インター食堂 富田店 ~福島県郡山市富田町~

久しぶりに揚げ物をガシッと食べたいキブンになって、郡山IC近くの「インター食堂 富田店」を訪問しました。

インター食堂 富田店

お店の前は良く通りかかりますので、あまりお久しぶりって記憶ではなかったのですが、過去ログを紐解いてみたら、なんと3年以上来ていませんでした(⌒▽⌒;) もう夕刻に差し掛かった頃の訪問でしたが、降着のお客さんが引きも切らず、相変わらずのご繁昌ぶりですね(o^-^o) 一応、通し営業って事になっているのですが、たまに夜の営業に向けて仕込み直しで中休みを取る事もあるみたいたです。

「ジャンボチキンカツ定食 (800円)」

インター食堂 富田店 ジャンボチキンカツ定食

あぁ、やっぱりモリモリだぁ~!w( ̄▽ ̄;)w

インター食堂 富田店 ジャンボチキンカツ定食

手のひらサイズを上回るチキンカツが2枚付けにされています。 数年前まではB5サイズの大判サイズのが1枚、お皿からハミ出る勢いで載ってましたよ。 総量としては以前と変わらないくらいのボリュームを維持しています。

ソース壺で出されていたソースは、手で摘んで直接掛け回せる片口タイプの器に変わっていましたが、もしもソースが足りないと思っても、卓上配置の調味料にもソースはありますから心配無しです。

インター食堂 富田店 ジャンボチキンカツ定食

二枚付けのチキンカツの下には、千切りキャベツをメインにしたお野菜が布いてあります。 こちらには最初からドレッシングがかけられています。 練りカラシと櫛切りレモンも添えられていて、何一つ不足無しの盛りつけです。

インター食堂 富田店 ジャンボチキンカツ定食

チキンカツは胸肉が使われていて、揚げ立てでお肉からはジューシーな肉汁もみられます。 衣は少し浮いたりしますが、それでも崩れることなく頑張っているのは立派です(o^-^o)

インター食堂 富田店 ジャンボチキンカツ定食

下味はかなり薄口。 ふっくらとした揚げ上がりで、油切れも無問題。 相変わらず揚げ物上手です。 胸肉でもパサついた食感ではありませんから、レモンを搾ってソースを掛け回せば、期待通りのチキンカツを満喫出来ます♪

インター食堂 富田店 ジャンボチキンカツ定食

ごはんは茶碗に山盛りです。 ごはんは自動サーバーで盛られているのが見えました。 デフォで460g位みたいですので、優に1合はありますねσ( ̄、 ̄=)

インター食堂 富田店 ジャンボチキンカツ定食

もうボクの胃力ではこれで充分以上の盛りですよ(@・艸・;) もうハライッパイを通り越して、腹が割れるかと思いましたわ( ̄▼ ̄|||) それではまた3年後・・・




インター食堂富田店
福島県郡山市富田町字権現林4-2
電話;024-961-1605
営業時間;【平日】11:00~23:30、【日曜祭日】11:00~23:00
       ※11:00~15:00は店内禁煙
定休日;無休
駐車場;充分に確保


 

竹打ち麺工房 たかまる ~福島県郡山市並木~

約3年半ぶりに訪問した「竹打ち麺工房 たかまる」さんです。 通し営業で美味しい手打ち(竹打ち)麺を楽しませてくれるので、ランチジプシーになり掛かった時は、ここを思い出すのも一計ですよ(*^▽^*)

「ふくしゅう麺 大盛 (810円+108円)」

たかまる ふくしゅう麺

自家製手打ちワンタンもかなり魅力的だったのですが、少しヒンヤリとして来た夕風に誘われて、野菜餡掛けの「ふくしゅう麺」を選びました。

野菜餡は、豚肉、キャベツ、人参、ニラ、エノキ、小松菜、キクラゲを炒め煮して、少し甘味のある醤油味仕立てでトロミを付けられています。 辛味はありませんので、卓上配置の調味料でお好み次第のチューンが出来ます。

