戻り、吾妻小富士の袂から強烈な朝陽に照らされる風景を押さえます。

雲海湧く
[2017/10/8 雲海湧く]  <↑ Clickで拡大>

再び旧土湯ゲート方面へと下って行くと、やはり「双竜の辻」の辺りで雲海が見られました。 押し寄せては引くを繰り返す雲海に、しばし足を止めていたら、ぼちぼち観光客の車が多くなって来たので、あまり粘着しないで離れました。

吾妻秋景
[2017/10/8 吾妻秋景]  <↑ Clickで拡大>

磐梯山の右奥に見える山嶺は、猫魔岳のようです。 ずっと奥手に青い山嶺はたぶん朝日岳(1,624m)だと思います。 今年も魅せてくれました(〃∇〃) 

フロレスタ会津若松店 ~福島県会津若松市和田~

「会津ラーメンショー2017」に行った時、17時頃に会場を後にしたら、何かすっかり薄暗くい風情になってました(;・∀・) いつの間にか随分と日が短くなったものです。

ラーメンの後のデセールを摂りながら、どこかで一休みしようかと考えてたら、「フロレスタ会津若松店」さんを思い出しました。

こちらはオーガニックのドーナッツってだけではなく、ニャンコのデザインや可愛らしい動物の表情を再現した、デザインドーナッツで有名です(*^^*) 以前から訪問したかったのですよ♪

フロレスタ会津若松店

残念なことに、既に動物ドーナッツは売り尽くしとなってました。 あぁ、本当に残念・゜・(つД`)・゜・

店内のイートインは16席とコンパクトですが、ほどよいボリュームでJAZZが流れていて、静かに過ごせる雰囲気です。

「アイスコーヒー (400円)」

フロレスタ アイスコーヒー

秋限定「りんごのサンデー (700円)」「和栗のモンブランサンデー (750円)」と共に、コーヒーを頂きました。

フロレスタ りんごのサンデー

りんごはシロップと赤ワインにシナモンフレーヴァーで煮られていて、甘すぎず良い食感が残されていました。 自慢のドーナッツを台に据えているのですが、サクッとした歯触りに密度を感じさせる濃い味わいがあります。 そこにバニラアイスクリームが仲立ちしていて、大変美味しゅうございました。

フロレスタ 和栗のモンブランサンデー

和栗はペースト化されていて、濃厚な旨味が口中を満たします。 こちらもドーナッツを台にして、アイスクリームの上にマロンペーストが盛られており、なかなか濃密なお味でした(ノ´∀`*)




フロレスタ会津若松店
会津若松市和田2-4-10
電話;0242-85-8865
営業時間;10:00~19:00 ※1 店内飲食のLOは閉店30分前 ※2 11月~2月は18:00まで
定休日;不定休
駐車場;5台


 

中国麺飯酒家 包龍(ぱおろん) ~福島県郡山市大町~

かみさんと一緒に夜の街。 〆メシを頂こうと「包龍(ぱおろん)」さんに入店しました。 なかなかの賑わいでしたが、巧い具合に席を案内されて先ずルービーで一心地つこうと思ったら、驚くほど早く所望品が配食されましたw( ̄▽ ̄;)w

「油淋鶏 (680円)」

包龍 油淋鶏

少し荒目の衣でしたけど、クリスピーで香ばしく、鶏胸肉は弾力のある食感でジューシーさも申し分無しですΨ( ̄∇ ̄)Ψ ちゃんと一点仕上げで作ってくれるので、美味しさが際立ちます。

包龍 油淋鶏

香味野菜のみじん切りはシャクシャクとした歯触り。 甘酢醤油味も程良く効いていて、これで白飯も充分に食べられますよ( *´艸`)

「鉄鍋肉汁棒餃子 (430円)」

包龍 鉄鍋肉汁棒餃子

これは名物料理の一つだから外せません(o^-^o) 鉄鍋にキャベツが布かれていて、勿論そのキャベツも頂いちゃいます。 鉄鍋のお陰で最後まで熱々( *´艸`) なかなかジューシーで、これまた美味しく頂きました。

「チャーシュー炒飯 (650円)」

包龍 チャーシュー炒飯

かみさんとシェアして丁度良い位かなぁ~と思ったのですが、想定外のボリュームで満足ラインを越えてきました(⌒▽⌒;) このお皿、意外とえぐれていてタップリと入っちゃうんですね。

包龍 チャーシュー炒飯

ちょっと油が回っていますが、味付けがとても良い案配で、チャーシューの味気もバランス良く楽しめます。 勿論、ご飯はパラッとしていてサクサクと頂けました。

包龍 サービススープ

えぇ~~っと、なぜだか分からないのですが・・・ 大陸訛のホール係の女性が

「これ、サービスね。 良かったらどうぞ(*^-^)」

って、スープを振る舞ってくれました♪((*゚゚∀゚゚*)) ラストオーダー寸前だったからかしらね? ご馳走様でした(〃∇〃)




中国麺飯酒家 包龍(ぱおろん)
福島県郡山市大町1-3-6
電話;024-925-2315
営業時間;【昼の部】11:00~14:00 【夜の部】17:00~24:00 (LO 23:45) ※ボクが訪問した時には10:30位でフードはLOでした
定休日;日曜日