たかまる ふくしゅう麺

ベーススープは鶏ガラを主体に豚ゲンコツと、香味野菜から炊き出されており、淡口醤油をメインとした醤油ダレで、軽快な味わいの醤油ラーメンに仕立てられます。 この軽快なスッキリとしたラーメンのファンも沢山いるんですよね。

その軽目の仕立てのスープの上に、先述の野菜餡が掛けられてきます。 醤油仕立てとは言え、そんなに濃い目の味付けはされていないのですが、元となっているラーメン自体がとても軽快な味わいですので、野菜餡の存在感がちゃんと引き立っています。

たかまる ふくしゅう麺

麺は自家製の多加水熟成麺。 竹打ちで鍛えられた麺は、グルテンが活性して、最後までシッカリとしたコシの強さが失われることはありません。 麺肌は滑らかで、やや細目の麺線ながら、噛めば歯応えのあるコシの強さを伝えて来ます。




竹打ち麺工房 たかまる
福島県郡山市並木1-7-2
電話;024-924-5604
営業時間;11:00~20:30
定休日;水曜日
駐車場;店舗敷地内に10台分ほど


 

湯遊ランド はなわ ダリア園

県内随一のダリア園として知られる東白川郡塙町の「湯遊ランド はなわ ダリア園」を初訪問して来ました。 ちょっと出だしが遅くなっちゃったので、現着したのはもう陽も傾き始めた頃。 郡山市からは片道およそ80km。 意外と遠いと感じたのは、塙町の中心部から更に奥まった場所にあったからでしょう。

多分、日中は来園者も多かったでしょうけど、閉園45分前に滑り込んだので、ボクよりも降着の来園者はほとんど居ませんでした。

ダリアの花園 #1
[2017/9/17 ダリアの花園 #1]  <↑ Clickで拡大>

ダリアの植栽品種はなかなかのものですが、園内全体を捉えて風景化するのは難しそうに思えます。 今回はサーベイを兼ねて訪問でしたので、気軽に園内を散策して参りました。

ダリアの花園 #2
[2017/9/17 ダリアの花園 #2]  <↑ Clickで拡大>

園内を散策していたら、デカいオニヤンマが羽音も高々に飛び回っていました。 こっ、これはとても撮れないΣ(゜▽゜;) 意外と飛行速度が速くて、しかもクイックターンを掛けるんですよね。

ダリアの花園 #3
[2017/9/17 ダリアの花園 #3]  <↑ Clickで拡大>

子供の頃は行動範囲も限られているから、自宅近辺でオニヤンマなんて見る機会は無かったので、バイクや自動車で自由にアチコチに行けるようになってからオニヤンマと出会えるようになりました。 ある種、感動でしたね(*^▽^*)

街中では精々ギンヤマトンボが最大のトンボって感じでした。 あれはまだ虫取り網で追うことも出来たっけ(*´∇`*) オニヤンマは、今見ても取れる気がしないな(;^ω^) 小学生の時に自由研究とかで、オニヤンマの標本を作ってきたヤツなんか居たら、それこそ教室内の男子は大騒ぎになってましたもん。

ダリアの花園 #4
[2017/9/17 ダリアの花園 #4]  <↑ Clickで拡大>

郡山は大分涼しい風も吹いていたのですが、こちらでは湿気も高く陽射しの強さと相まって、園内をウロついているうちに汗ダクになっちまいましたΣ(゜▽゜;)

ダリア園の入園料を支払うと、メインの施設となる「湯遊ランド はなわ」の温泉施設の日帰り入浴料金(土・日1,000円)が500円に割引されるクーポン券が頂けます。 時間に余裕があれば、一風呂浴び出スッキリしてから帰途に就くのも悪くないですね(*^▽^*)

ダリア園は10月末日まで公開となっており、入園時間は8:00〜17:00。 入園料は(おとな一人)350円となっています。




湯遊ランドはなわ (URL)
福島県東白川郡塙町湯岐立石21
電話;0247-43-3000

 