 

北海道本格ジンギスカン ひつじや ~福島県郡山市大町~

今月の2日[2017年10月2日]に開店した北海道本格ジンギスカン ひつじや」さんを訪問してみました。 こちらでは当地ではなかなか口に入らない“生ラム”が頂けると言う事で、ソッチ系が好きな皆様が心待ちにしていたお店です(o^-^o)

北海道本格ジンギスカン ひつじや

場所は郡山市の駅前繁華街の一角で、ホルモン焼きの超人気店「ホルモン大豊 本店」さんの目と鼻の先ですよ(*^▽^*) こりゃあ何かと都合が良いや♪ まだ開店間もなくだったので、店内は結構な賑わいでしたが、フラリと予約無しで立ち寄ってみたら、巧い具合に席が空いていたというのも幸運でした( *´艸`)

とは言え、お初の訪問ってだけでなく、ジンギスカンの専門店なんて初体験でしたので、どのように楽しんで良いか分からない(^◇^;) 素直にホール係の気立ての良さそうなお姉さんに助けを求めました( ̄▽ ̄i)ゝ そしたら何点かお薦めメニューを教えてくれたので、素直にお願いしました。

「今、教えてくれたのを全部下さいな♪(*>∇<)ノ」

えぇ、大丈夫ですよ? 男気を見せるってほどのお足にはなりはしませんからヽ(*’-^*)。

「上生ラム (1,058円)」

ひつじや 上生ラム

スレートのお皿で供された上生ラムは、ロースの部位から切り出されているそうです。 美しいピンク色ですね。 これはミディアムの焼き加減が美味しく頂けるそうです。

ひつじや 上生ラム+野菜盛合わせ

「野菜盛り合わせ (518円)」はマストアイテム。 野菜嫌いのお友達も、テーブルチャージ料だと思ってちゃんと頂きましょうヽ( ̄▽ ̄)ノ

とか何とかいいながら、やはり生ラムに対する知識が不十分なもので、ついつい火を入れすぎてしまい、ホール係さんに

「もう美味しく召し上がれますよ(*^▽^*)」

なんて、タイミングまで声掛けして貰う始末ですヾ(´▽`;)ゝ

卓上には3種類の自家調整タレが用意されているのですが、これがまた流石に良く合います。 そんでもってお肉はと言えば、ふっくらとした柔らかな歯触りと共に、簡単に歯切れてしまう柔らかさ。 ある意味期待していた独特の匂いは肩透かしを喰らうほど感じられません。 こりゃあ旨いもんだ♪w( ̄▽ ̄;)w

「極上ラムタン (950円)」

ひつじや 極上ラムタン

一頭から僅か50gしか取り分けられないそうです。 ラムタンなんて初めてです(;゚д゚)ポカーン 薄切りにされていて、アッと言う間に火が入ってしまうのですが、これは軽く炙る程度のレアが美味しいのだそうです。

で、またもや火を入れすぎてしまったりしつつも、徐々にジンギスカン鍋のキモチが分かりかけて来て、終盤には巧い具合に使えるようになってきました。

「マトンヒレ (950円)」

ひつじや マトンヒレ

こちらはマトンと言う事で、最初からタレ揉みにされて来ました。 それなりに個性のある香りですが、柔らかさと充実した旨味、歯切れの良さは申し分無しながら弾力を伴う噛み応えなど、個人的にはとても充実した満足感がありました。

ルービーを呑みながらかみさんと楽しんでいたら、何だか大した量も食べていないのに、結構な満足感が湧いてきまして、〆メシは別なお店へと移動する事にしました。

本場北海道の一流店は知りませんけど、地元では今までなかなか頂く機会の無かった生ラムです。 個人的には充分に楽しませて頂きましたし、機会あれば再訪したいと思いました(o^-^o)




北海道本格ジンギスカン ひつじや
福島県郡山市大町1-2-14 初瀬ビル103号
電話;024-901-9422
営業時間;17:00~23:00
定休日;日曜日 ※日曜が祝祭日の場合は営業


 

【ご案内】 第26回 写団ぼたん写真展

須賀川市の実力派カメラマン集団「写団ぼたん」さんの写真展の写真展が開催されます。 昨年より新たに就任した斎藤会長と共に、歴史ある「写団ぼたん」が、ますます発展される事を楽しみにしている写真愛好家は多いと思います(o^-^o)

スナップ写真の名手揃いで、ライブ感のある作品は毎回訪問鑑賞のお楽しみです(>▽<)b 勿論風景写真の名手もおられますので、幅広く完成を刺激してくれると思います。 個人的にお薦めの写真展の一つです。

写団ぼたん写真展
       ↑ Clickで拡大 ↑

第26回 写団ぼたん写真展
会期;2017年10月20日(金)~10月22日(日)
公開時間;9:00~17:00 ※最終日は16:00まで
会場;牡丹会館 (須賀川牡丹園入場ゲート西側) 【入場無料】
     福島県須賀川市牡丹園80-1
     電話;0248-73-2422
駐車場;会場敷地内にあり