チャイニーズレストラン みかど ~福島県郡山市方八町~

つい先日のこと、25年ほど前にウチでアルバイトをしてくれていた方が、アポ無しで訪問してくれました。 すっかり貫禄の付いた風体ですが、従業員さんを何名も抱える会社の社長さんですから、ちゃんと釣り合いも取れてます(o^-^o)

ご立派な事業主さんになっておられるのは知っていますが、近況を聞いていると、学生時代のキャラクターはやはり変わっていないなぁ~と感心します。

しっかりしているようで、意外と自分の足許に落とし穴を掘ってしまうタイプww で、それがまた、不思議と致命傷にならずに、ナゼか助けの手が差し伸べられる。 これはやはり、彼の人間力に惚れる人が沢山集まって来ていると言うことでしょう。 素晴らしい!(*^▽^*) 見倣いたいものです。

チャイニーズレストラン みかど

さてこの日の昼食は、郡山市東部幹線沿いの「チャイニーズレストラン みかど」さんです。 お手頃で美味しくて、それで通し営業で駐車場完備と言う事無しの“繁盛の条件”を全部備えているお店です(o^-^o) こちらの女将さんもまた、豊かな人間力が滲み出てくる、笑顔がステキな働き者ですよ♪

「中華丼 (通常816円のところ691円)」 ※日替わりサービスメニュー

チャイニーズレストラン みかど 中華丼

お店の外に掲げられているメニュー名は「中華丼」ですが、店内の表記は「五目飯」です。 同意であるのは明らかですので、そこんとこはどうかよしなに解して下さいヽ( ̄▽ ̄i)

この「中華丼」のファンはかなり多いと思います。 お皿はちょっと深めですので、結構なボリュームが盛り込まれているんですよ(〃∇〃)

チャイニーズレストラン みかど 中華丼

具材は豚肉、ハム、エビ、イカ、白菜、人参、タケノコの水煮、キクラゲ、ウズラの卵の水煮、サヤエンドウといったところ。 これらが醤油仕立ての甘じょっぱく旨味のある餡で纏められています。

チャイニーズレストラン みかど 中華丼

これが白飯に合わない訳も無く、口に運べば口福の一時は約束されたも同然です! ちょっと甘めですので、途中で卓上配置のラー油なんぞを掛け回しますと、ピリリと辛味が加わって、益々食欲を刺激します。

チャイニーズレストラン みかど 中華丼

共添えの香物も自家製っぽいです。 小鉢は野菜のマリネですが、どうも本則の添え物では無いみたいで、女将さんがにっこり笑顔で

「マリネはサービスね!」

って、スペシャル対応を頂いた模様です(〃'∇'〃)ゝエヘヘ ご馳走様ですっ!

チャイニーズレストラン みかど 中華丼

まるで薄衣のように流された溶き卵が美しい玉子スープも、とっても美味しくて、濃い目の中華丼の味わいを、巧妙にサポートしてくれます。 今日も美味しゅうございました(*>∇<)ノ




チャイニーズレストラン みかど
福島県郡山市方八町2-19-10
電話;024-944-8338
営業時間;11:00~21:00
     ※お得なランチタイム;11:00~15:00
定休日;木曜日
駐車場;30台

 

【御案内】 第22回 フォト四季彩写真展

今年も「フォト四季彩」さんの写真展が開催されます。 ベテランのメンバー様が多く、ご後援にはエビネフォート様が付いていますので、プリントの質も高く毎年楽しませて頂いております(^∇^)

第22回フォト四季彩写真展
               ↑ Clickで拡大 ↑

第22回 フォト四季彩写真展
開催期間;2017年9月20(水)~9月24日(日)
公開時間;10:00~18:00 ※9月24日(日)は17:00まで
開催会場;「アトリエかしわ」 開成柏屋2F
      福島県郡山市朝日1-13-5 電話;024-922-5533


大きな地図で見る